7954件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 2019-06-21

第1条、音更町手数料条例昭和39年音更町条例第7号)の一部を次のように改正する。  別表43の項中「日本工業規格」を「日本産業規格」に改める。  音更町水道事業給水条例の一部改正。  第2条、音更町水道事業給水条例昭和52年音更町条例第19号)の一部を次のように改正する。  第28条の表、配水管及び給水装置工事等に関する図面の複写の項中「日本工業規格」を「日本産業規格」に改める。  

音更町議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-19

柳町とか緑陽台団地ができたその後に、昭和53年に人口が3万人に達成いたしました。その後、雄飛が丘団地が造成されまして、平成4年に3万5千人に人口がふえました。その後、道東自動車道とか十勝大橋の開通がありましたし、南宝来土地区画整理事業等がありまして、平成12年に人口が4万人に達成いたしました。

音更町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-17

鈴蘭公園につきましては、大正9年に当時の帯広町と音更村の共同組合により開園し、戦時中に一時的な荒廃はありましたが、昭和31年に帯広市都市計画公園として公園復興整備がなされております。その後、平成元年には管理権が本町に移管され、約15ヘクタール総合公園として現在に至っております。  

札幌市議会 2019-05-27 令和 元年(常任)建設委員会−05月27日-記録

下段の3の水源状況と給水能力についてでございますが、札幌市は、これまで、昭和47年に完成した豊平峡ダム平成元年に完成した定山渓ダムを主要な水源として給水需要に応えてまいりました。給水能力は、表の右下にありますとおり、五つの浄水場により、1日当たり83万5,200立方メートルでございます。  続きまして、6ページをごらんください。  

札幌市議会 2019-05-14 令和 元年第 1回臨時会−05月14日-02号

石川敏也さんは、昭和56年に札幌市に採用となり、観光文化スポーツ担当局長等を歴任した後、平成28年4月にスポーツ局長に就任し、現在に至っており、札幌市副市長として適任と考えるものであります。  町田隆敏さんは、昭和58年に札幌市に採用となり、教育長等を歴任した後、平成27年5月に札幌市副市長に就任し、現在に至っており、札幌市副市長として適任と考えるものであります。  

札幌市議会 2019-05-14 令和 元年(常任)建設委員会−05月14日-記録

だから、復元のための金が幾らかかるか、実験をやってくださいよと言って、白石の川北の白石高校のすぐ向かいの三角屋根の20坪のブロックづくりの家で、モンケン工法でやったら170万円ぐらいでできるということになって、200万円の融資制度昭和62年4月からつくったんですよ。当時、一般金利が8%から9%ぐらいのときに。公的な貸し出しは公害対策で4%のときに、私は、市長の責任でこれをゼロでやるべきだと。

札幌市議会 2019-05-13 令和 元年第 1回臨時会−05月13日-01号

今回、この議場にいる68名の議員の皆さんの中で、私が、昭和15年1月24日生まれで、満79歳で最年長でありますので、したがって、私がここに座って議長選出までの議事を進める、こういうことになるわけであります。皆さん、ご存じのように、議長というのは、法律では、いわゆるこの議場における議事の進行、その他一切の責任を持って進める、こういうことが法律で記されております。

音更町議会 2019-05-08 令和元年第3回臨時会(第1号) 本文 2019-05-08

佐藤氏は、音更町北鈴蘭北3丁目3番地26にお住まいで、昭和31年2月14日生まれの満63歳でございます。佐藤氏は、議会議員として現在5期目であり、また、平成29年3月から平成31年1月までの間、議長を務められるなど、その高潔な人格と豊富な識見につきましては、皆様も御承知のことと存じます。  

音更町議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 2019-03-25

米印になりますが、この専門職大学とは、学校教育法昭和22年法律第26号)の改正によりまして本年4月1日から新たに開設される制度で、専門性が求められる職業における業務遂行能力育成目的とした教育を行うもので、終了課程は、大学により4年一貫制のものと、前期、2年または3年、後期、2年または1年の区分制のものに分かれております。  4、施行期日は、平成31年4月1日からでございます。  

