50件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-11-29 令和 元年冬季オリンピック・パラリンピック招致調査特別委員会−11月29日-記録

また、今回、新たな招致プロセスの公表とあわせまして、JOC、日本オリンピック委員による国内の手続も開始されましたことから、2030年大会の国内候補地として位置づけてもらえるようJOCに働きかけ、ともにIOCとの対話に臨んでいきたいというふうに考えているところでございます。

札幌市議会 2018-10-17 平成30年冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会−10月17日-記録

定例会の冒頭におきまして、秋元市長の提案説明の中で、このたびの地震による被害を受け、本市として速やかな復旧、復興を最優先に取り組むため、JOC、日本オリンピック委員とともに招致を進めてまいりました2026冬季オリンピック・パラリンピックにつきましては、立候補ステージに進まないことで、IOC、国際オリンピック委員会及びJOC、本市の3者で合意し、IOCからその旨の声明文が公表されたところであるということを

札幌市議会 2018-09-25 平成30年第 3回定例会−09月25日-01号

また、このたびの地震による被害を受けまして、本市として速やかな復旧、復興を最優先に取り組むため、JOC、日本オリンピック委員とともに招致を進めてきた2026冬季オリンピック・パラリンピックにつきましては、立候補ステージに進まないことで、IOC、国際オリンピック委員会、JOC、本市の3者で合意し、IOCから、その旨の声明文が公表されたところであります。  

札幌市議会 2018-08-01 平成30年冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会-08月01日-記録

その結果がどうであったかといったら、日本オリンピック委員のほうで、それではIOCの立候補の申請条件に合わないからだめだったということでした。  東京都知事選挙というのは、IOCがどういう規模でやるか、どういう内容か、経費のことなどについて事前の打ち合わせが何もない中で決定したものが、東京都民の意向によってIOCそのものの方針を変更させているわけです。

札幌市議会 2018-06-11 平成30年大都市税財政制度・人口減少対策調査特別委員会−06月11日-記録

この背景といたしましては、ほかの対話ステージ参加都市の情勢のほか、大会と今後のまちづくりとの連動を望む市民経済界の意向を踏まえ、2030年の招致も視野に入れて、日本オリンピック委員、いわゆるJOCなどの関係団体と協議を行っている状況でありまして、こうした記載としたところでございます。 ◆中川賢一 委員  要望の変更内容について概要をご説明いただきました。  

札幌市議会 2018-06-04 平成30年冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会−06月04日-記録

その辺について、この委員会で全く議論がないまま、市長が、日本オリンピック委員の竹田会長の理解をいただいたとか、いただかぬとか、あんなことがテレビ報道されていくということは、議会で議論して議決してきた経過と違うのではないかと。当然、そうなれば、調査というのも、さらにその先の4年後のことを今調査すべきなのかどうかという問題にもかかわってくるのです。  

札幌市議会 2018-05-23 平成30年第 2回定例会−05月23日-02号

このたび、2026年大会に係る最終的な判断時期が迫る中、先般、日本オリンピック委員、JOCの竹田会長と会談をいたしまして、地元の声や新幹線延伸などを踏まえ、2030年のほうが大会開催のための環境が整うことをお伝えしましたところ、竹田会長からは、この状況にご理解をいただいた上で、会談終了後には、地元の判断に基づき、JOCとしてさらにサポートしたいとの発言もあったところであります。  

札幌市議会 2018-03-27 平成30年第二部予算特別委員会−03月27日-10号

今まで、市長は、日本オリンピック委員がそういうようなことを言ったら国際オリンピック委員会で受け付けてももらえぬ、だからということを言っているんですね。私は、そうであれば、外国でもやっているように、オリンピックをやるのにこのぐらいのお金がかかる、市長としてはやりたいと思うが、皆さんはいかがですか、賛否を問います、こういう市民アンケートを行って、その上で進むべきだというふうに思います。

札幌市議会 2017-12-08 平成29年冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会−12月08日-記録

この議論を踏まえまして、JOC、日本オリンピック委員などとこれまで協議を重ねてきたところではございますけれども、去る11月22日にJOCの竹田会長と秋元市長が対談を行いまして、IOC、国際オリンピック委員会の2026年大会の立候補プロセスにおける対話ステージに参加することとなったところでございます。  

札幌市議会 2017-09-26 平成29年第 3回定例会−09月26日-02号

そこで、今後、北海道や関係自治体のほか、日本オリンピック委員、JOCと必要な調整を行った上で、インビテーションフェーズの機会を活用しながら、コストを抑えた持続可能な大会の実現に向け、例えば、施設整備や大会運営のあり方等についてIOCとさまざまな協議を重ねてまいりたいと考えております。

札幌市議会 2017-06-13 平成29年冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会−06月13日-記録

こうした議論を踏まえまして、昨年11月8日に、JOC、日本オリンピック委員のほうに開催提案書を提出したところでございまして、現在は、JOCにおきまして、IOC、国際オリンピック委員会の招致プロセスや海外の動向を注視しながら、2026年の立候補について検討されているという状況でございます。  

札幌市議会 2017-03-27 平成29年第二部予算特別委員会−03月27日-09号

冬季オリンピック・パラリンピックの招致につきましては、昨年11月に開催提案書を日本オリンピック委員、JOCに提出いたしましたが、JOCの竹田会長からは、他国の動向等を見きわめる必要があるため、JOCの中でしっかり議論して判断したいという意向が示されたところでございます。  

札幌市議会 2017-03-22 平成29年第一部予算特別委員会−03月22日-07号

一方で、平成28年11月に、日本オリンピック委員、JOCに提出した冬季オリンピック・パラリンピックの開催提案書におきましては、共進会場跡地のうちの約8ヘクタール部分はメディアセンターの建設場所として記載されており、仮に、この約8ヘクタールを新球場の候補地として提案する場合にはメディアセンターの建設場所の再考も必要となります。  

札幌市議会 2016-12-05 平成28年第 4回定例会−12月05日-02号

秋元市長は、11月8日、JOC、日本オリンピック委員に、北海道・札幌オリンピック・パラリンピック冬季競技大会の開催提案書を提出されました。改めて言うまでもありませんが、オリンピックは単なる一過性のスポーツイベントにとどまるものではなく、開催都市にとりまして大変な栄誉でありますとともに、まちを大きく変貌させ、未来を変えていく力を持つビッグプロジェクトであり、また、ビッグチャンスであります。  

札幌市議会 2016-10-21 平成28年第二部決算及び議案審査特別委員会−10月21日-07号

開催概要計画の中で複数案としておりますスピードスケートの会場につきましては、真駒内と帯広のどちらを会場としていくのか、まずは北海道、そして帯広市、さらには国内の競技団体日本オリンピック委員、JOCなどとも協議を行いながら、アスリートファーストや大会運営の観点、施設整備費や維持管理費等のコストの観点、あるいは、施設有効な後利用といったレガシーの観点から、二つの候補地案のメリット・デメリットを十分