157件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

帯広市議会 2021-03-08 03月09日-04号

私も以前、議会で主権者教育について議論させていただきましたし、他の議員からも多数投票向上に向けた質疑、提案がなされています。また、明推協の皆様や選挙管理委員会による啓発活動も行われています。 しかし、この全国的な傾向である投票率低下は、各地で様々な対応が取られる中、改善の傾向が見られません。この傾向と要因をどのように分析しているのか伺います。 ○有城正憲議長 野原隆美選挙管理委員会局長

音更町議会 2020-09-18 令和元年度決算審査特別委員会(第2号) 本文 2020-09-18

今、国会議員の中でも投票率10%引き上げというような署名活動も何か始まっているやに聞いているんですけれども、そういった点で、例えば去年の一斉地方選挙のときに、統一地方選挙のときに投票向上のためにどういう取組をされたのかということと、あわせて、選挙が間近になってそこでということだけではなくて、日常的にそういった活動が今求められているのかなというふうに思うんですけれども、ぜひその点でのお考えをお聞かせ

石狩市議会 2020-03-24 03月24日-委員長報告、質疑、討論、採決-05号

2.投票向上対策について。3.期日投票所・時間の拡充の考え方について。 厚田支所では、1.厚田地域おこし協力隊員応募状況採用時の方針戦略について。2.厚田地域おこし協力隊員の起業の具体的な業態について。 浜益支所では、1.浜益地域おこし協力隊員採用時における方針戦略について。 企画経済部では、1.東京事務所のこれまでの取り組みと今後の方向性について。

札幌市議会 2020-03-16 令和 2年第一部予算特別委員会−03月16日-02号

◆小須田ともひろ 委員  私からは、若年層投票向上について質問いたします。  初めに、過去の選挙における投票率傾向についてです。  近年、投票率は、全国的に低下傾向が続いております。昨年7月21日に行われた参院選における全国の投票率は48.8%と、投票した人は有権者の半分にも満たない状況となっております。  

帯広市議会 2020-03-13 03月27日-05号

廃止検討を進める上で市民サービス維持前提とする考え地域特性実情に応じた柔軟な老人クラブ活動を認める考え小規模修繕契約希望者のさらなる受注機会確保に努める考え東京事務所十勝帯広情報発信拠点としての機能強化を図る考え運転免許返納後の支援や国の安全運転サポート車導入補助金周知など高齢者事故防止に努める考え十勝市町村税滞納整理機構の今後の在り方高校生への出前講座拡大など若年層投票向上

北見市議会 2020-03-13 03月27日-05号

廃止検討を進める上で市民サービス維持前提とする考え地域特性実情に応じた柔軟な老人クラブ活動を認める考え小規模修繕契約希望者のさらなる受注機会確保に努める考え東京事務所十勝帯広情報発信拠点としての機能強化を図る考え運転免許返納後の支援や国の安全運転サポート車導入補助金周知など高齢者事故防止に努める考え十勝市町村税滞納整理機構の今後の在り方高校生への出前講座拡大など若年層投票向上

北広島市議会 2019-12-15 12月11日-03号

次に、今後の期日投票所についてでありますが、このたびの増設につきましては、特にエルフィンパーク交流広場において近隣の有権者利便性向上啓発一定効果はあったものと考えておりますが、全体の投票率は依然として低下傾向にあり、また、地区により投票率に差が生じておりますことから、引き続き期日投票所あり方投票向上に向けた啓発などについて、調査研究してまいりたいと考えております。   

石狩市議会 2019-12-05 12月05日-一般質問-02号

いずれにいたしましても、これまでも市ホームページ広報により選挙日程投票制度などの周知を図っているほか、街頭や広報車による啓発などを実施しておりますが、今後も明るい選挙推進協議会など、関係機関と協力して、投票向上取り組みを進めていかなければならないと考えているところでございます。 次に、移動期日投票所導入についてお答えいたします。 

