158件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 2019-09-12

北海道日本食糧基地であり、万が一泊原発で事故が起き、放射能が放出されると、泊原発周辺の町だけではなく、ここ十勝・音更町にも影響があります。昨年の胆振東部地震でブラックアウトがあり、泊原発が稼働していれば電力が確保できていたのではという声もありますが、逆に稼働していなかったから事故が起きずに済んだという声もあります。事故地震だけではありません。あらゆる事故を想定しなければいけないと思います。

札幌市議会 2019-06-04 令和 元年(常任)厚生委員会−06月04日-記録

生活科学課では、食品中の残留農薬放射能の検査、遺伝子組み換え食品の検査など食品安全確保、また、河川水の水質検査や大気中の有害物質検査など環境汚染の監視を担っております。さらに、これらの業務に関連した調査研究を行うなど、保健環境行政科学的かつ技術的中核機関の役割を担っております。 ○太田秀子 委員長  ただいまの説明に対して、質疑はございませんか。  

札幌市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会−03月06日-06号

国においては、放射性物質汚染対処特措法に基づき、省令で1キログラム当たり8,000ベクレルまでの放射能汚染された土壌及び廃棄物を再利用できるとしました。そのことによって、道路工事などに加えて、公園を含む緑地造成にも汚染土の再利用を進めることは、放射能汚染の拡散であり、認めることはできません。  

札幌市議会 2019-02-20 平成31年第 1回定例会−02月20日-04号

国においては、放射性物質汚染対処特措法に基づき、省令で1キログラム当たり8,000ベクレルまでの放射能汚染された土壌及び廃棄物を再利用できるとしました。そのことによって、道路工事などに加えて、公園を含む緑地造成にも汚染土の再利用を進めることは放射能汚染の拡散であり、認めることはできません。  

札幌市議会 2018-04-17 平成30年(常任)厚生委員会−04月17日-記録

生活科学課では、食品中の残留農薬放射能の検査、遺伝子組み換え食品の検査など食品安全確保、また、河川水の水質検査や大気中の有害物質検査など環境汚染の監視を行っております。さらに、これらの業務に関連した調査研究を行うなど、保健環境行政科学的かつ技術的中核機関の役割を担っております。 ○村上ゆうこ 委員長  ただいまの説明に対して、質疑はございませんか。  

札幌市議会 2017-10-11 平成29年第一部決算特別委員会-10月11日-03号

この間、全国では、地球温暖化などにより、経験したことがない新たな災害の脅威が広がっており、本市の地域防災計画原子力災害対策編で、泊原発の放射能漏れと自然災害を想定した最悪の事態が起こったときの対策を検討することが求められていると考えます。  ことしの7月、甚大な被害となった九州北部豪雨は、積乱雲が一直線に連なる線状降水帯によって発生したと言われています。

札幌市議会 2017-04-18 平成29年(常任)厚生委員会−04月18日-記録

生活科学課では、食品中の残留農薬放射能の検査、遺伝子組み換え食品の検査など食品安全確保、また、河川水の水質検査や大気中の有害物質検査など環境汚染の監視を行っております。さらに、これらの業務に関連した調査研究を行うなど、保健環境行政科学的かつ技術的中核機関の役割を担っております。 ○中村たけし 委員長  ただいまの説明に対して、質疑はございませんか。  

音更町議会 2017-03-14 平成29年度予算審査特別委員会(第2号) 本文 2017-03-14

放射能の関係でございました。大変申しわけございません。放射能の関係はホームページに載せておりました。大変申しわけございません。  ですから大気の部分、繰り返しになりますけれども、ちょっとどういったことができるのか今明確にお答えできませんので、ちょっと研究させていただきたいなと思います。  

札幌市議会 2016-11-14 平成28年(常任)総務委員会−11月14日-記録

なぜかといったら、放射能は一定の年限で減衰していくのですよ。石綿は、一回、体の部位に刺さったら、ずっと蓄積されて永久に人間の体の外へ出ないのです。それが、どうしてがんになっていくかということは、私はまだ確認しておりません。  どういうことになってがんになっていくのかについて確認されましたか。

札幌市議会 2016-10-12 平成28年第一部決算特別委員会−10月12日-03号

◆小形香織 委員  私ども日本共産党は、福島原発の事故が何によって起きたのか、津波なのか、地震なのかもいまだにわからない、そして、拡散した放射能をとめる方法すら技術的に確立されていない中で、新しい安全基準を満たせば原子力発電所の再稼働を進めるというやり方は認められないと考えております。  

札幌市議会 2016-09-30 平成28年第 3回定例会−09月30日-04号

東京電力福島第一原発事故を踏まえ、泊原発で苛酷事故が起こった場合、北海道全域が放射能の被害を受けることが想定されることから、札幌市民を含む全ての道民に対し、北電には安全対策等についての説明責任があります。当日の会場では、札幌市各区や道内各市町村における説明会の開催を求める意見が相次ぎ、また、この間、複数の市民団体が同様の趣旨を北電に要請しています。  

札幌市議会 2016-04-22 平成28年(常任)厚生委員会−04月22日-記録

生活科学課では、食品中の残留農薬放射能の検査、遺伝子組み換え食品の検査など食品安全確保、また、河川水の水質検査や大気中の有害物質検査など環境汚染の監視を行っております。さらに、これらの業務に関連した調査研究を行うなど、保健環境行政科学的かつ技術的な中核機関の役割を担っております。 ○こじまゆみ 委員長  ただいまの説明に対して、質疑はございませんか。  

音更町議会 2016-03-08 平成28年第1回定例会(第3号) 本文 2016-03-08

事故発生当時は、放射線量の測定値や放射能汚染による被害が大きく報道されましたが、時間がたつにつれ、少しずつ報道も少なくなりました。  しかし、いまだに福島避難生活者は10万人を超え、もとの生活にも戻れていません。また、放射能汚染水対策も進まず、莫大な国費を投入しても、いまだに地下水原子炉建屋地下に流れ込み、事故で溶けた核燃料を冷やす水とまざり、汚染水を毎日ふやし続けています。

札幌市議会 2016-03-04 平成28年第一部予算特別委員会−03月04日-03号

原発は、事故などでひとたび放射能が漏れると、その拡散をとめる手段がなく、直接的な被曝あるいは内部被曝などによって人間の心も体も壊される、このことは広島、長崎原爆被害の実態からも明らかです。そんなことを語りながら、本市がつくった地域防災計画原子力災害対策編についても質問したいと思っております。  

札幌市議会 2015-11-06 平成27年第 3回定例会−11月06日-06号

入居している避難者の意向調査を行い、2017年3月末までの支援を継続するとのことですが、住めない住宅のローン返済等による経済的困難や、放射能汚染に対する不安を抱えている避難者の気持ちに寄り添い、2017年4月以降も支援を継続することを強く求めます。  最後に、豊平川水道水源水質保全事業、いわゆる豊平川バイパス事業についてです。