548件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 2019-03-07

最も根本的な日本社会の約束事である日本憲法では、憲法第13条で幸福追求権保障しています。個人の尊重と公共の福祉を規定し、国民が自分らしく生きるための根本条件社会保障なのです。  そして、憲法第25条では「すべて国民は、健康文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」

音更町議会 2018-10-03 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 2018-10-03

こうした立場から、国に対し、各国軍備からの原子兵器、大量破壊兵器の一掃を決めた国連第1号決議や、国際紛争の解決手段として武力行使や、武力による威嚇を禁じた日本憲法に照らし、核兵器のない世界の実現に向け、真摯に努力するよう、以下の事項を強く要望する。  記。  一つ、唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約を1日も早く署名・批准すること。  

釧路市議会 2018-09-20 平成30年第3回 9月定例会 石炭対策・関連エネルギー調査特別委員会会議録-09月20日−01号

◎秋里喜久治産業振興部長 委員ご指摘のとおり、今回のこの研修事業の関連、日本のエネルギーの安全確保、輸出、輸入の確保という観点ももちろんございます。そのほかに、また今おっしゃられたとおり、各新興国の間での石炭採掘に関する安全の確保、またその技術の移転、そういった形でのさまざまな日本の技術を移転するという形に対する要因があろうかと思っております。

帯広市議会 2018-09-19 平成30年第4回 9月定例会-09月19日−02号

オスプレイを日本に配備するに当たり、日米両政府は2012年9月19日、日本における新たな航空機MV22オスプレイに関する日米合同委員会合意がなされました。この合意、JCといってるようですが、これには進入及び出発経路はできる限り学校病院を含む人口密集地域上空を避けるように設定する、移動の際には可能な限り水上飛行するとなっております。

帯広市議会 2018-06-29 平成30年第3回 6月定例会-06月29日−08号

政治姿勢をただす代表質問において、米沢市長は誰もが幸せに暮らせる地域社会の実現を目指し、一党一派に偏しない市民党の立場で市政執行に当たる、これを堅持し、法令遵守はもとより、市民の皆さんとの対話や市政に関する情報提供を図りながら、不確実な時代環境にあって納得感や満足感を感じられるまちづくりを進めていくと表明されましたけれども、日本憲法を遵守し、立憲主義に基づく自治体運営を目指すものと改めて確認をさせていただきます

帯広市議会 2018-06-27 平成30年第3回 6月定例会 議案審査特別委員会-06月27日−04号

政治姿勢をただす代表質問において米沢市長は誰もが幸せに暮らせる地域社会の実現を目指し、一党一派に偏しない市民党の立場で市政執行に当たることを堅持し、法令遵守はもとより市民の皆さんとの対話や市政に関する情報提供を図りながら不確実な時代環境にあって納得感や満足感を感じられるまちづくりを進めていくと表明されましたが、日本憲法を遵守し、立憲主義に基づく自治体運営を目指すものと改めて確認させていただきます。

帯広市議会 2018-06-22 平成30年第3回 6月定例会-06月22日−07号

まず、部活動の定義ですが、学校の法的根拠は日本憲法26条、全て国民は法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負う、義務教育はこれを無償とする、ここにあります。これを受けて、義務教育のあり方を教育基本法が決め、学校教育の具体的なあり方を決めているのは学校教育法施行令及び施行規則、そして学習指導要領がつくられております。  

旭川市議会 2018-06-20 平成30年 第2回定例会-06月20日−02号

また、子どもたちの可能性にしても、このICTの部分でいけば、今の時代でいくとSEがまだまだ日本中で足りていない現状でございます。旭川市企業誘致に向けても、この災害のない場所であれば、そのプログラミングができる人たちが活躍する場としても、ふさわしい場であるので、企業誘致という点でもつながっていきますので、ぜひとも積極的に導入に向けて頑張っていただきたいなというふうに思います。  

釧路市議会 2018-06-19 平成30年第2回 6月定例会 経済建設常任委員会-06月19日−02号

そうすると日本とすると水産王国、昔からそうですから、だから水産大手であったり商社であったりいろんな方々が商売というよりも、世界の方々に日本の食っていう部分を選手村ですとかそういうところで食していただくための行動が必ずとられるだろうというふうに考えます。

北広島市議会 2018-06-19 平成30年  第2回 定例会-06月19日−02号

日本憲法は全て国民基本的人権において、個人として尊重され、法の下に平等であり、性別などで差別されないことをうたっています。先月、東京で開催された「レインボープライド2018」は、LGBTを含むセクシャルマイノリティや支援者・理解者を意味するアライが、過去最大規模に集まり、ありのままの自分らしい生き方ができる社会を求めて、ライブやパレードなどでアピールしました。

帯広市議会 2018-06-18 平成30年第3回 6月定例会-06月18日−03号

日本憲法革新価値観個人の尊厳を守るということであります。憲法13条には、全て国民個人として尊重されると記されております。個人の尊重というのは人を物や機械ではなくて一人の人間として一人の人格を持った存在として尊重する、大切にするということを意味しています。一人ひとりの人間を無条件に大切にするということです。市長が掲げる全ての市民の幸せは憲法の要請ということができます。

釧路市議会 2018-06-18 平成30年第2回 6月定例会 総務文教常任委員会-06月18日−01号

ただ、今一般質問でも述べましたけども、アイヌ民族文化っていうのが、東京オリンピックでもやっぱり一部プログラムに入ってきたり、この北海道の先住民族っていうことで、やっぱりそれだけは、日本だけじゃなくて、世界にも発信できるものでありますので、例えば今、澤口さんがおっしゃったとおり、クルーズ船が来たときに、クルーズ船がつく、例えばその東、耐震岸壁、あそこはかつてアイヌ民族の部落があった、ごめんなさい、

帯広市議会 2018-06-15 平成30年第3回 6月定例会-06月15日−02号

本年は憲法施行から71年、私たちがこれまで幾多の困難を乗り越えてこられたのは、日本憲法国民主権基本的人権の尊重、そして平和主義によってきたからであり、不透明な時代であればこそ、原点である憲法に従ったところの自治体運営が必要と考えます。このように思いますけれども、市民党を掲げ、まちづくりの座標軸を常に全ての市民の幸せに置くとした市長の政治姿勢について、まず伺うものであります。  

音更町議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 2018-06-14

日本憲法26条に掲げられておりますように、義務教育はこれを無償とするというふうにしております。これに依拠したならば、住む場所に関係なく給食費の無償化を行うのが本来のあり方であり、国に対してもそういった部分で財政面での保障をするよう求めていくことが必要かと考えております。