札幌市議会 2019-10-28 令和 元年第 3回定例会−10月28日-07号

次に、選挙管理委員会については、若年層投票向上に当たっては、よりわかりやすい情報発信策検討が必要であり、動画活用投票所案内はがきへの地図の掲載は有効な手法と考えるがどうか等の質疑がありました。  次に、消防局については、危険物による事故防止について、積雪寒冷地本市ではホームタンクに起因する事故が多いが、市民の安全・安心に向け、どのように取り組んでいるのか。

札幌市議会 2019-10-03 令和 元年第一部決算特別委員会−10月03日-02号

◆山口かずさ 委員  私からは、若年層に対する投票向上策と、選挙公報の配布の2点について質問します。  初めに、若年層に対する投票向上策についてです。  ことし4月7日投票日統一地方選挙の札幌市の投票率は56.38%、7月21日に執行された参議院議員通常選挙投票率は54.01%でした。

千歳市議会 2019-10-02 10月02日-06号

項目1の選挙について、中項目1の投票向上についてお伺いいたします。 近年、全国的にも、投票率低下が社会問題となっている中で、千歳市においても、例外なく低下しております。7月に行われた参院選では50.70%で、全道平均の53.75%を下回り、前回に当たる2016年の参院選と対比しても、4%程度下回りました。 

千歳市議会 2019-10-01 10月01日-05号

項目5、投票向上施策について、初めに、期日投票所設置拡大についてです。 当市の千歳市議会議員選挙投票率ですが、平成元年は約81.6%、平成29年は約49%であり、また、ことし7月に実施された参議院選挙投票率においても50.7%であり、投票率が、毎回、右肩下がり低下する傾向が続いておりますが、この現状をどのように捉えておられるのか、お伺いをいたします。 

北広島市議会 2019-10-01 09月25日-05号

期日投票所増設につきましては、有権者利便性向上啓発一定効果はあったものと考えておりますが、全体の投票率は依然として低下傾向にあり、また、地区により投票率に差が生じておりますことから、引き続き、期日投票所あり方投票向上に向けた啓発などについて、調査研究してまいりたいと考えております。   以上であります。 ○議長野村幸宏) 19番、川崎議員

旭川市議会 2019-09-20 09月20日-05号

次に、投票向上のための施策について伺います。 最近、本市の国、道、市の各選挙投票率が著しく下降している現状について、何点かお聞きします。 最初に、本市における過去2回の各選挙投票率推移についてお聞かせください。 ○議長安田佳正) 原選挙管理委員会事務局長。 ◎選挙管理委員会事務局長原尚之) 本市の各選挙の過去2回の投票率推移のお尋ねでございます。 

音更町議会 2019-09-19 平成30年度決算審査特別委員会(第2号) 本文 2019-09-19

それから、最後ですけれども、先ほど選挙管理委員会の話ありましたけれども、私最近特に思っているのは、投票率低下傾向というところに歯どめがかかっていないんですけれども、確かに町の選挙管理委員会独自でやれることは限度があるかなというふうに思うんですけれども、投票向上のための取り組みというあたり選挙管理委員会としても町民に対してアピールするだけでなくて、道や国に対してもぜひというあたりで働きかける必要

北広島市議会 2019-08-29 09月20日-03号

星槎道都大学における期日投票所についてでありますが、セキュリティや人員、機器の確保などの課題がありますことから、現時点では難しいものと考えているところでありますが、無線LAN活用などによる期日投票所あり方投票向上に向けた若年層への効果的な啓発などについて、調査研究してまいりたいと考えております。   以上でございます。 ○副議長大迫彰) 2番、藤田議員

旭川市議会 2019-06-26 06月26日-04号

あとは上がるだけだと思っておりますので、ぜひとも努力しながら投票向上に努めていっていただきたいなと思いますし、我々政治家たち投票向上には責任を感じて頑張っていかなければいけないと思いますので、一緒に頑張っていければと思います。 続いて、旭川大学の公立化について、最後項目に入ります。 最近の近況、検討状況だとか、そういったものをお示しいただきたいと思います。