51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

函館市議会 2020-12-10 12月10日-04号

北海道全体でも、10月、11月と新規感染が増え、陽性率10%超えもありました。検査数が増えれば見つかる感染者が増えますが、陽性率が上がっているので検査感染者増加に追いついていないと指摘しております。これは渋谷 健司さん、キングス・カレッジ・ロンドン教授です。北海道陽性率が高いのは検査が追いついていない証明です。

千歳市議会 2020-12-10 12月10日-05号

一方、国や北海道は、新規感染数や病床利用数などの数値を指標として、警戒ステージを設定しておりますが、これについては、必ずしも、本市の感染推移と連動するものではないことから、警戒ステージに合わせたロードマップとして見直すことは考えておりませんが、各フェーズにおける対応策を参考にしながら、今後も、感染状況社会経済活動とのバランスを勘案し、適宜適切な対策を講じてまいります。 

千歳市議会 2020-12-09 12月09日-04号

9月から11月までの新規感染推移については、9月1人、10月21人、11月78人、12月は、8日現在で23人の発生が確認されております。 次に、現在発生している市中感染状況及びその対応についてでありますが、北海道公表している新規感染情報において、この時点で、感染経路が不明な患者数は、9月1人、10月5人、11月15人となっており、新規感染の大半は感染経路が判明している状況であります。 

苫小牧市議会 2020-12-08 12月08日-04号

それで、ここに来て、新型コロナ新規感染数が増加をして、高止まりをしているという状況であります。そのような状況の中で、北斗市、函館市、札幌市が道内においては成人式を中止と、帯広市、北見市が延期とすることを決定したところでございます。 さらに、北海道全体の警戒ステージのさらなる引上げですとか、札幌などとの往来がさらに厳しくなるということも考えられるという状況であります。 

釧路市議会 2020-12-04 12月04日-03号

釧路地方新規感染は、10月50名、11月86名、12月も連日感染者発生をしています。クラスターも、11月17日に1件目のクラスター発生、その後も飲食店介護施設、病院などで次々発生しています。 そこで、新型コロナウイルス感染症に関わって、以下質問します。 1つ目は、病床確保について。 現時点で、新型コロナで入院している病床数は何床か。 あと何名分の病床確保されているのか。 

釧路市議会 2020-12-03 12月03日-02号

新型コロナウイルス感染症の流行の第3波が到来し、全国各地で連日、新規感染数、重症者数最多を更新する状況であり、釧路総合振興局管内でも11月の発生状況は86人となり、市内ではクラスターも複数発生しています。こうした新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響から、これまでの暮らしや生活が大きく変わったことにより悩みを抱える人が増えています。

釧路市議会 2020-12-02 12月02日-01号

これまで倍増で拡大してきた新規感染増加ペースは、緩やかになっているものの、いまだ相当数感染者が確認されていること、医療機関における集団感染増加し、医療提供体制逼迫度合いが増していることなどから、11月28日から12月11日まで対策期間を延長し、引き続きの対策の実施にご協力をお願いするとのことで、札幌市においては、22時から翌5時までの酒類を提供するお店の自粛要請となっていることから、釧路

北広島市議会 2020-10-23 12月10日-04号

ここ北広島市内においても、障がい者支援施設関連では100名を越すクラスター感染者集団の出現がございましたし、公表された北広島市民新規感染は今日の新聞によりますと136名に達していると、この数字道内においても5番目に多い数字になっております。 こうした中、コロナ患者を受入れる入院病床が逼迫している状況が毎日の報道の中で示されております。

札幌市議会 2020-10-20 令和 2年第一部決算特別委員会−10月20日-06号

また、札幌市では、7月上旬に接待を伴う飲食店に関連する陽性者が確認されて以降、速やかに北海道との合同チームを立ち上げ、臨時PCR検査センターの開設や店舗単位でのPCR検査など、重点的検査注意喚起等対策を実施しており、事業者市民の皆様の協力も得て、この期間新規感染数を低い数値推移させることができたものと認識しております。  

札幌市議会 2020-10-07 令和 2年新型コロナウイルス感染症対策調査特別委員会−10月07日-記録

次に、先ほど来から触れられています現地対策本部を設置する効果についてお伺いいたしますが、5月16日に現地対策本部を設置した以降、新規感染発生者数は5名であり、既に感染のピークは過ぎていたのでしょう。状況は、改善というか、終息に向かっていったものとうかがえます。