5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

札幌市議会 2014-02-20 平成26年第 1回定例会−02月20日-03号

派遣労働者は、企業の業績悪化の際には簡単に首を切ることができる雇用調整弁として悪用され、一気に解雇が進んだ2008年の年末には、東京日比谷公園年越し派遣村ができ、社会問題化しました。しかし、その後も企業の利益を求める経済界は、安定した雇用をふやそうとはせず、派遣期限つき社員、アルバイトなど非正規雇用をふやし続けてきました。  

札幌市議会 2009-03-16 平成21年第二部予算特別委員会−03月16日-07号

特に、非正規労働者の皆さんの中では、途中で中途解雇されるということで、日比谷公園の派遣村が年末、年の瀬を迎えて大変厳しい状況がテレビで全国に放映されました。そのことは、非正規労働者の問題を非常に大きく浮き彫りにしたということでは、一つの課題を日本国じゅうに提供したのではないかなと、私は、これはいいことではなかったかと思っております。  

札幌市議会 2009-02-26 平成21年第二部予算特別委員会−02月26日-02号

特に衝撃だったのは、昨年末、お正月を迎える前にあの底冷えのする日比谷公園における派遣村の支援の様子がテレビに映し出されました。私も大変な衝撃を受けました。北海道は、道内からとか、また札幌市内から非常に多くの方が、本州自動車会社とか、そういうところに行って働いておられます。そうした方が、このような状況下で、残念ながら北海道、札幌に戻ってこられた方もやはりいらっしゃると聞いております。

札幌市議会 2007-02-15 平成19年第 1回定例会−02月15日-03号

昨年、東京日比谷公園で行われた「出直してよ!『自立支援法』10.31大フォーラム」では、全国各地から1万5,000人が集い、行動するなど、かつてない関係者の共同が広がりました。また、本市においても、8月8日、市役所ロビーに800人以上が集い、要請行動が行われました。このような取り組みが世論を動かし、政府が特別対策をとらざるを得ないところまで追い込んだのです。  

  • 1