460件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 2019-12-13

133 ◯総務部長(岸本 保君)  この避難行動要支援者登録制度というのがあるんですが、これに登録できる人というのがいろいろ条件がございまして、六つほどございまして、65歳以上の高齢者世帯、あるいは身体障害者手帳1級または2級を交付されており、肢体不自由、視覚障害、聴覚障害のある人、療育手帳を交付されている人、精神障害保健福祉手帳を交付されている人、要介護認定

札幌市議会 2019-10-28 令和 元年第 3回定例会−10月28日-07号

障害者手帳のカード化について、丈夫で携帯しやすくなることから、幾度となく当事者から求める声があり、利便性向上の観点から早期に実現すべきと考えるが、どのように認識しているのか。重度障がい者の在宅介護について、地域生活を支える最も基本となるサービスであるため、使用可能な時間数を必要性に応じて個別に判断する非定型による支給決定導入の検討が必要と考えるが、どうか。

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年第二部決算特別委員会−10月25日-09号

さっぽろ子育てアプリの父親向け情報の整理と充実、母子健康手帳の活用などを行い、母親の心と体の変化を的確に捉え、父親が積極的に育児にかかわる環境整備を進めることを求めます。  5歳児健康診査、発達相談の実施は、3歳児から就学時までの子どもの発達には大きな差があることや、児童虐待リスクの早期発見の観点からも重要な施策と考えます。

札幌市議会 2019-10-09 令和 元年第二部決算特別委員会−10月09日-04号

札幌市におきましては、身体障害者手帳所持する聴覚障がい者を対象に、障害者総合支援法に基づく補装具費支給制度により補聴器の交付を行っております。また、平成26年4月からは、身体障害者手帳の交付対象とならない軽度、中等度の難聴がある子どもの保護者に対し、補聴器の購入または修理に係る費用を助成する事業を実施してきているところでございます。  

音更町議会 2019-09-20 平成30年度決算審査特別委員会(第3号) 本文 2019-09-20

延べ1,362人からの相談を受けたほか、紙ベースの母子手帳を保管するため、スマートフォンなどで情報管理ができ、さらに町より情報発信を行う電子母子保健手帳を新たに導入したところでございます。  産後ケア事業費については、デイサービス型の産後ケアに係る委託料でございます。利用者数は23人、延べ利用回数は56回でございます。  

音更町議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 2019-09-13

平成29年度から、保健センター内に子育て世代包括支援センターを設置して、妊娠、出産、子育てに対する不安や負担を解消するためのワンストップ相談支援を実施しておりますが、同センターでは、母子健康手帳の交付に合わせて、今後のサポート内容がわかる妊娠期応援プランを個別に作成し、安心して出産に臨んでいただけるよう取り組んでおります。  

札幌市議会 2019-06-25 令和 元年第一部議案審査特別委員会−06月25日-02号

現在、篠路出張所では、住民票や税証明などの発行、住所変更や婚姻、死亡などの届け出のほか、保健福祉関係では、児童手当の申請や母子手帳の交付などの業務を取り扱っております。  今回の業務拡充では、地域住民からのニーズが多いものや対応件数が一定程度見込まれるものを中心に選定いたしました。

音更町議会 2019-03-12 平成31年度予算審査特別委員会(第2号) 本文 2019-03-12

ただ、人数的なところが、聴覚の手帳交付者が今200ちょっとおられるということで聞いていまして、また、一緒に同一家族の方がおられるのかというところもちょっとこれから調べていかなくてはならないと思いますけれども、そういう聴覚者、障がい者の方がお1人で暮らしている場合には、そういうのも、戸別受信機のほうを対応させていただきたいと考えてございます。  

音更町議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 2019-03-06

こうした観点から、周囲の支えを必要としている家庭における虐待を未然に防ぐため、保健センターに設置している子育て世代包括支援センターでは、母子手帳の交付や訪問及び健診時に、全ての妊産婦や養育者を対象として、妊娠期や子育ての応援プランを作成して母子保健サービス情報提供等を行っております。  

札幌市議会 2019-02-25 平成31年第二部予算特別委員会−02月25日-02号

ヘルプマークの配付については、札幌市では、手帳の交付などを求めず、極力、簡素な手続としていただいたことは評価いたしますが、一方で、配付数を予測することが難しくなっているように思われます。これからは、最近まで散見された配付場所における在庫切れのような状況をできるだけ回避するため、計画的な作成、配付が重要と考えます。

札幌市議会 2019-02-08 平成31年第 1回定例会−02月08日-01号

議案第18号 札幌市電車乗車料金条例及び札幌市高速電車乗車料金条例の一部を改正する条例案は、先ほどご説明いたしました消費税等相当分の料金改定並びに精神障害保健福祉手帳の交付を受けている方及びその同行者に対し、本年4月1日から路面電車及び地下鉄の乗車料金を半額とする割引を実施するものであります。  

札幌市議会 2018-12-11 平成30年(常任)厚生委員会−12月11日-記録

この権限移譲によりまして、札幌市主体的に難病対策を行えるようになったことから、難病手帳の配付や申請手続における利便性の向上など、施策の充実が図られており、大変喜ばしいことだと考えております。  一方で、難病患者に助成する医療費については、国から2分の1の費用の補助があるものの、多額の財政負担が発生している状況と伺っております。今年度は約4億5,000万円の予算不足が生ずるというお話でございます。