音更町議会 2019-03-19 平成31年度予算審査特別委員会(第6号) 本文 2019-03-19

続きまして2番目、高齢者顕彰式の参加者数の推移についてでございますけれども、こちらにつきましては、平成16年度から平成30年度につきまして対象者数、参加者数、参加割合ということで掲載させていただいておりますけれども、表の下のところに米印で記載させておりますけれども、この高齢者顕彰事業につきましては、昭和33年度から、満80歳の被表彰者と80歳以上の高齢者、御高齢の方を温泉招待するということでこの事業

音更町議会 2019-03-18 平成31年度予算審査特別委員会(第5号) 本文 2019-03-18

本町におきましては、長流枝牧場、北誉牧場、昭和牧場、更生牧場、大牧牧場の5カ所の牧場を運営しておりますが、現在は昭和牧場、更生牧場は休牧中で、他の3牧場で受け入れしている状況となってございます。また、牧場の管理につきましては、北誉、大牧牧場が音更町農協、長流枝牧場は木野農協に委託をしているところでございます。  

音更町議会 2019-03-14 平成31年度予算審査特別委員会(第4号) 本文 2019-03-14

耐震改修促進事業につきましては、昭和56年以前建設した木造戸建て住宅を対象に、耐震診断及び耐震改修に対する補助でございます。  やさしい住宅改修費補助金は、高齢者や障がい者が住む既存住宅の利便性の向上を図るための改修工事に対する補助で、対象工事費の3分の1で、20万円を上限に補助をするものでございます。  

音更町議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 2019-03-08

それで、町内の状況なんでございますが、おおむね昭和60年以前建設された体育館、10校ほどなんですけれども、これにつきましては当時の標準的な構造であります鉄骨造、鉄骨づくりでございまして、屋根が結露防止程度の断熱材を使用しておりまして、この程度なものですから屋根からの熱損失が大きく、また、老朽化によります断熱・気密性の低下によりまして、やはりエアコン導入ということになりますと大規模な改修が必要かなということでございます

札幌市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会−03月06日-06号

これは、板垣市長のときの昭和51年に札幌市土地を取得し、54年に公園を造成しております。この公園は、土地を取得したときに、隣の住宅との境界に8メートルの行きどまりの分筆をしました。それは何かといったら、その公園から先のそこも道路として分筆して使われていると。そして、この隣の土地の中に袋地が2軒ありました。この袋地2軒を解消しなければならない義務札幌市にはあるのです。

札幌市議会 2019-03-04 平成31年第二部予算特別委員会−03月04日-05号

現時点で具体的に検討しているわけではございませんので正確な期間をお示しすることはできませんが、例えば現在の市立札幌病院建設した際には、基本設計の着手が昭和63年で、その後、実施設計を行い、本体の建設には約3年間かかりまして平成7年に完成しておりますので、約7年を要しております。

音更町議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 2019-03-04

学校施設の整備につきましては、昭和51年に建設した柳町小学校の大規模改修工事を本年度から実施するほか、児童生徒の熱中症対策のため、本年度から3カ年で全校の保健室にエアコンを設置いたします。  屋外トイレ整備につきましては、小学校2校と中学校2校において設計委託を実施するほか、緑南中学校には災害用の機能を備えた屋外トイレを整備いたします。  

札幌市議会 2019-03-01 平成31年第一部予算特別委員会−03月01日-04号

◎米田 総合交通計画部長  当初の都市計画決定は昭和11年ですが、6車線相当の幅を持って都市計画決定したのは昭和40年でございます。そのときは、そのときの考え方で6車線分が必要だということで計算したというふうに認識しております。 ◆松浦忠 委員  昭和11年の都市計画決定は、何車線、何メートルの幅だったのですか。 ◎米田 総合交通計画部長  大変申しわけありません。