6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

札幌市議会 2007-12-12 平成19年第 4回定例会−12月12日-05号

さらに、この間も、有事を想定した国民保護計画が議会に提案されたときには、市民戦時体制に組み込ませないことを求めて論戦をしてきました。私たちは、戦争をしないと決めた憲法第9条を守り抜く立場で運動し、議会でも平和を守るために力を尽くしてきました。引き続き、市民の皆さんの平和を守ってほしいという願いを実現させるために全力を尽くすことを申し上げまして、私の討論を終わります。

音更町議会 2006-03-24 平成18年第1回定例会(第4号) 本文 2006-03-24

今回の国民保護計画の作成は、地方分権地方自治の理念にも反するものではないかと、このように考えますけれども、国が示した指針に基づいて、全ての都道府県市町村に強制的に、いわゆる有事になったときに備えてということで、平時から、つまり戦争のない平和なときから戦時体制をつくり上げる、そのような訓練をするとともに、全ての国民地方自治体戦争に動員する、恐るべき内容を持っていると考えるものであります。  

音更町議会 2006-03-22 平成18年度予算審査特別委員会(第5号) 本文 2006-03-22

多くの国民は、戦争などすべきでないというふうに考えていると思いますけれども、国からの法的な裏づけを持って、有無を言わさず、その戦時体制に持っていかれる危険性をはらんだ内容だというふうに考えておりますので、最終的には、今、大きな問題になっている憲法を改正するというところまで関連していくであろうというふうなことも考えまして、この条例には反対をいたしたいと思います。  

音更町議会 2006-03-13 平成18年第1回定例会(第3号) 本文 2006-03-13

自治体では、住民の避難誘導に対する計画が課されておりますけれども、そればかりではなく、病院学校公民館など、地方自治体公共施設を米軍、自衛隊に提供したり、医療関係者や輸送関係者などを動員する計画など、平時から戦時体制を整えることを求められる内容であると言われています。地域住民はもとより、自主防災組織ボランティアをも有事に巻き込む危険な計画であると考えられます。  

  • 1