192件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-05-28 令和 元年(常任)経済観光委員会−05月28日-記録

病院局の機構についてでございますが、経営管理室は、1部3課体制で構成されており、病院部門は、呼吸器内科から救命救急センターまでの33の診療科臨床学科栄養科の2科、右に行きまして、放射線部、検査部、薬剤部、看護部、医療品質総合管理部、地域連携センター及び臨床研修センターで構成されております。  

札幌市議会 2019-03-04 平成31年第二部予算特別委員会−03月04日-05号

この人は、大学を卒業してから菊水のがんセンターの放射線科に入って、放射線一筋でずっとやってきた方なのですね。東日本大震災が起きたときに、随分、テレビにも出て、道民に放射線の防除とか被曝したときの対応の仕方などの説明をされていたし、本市でも、上田市長が幹部会にお呼びして意見を伺うというような方でした。  

札幌市議会 2019-02-20 平成31年第二部予算特別委員会−02月20日-目次

144   ●村上ひとし委員 …………………………………………………………………………………… 146   〇宇都宮経営管理部長 ……………………………………………………………………………… 146   ●松浦 忠委員 ……………………………………………………………………………………… 149   〇宇都宮経営管理部長 ……………………………………………………………………………… 149   〇貴志放射線部長

音更町議会 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 2018-09-19

主な小児がんというのは、白血病、それから脳腫瘍、神経芽腫、リンパ腫、腎腫瘍などというものがありますけれども、小児がんは、発見が難しく、がんの増殖も速いのですが、成人のがんに比べて化学療法放射線療法に対する効果が極めて高いのが特徴だと言われております。そのため、現在では70%から80%が治ると言われております。

札幌市議会 2018-05-07 平成30年(常任)経済観光委員会−05月07日-記録

市立札幌病院につきましては、呼吸器内科から救命救急センターまで33の診療科臨床学科栄養科の2科、右に行きまして、放射線部、検査部、薬剤部、看護部、医療品質総合管理部、地域連携センター及び臨床研修センターで構成されております。  続きまして、資料の2ページの職員定数についてでございます。  

音更町議会 2017-12-14 平成29年第4回定例会(第2号) 本文 2017-12-14

放射線を浴びると、細胞の中のDNAが傷つけられて、これによってがんが引き起こされると。特に細胞が分裂をしているときに被曝をするとダメージは多くなるというふうに言われております。つまり、大人よりも活発に細胞分裂をしている成長過程の子供は特に気をつけなければいけないというのが私の持っている認識でございます。  

札幌市議会 2017-04-17 平成29年(常任)経済観光委員会−04月17日-記録

市立札幌病院につきましては、呼吸器内科から救命救急センターまで33の診療科臨床学科栄養科の2科、右に参りまして、放射線部、検査部、薬剤部、看護部、医療品質総合管理部の5部、さらに、地域連携センター及び臨床研修センターで構成されております。  続きまして、資料の2ページの職員定数についてでございます。  

札幌市議会 2017-03-22 平成29年第二部予算特別委員会−03月22日-07号

このような医療連携につきまして、例えば、子宮がんに対して子宮内に放射線を直接当てて治療する腔内照射、皮膚への光線治療の一部など、当院にはない医療機器を用いる治療につきましては、大学病院などほかの急性期を担う病院にお願いしております。また、当院は、病理診断を行う体制が充実しており、中でも、腎炎や腎移植の際などに行う腎生検については、大学病院を含む多くの医療機関等から依頼が寄せられております。  

札幌市議会 2016-10-12 平成28年第一部決算特別委員会−10月12日-03号

そして、避難指示というのは、放射線量が毎時20マイクロシーベルトになると出されます。その避難指示が出されたときに雨や雪が降っていた場合、車とか衣服に放射性物質を付着させながら札幌市内に避難してくることになると思いますけれども、そのときの対処というのはどのようになるのか、伺いたいと思います。 ◎小田原 危機管理対策部長  9町村からの避難者への対処ということでございます。  

札幌市議会 2016-05-19 平成28年(常任)経済観光委員会−05月19日-記録

市立札幌病院につきましては、呼吸器内科から救命救急センターまで32の診療科臨床学科栄養科の2科、右に行きまして、放射線部、検査部、薬剤部、看護部の4部、さらに、医療品質総合管理部、地域連携センター及び臨床研修センターで構成されております。  続きまして、資料の2ページをごらんいただきたいと思います。職員定数についてでございます。  

札幌市議会 2016-03-29 平成28年第 1回定例会−03月29日-08号

がんの放射線治療において、高度な専門機器とともに、充実した体制を擁しており、地域医療機関を支援する役割があると考えるが、どうか。治療と仕事の両立に悩むがん患者が増加する中、気持ちに寄り添う支援を行うには相談体制の整備が重要と考えるが、どのように取り組むのか等の質疑がありました。  以上が、本委員会に付託されました議案に対する質疑の概要であります。  

音更町議会 2016-03-08 平成28年第1回定例会(第3号) 本文 2016-03-08

事故発生当時は、放射線量の測定値や放射能汚染による被害が大きく報道されましたが、時間がたつにつれ、少しずつ報道も少なくなりました。  しかし、いまだに福島避難生活者は10万人を超え、もとの生活にも戻れていません。また、放射能汚染対策も進まず、莫大な国費を投入しても、いまだに地下水原子炉建屋地下に流れ込み、事故で溶けた核燃料を冷やす水とまざり、汚染水を毎日ふやし続けています。

札幌市議会 2016-03-04 平成28年第一部予算特別委員会−03月04日-03号

今なお、高い放射線量によって福島第一原発の修復作業は困難をきわめております。今、4号機のプール内の核燃料だけが取り出しを完了しましたが、ほかのメルトダウンした核燃料は、どこに、どのような状態で存在しているのかさえ、まだわかっておりません。潮風にさらされ、腐食によって倒壊する心配もある120メートル高さの1号機、2号機の排気筒にも近づけない状況です。

札幌市議会 2015-10-26 平成27年第一部決算特別委員会−10月26日-07号

本市では、万が一、泊原発で事故が起こった場合には、周辺9町村から5万人の避難者を受け入れるとしていますが、福島第一原子力発電所から60キロから100キロ先に位置した福島市において、放射線量の異常数値の観測や、農産物の出荷制限等の影響がありました。また、200キロ離れている東京でも、地形や風の影響により放射性物質の汚染地域が確認されております。