186件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-03-04 平成31年第一部予算特別委員会−03月04日-05号

札幌市教育委員会は、2006年、平成18年に改正された国の教育基本に基づきまして、これまであった計画を札幌市教育振興基本計画と位置づけ、また、2013年、平成25年に国が策定した第2期教育振興基本計画やその後の札幌市のまちづくり戦略ビジョン等に基づきまして、平成26年、新たに平成35年までの10年間の前期、後期の札幌市教育振興基本計画を策定しております。  

札幌市議会 2018-05-23 平成30年第 2回定例会−05月23日-02号

子どもを取り巻く環境に対して、国においては、家庭教育こそが教育の原点であるという認識のもと、平成18年の改定教育基本第10条第1項では、「父母その他の保護者は、子の教育について第一義的責任を有するものであって、生活のために必要な習慣を身に付けさせるとともに、自立心を育成し、心身の調和のとれた発達を図るよう努めるものとする。」

札幌市議会 2018-03-14 平成30年第一部予算特別委員会-03月14日-05号

2006年に改正された教育基本では、各地方公共団体は、国の教育振興基本計画を参酌し、地域の実情に応じた教育振興基本計画を定めるように努めることとされており、札幌市では、この定めに基づき、札幌市教育振興基本計画を定めております。札幌市教育振興基本計画の役割は、札幌市教育の目標や方向性を明らかにするとともに、それらに基づき、教育に関する施策を総合的、体系的に進めていくという大変重要なものです。

音更町議会 2017-03-08 平成29年第1回定例会(第2号) 本文 2017-03-08

そういうようなことからほかの科目教科と区分して、呼び名を変えて特別の教科ということにしていること、それから、教育基本が10年ほど前に改正になったときに、条文のつくり方で道徳的なものが条文の上のほうに来たことについて、国会でも質問が出たそうです。これも文部科学省の答弁では、道徳を筆頭科目にするつもりはないという答弁がありました。

札幌市議会 2016-12-12 平成28年(常任)文教委員会−12月12日-記録

このフレーズは、まちづくり戦略ビジョンの二つの目指すべき都市像でございます北海道の未来を創造し、世界が憧れるまちと、互いに手を携え、心豊かにつながる共生のまちの実現と、教育基本第3条で生涯学習の理念として掲げる生涯学習社会の実現に向け、市民学びに着目し、3次構想で目指す札幌のまちの姿を表現したものでございます。  

札幌市議会 2016-11-15 平成28年(常任)文教委員会−11月15日-記録

議員に向き合うときにはしっかりと向き合うように、いいですか、教育長、去年4月から、今の政府・自民党が教育基本の一部を改正して、教育委員長制度を廃止して学校教育基本方針は市長が立てるということになっているのですよ。したがって、市長が総括的な責任者なのですよ。したがって、市長がこのことについて話をすれば、だめだという話にならないのです。

札幌市議会 2016-09-13 平成28年(常任)文教委員会−09月13日-記録

とし、改正前の教育基本第4条では、「国民は、その保護する子女に、9年の普通教育を受けさせる義務を負う。」としております。  また、学校教育法では、就学義務として、保護者が6歳から15歳の子女に小学校6年間、中学校3年間の教育義務を課しており、学校教育法第1条に定める学校、つまり、国、地方公共団体及び私立学校法第3条に規定する学校法人のみがこれを設置することができるとしております。  

音更町議会 2016-06-13 平成28年第2回定例会(第2号) 本文 2016-06-13

質問学校教育での政治的中立性につきましては、教育基本第14条第2項において、「法律に定める学校は、特定の政党を支持し、又はこれに反対するための政治教育その他政治的活動をしてはならない」と定められており、学校は、政治的中立性を確保することが求められるとともに、教員についても、学校教育に対する国民の信頼を確保するため公正中立な立場が求められております。  

札幌市議会 2015-10-20 平成27年第一部決算特別委員会−10月20日-05号

また、安倍第1次政権時に教育基本が改正され、愛国心や公共精神が加えられたことを踏まえて、例えば、戦後教育平和に貢献する個性豊かな人間を育てることを目標としてきた、それと道徳教科化はどう考えても相入れないといった論調もマスコミにおいて出現しております。  私は、どうして愛国心、公共精神を育むことが平和に貢献する人間を育てることに矛盾するのか、わかりません。

札幌市議会 2015-05-19 平成27年第 1回臨時会−05月19日-02号

私ども日本共産党は、教育長を初め、教育委員の皆さんが、引き続き、憲法教育基本子どもの権利条約精神に立って、地域住民や学校現場の多様な教育要求を施策に反映させるべく自由闊達な議論を保障すること、政治的に中立かつ公正な教育行政教育の自主性を重んじること、この点を改めて市長、教育長に求めるとともに、あえて本人事案件には反対せず、今後の教育委員会の動向を注視していくものです。  

札幌市議会 2015-03-06 平成27年第一部予算特別委員会−03月06日-06号

よって、憲法のほかに、前文をつけて、教育基本というものがつくられました。これは、憲法、そして教育基本にしかない前文がつく、今は前文を何かの模様のようにつけている法律などがたくさんありますけれども、これは、戦前の反省として、教育基本憲法と並ぶ教育憲法である、こういう考えの中でできた法律であります。

音更町議会 2015-03-04 平成27年第1回定例会(第1号) 本文 2015-03-04

本町におきましては、新制度による教育委員長と教育長を一本化した新教育長を4月1日から配置するほか、首長との連携のもと、総合教育会議の設置及び音更町第5期総合計画基本にしつつ教育基本第17条を参酌し、教育に関する目標や施策の方針を定める大綱に基づき、これまでと同様、独立した執行機関としての責務を十分踏まえ、教育行政を推進してまいります。  

札幌市議会 2015-03-04 平成27年第一部予算特別委員会−03月04日-05号

◎上田 市長  ご指摘のように、戦前の教育の反省に立って、70年前ではありますが、新しい憲法が制定され、教育基本ができたという経過があります。教育の内容について、戦前は、教育勅語によって全ての日本人のあるべき姿が語られ、それに従って人間像、日本人像というものが教育の目標にされていました。

音更町議会 2014-06-12 平成26年第2回定例会(第2号) 本文 2014-06-12

教育のほうにつきましては、教育基本の中にも、教育の機会均等ということで、経済地位または門地によって教育差別されないですとか、また、国及び地方公共団体は、経済的理由によって修学が困難な者に対し奨学の措置を講じなければならない、こういうような法律がありまして、それにのっとりまして本町といたしましても、就学援助費でありますとか奨学資金、また幼稚園でありますと就園奨励費という形で援助を行っている現状であります

札幌市議会 2014-03-13 平成26年第一部予算特別委員会−03月13日-06号

戦後平和憲法を制定する、それから、教育基本を中心とする中での教育委員会制度のあり方、地方分権を進める新しい地方自治のあり方、これが今の日本の発展に大きく寄与してきた、僕はそう考えていまして、全く変更が許されないというものではなくて、変更するにしても慎重に変更していくことが極めて大事であると思っております。