4505件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

帯広市議会 2019-02-08 平成31年 産業経済委員会-02月08日−02号

その後、国内では6月に承認案関連法案が成立し、政省令の改正を経まして7月6日に承認手続を終え、国内手続を同様に終えました日本、メキシコ、シンガポール、ニュージーランド、カナダ、オーストラリアの6カ国で、昨年12月30日に発効いたしました。  また、ことし1月14日にはベトナムも加わったほか、他の3カ国につきましても手続を進めているところでございます。  

帯広市議会 2019-01-16 平成31年 総務委員会-01月16日−01号

もう一つというのは、働き方改革関連法とかの成立もありますし、また中小企業さんのほうで2021年4月から適用も控えていますし、また雇用の確保というのがすごく厳しさが増しているということもございますので、そういった労働者確保に優先的に取り組むような必要性があるんだということ、マインドというんでしょうか、気持ちが変化しているということがあると思いますし、あと国が進めている取組みだということもございますので

帯広市議会 2018-12-18 平成30年第5回12月定例会-12月18日−06号

政務活動費の使途のさらなる透明性を図るため、本年8月から領収書等のインターネット公開を行ったほか、先ほど本市のがん対策の一層の推進を図るため、昨年来、議員政策研究会において重ねてきた議論や市民を初め関係機関との意見交換会での意見を踏まえ、条文化した帯広市がん対策推進条例が本市議会初の議員提案による政策的な条例として可決・成立を見たところでございます。

恵庭市議会 2018-12-17 平成30年  第4回 定例会-12月17日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号

○笹松京次郎議長 動議が成立いたしますので、今、挙手されている方、発言ですか。  発言じゃないですね。今の発言で終わりですね。  それでは、前田議員から提出されました動議については、動議として承認をいたします。  それでは、今、言われましたように、委員長報告のうち、議案第6号に対しまして、前田議員ほか2名から修正の動議が提出されました。  

帯広市議会 2018-12-13 平成30年第5回12月定例会-12月13日−05号

2017年昨年の5月、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の成立によって、一般職の会計年度任用職員制度が創設され、任用、服務規律などの整備を図るとともに、特別非常勤職員及び臨時的任用職員の任用要件の厳格化が行われ、あわせて会計年度任用職員については、期末手当の支給が可能となりました。

倶知安町議会 2018-12-13 倶知安町議会 会議録 平成30年 第4回 定例会(12月)-12月13日−06号

さらに、その後におきましては、町内会連合会との協議、また議会における木村議員、古谷議員、山田議員の関連した一般質問や、継続して委員会上での議論を踏まえ、本年7月におきまして町内会連合会とのやりとりの中では、それまで修正を加えておりました条例案をもう一度各町内会の意見を伺った上で、まず成立させて行動しましょうという結論に至ったところでございます。  

帯広市議会 2018-12-12 平成30年第5回12月定例会-12月12日−04号

◎池守康浩農政部長 TPP11につきましては、本年6月に国会において承認案及び関連法案が成立し、政省令の改正を経て、7月6日に国内の承認手続を終えております。日本以外の加盟国につきましては、10月31日に発効に必要となる6カ国目のオーストラリアが手続を終えたため、承認手続を行った6カ国で12月30日に発効することが確定したところであります。  

帯広市議会 2018-12-11 平成30年第5回12月定例会-12月11日−03号

今そのようにるる答弁いただいたところでありますけれども、障害者総合支援法の翌年には障害者差別解消法が成立しているわけであります。平成28年から施行され、現在に至っているこの障害者差別解消法でございますけれども、障害者総合支援法の目的を一層明確にし、地域共生社会を実現するために、障害者福祉計画の基礎となる障害ある人に対する差別の禁止と合理的配慮の提供義務を地方自治体に求めているわけでございます。  

帯広市議会 2018-12-10 平成30年第5回12月定例会-12月10日−02号

余りにも大規模だけを目指していくと、地域の農家の住宅が一、二戸しかない状況になったときに、農村コミュニティは成立しなくなります。この点は、非常に気になっております。  そこで市長にお尋ねをいたします。  新たな帯広市農業・農村基本計画においては、農家数の減少を念頭に置いて各種の計画を策定されると思いますが、どのような農村の姿を想定しているのか、お伺いをいたします。

音更町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第1号) 本文 2018-12-10

相手方との示談が平成30年11月15日に成立いたしましたので、同日付で、修理に要しました損害賠償の額の決定について専決処分をさせていただきました。  損害賠償の額につきましては2万1,957円でございます。損害賠償の相手方は、議案書に記載のとおりでございます。  御迷惑をおかけしたこと、大変申しわけなく、おわび申し上げます。  以上、報告とさせていただきます。  

恵庭市議会 2018-12-06 平成30年  第4回 定例会-12月06日−一般質問−03号

次に、今後の見通しについてでありますが、現在国会において審議されている出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法案が成立すれば、在留資格の要件が現在よりも拡大されることから、住民登録する外国人は、さらに増加するものと予想しております。  次に、ごみ処理手数料の改定についてお答えいたします。  

倶知安町議会 2018-12-03 倶知安町議会 会議録 平成30年 第4回 定例会(12月)-12月03日−01号

四つ目、その今次補正予算が成立されることを前提として、この事業費2,700万円の負担を約束されたのかどうか。それが、四つ目の質問です。  五つ目に、その道実行委員会は、オール北海道の取り組みとしております。しかし、北海道洞爺湖サミット、2008年の7月に行なわれた際に、推進組織である道民会議については、事業費費用負担3億8,500万円。

帯広市議会 2018-11-20 平成30年 建設文教委員会-11月20日−07号

今後において、可決成立した場合、市内の学校において、まだ設置されていない普通教室等への設置推進における教育委員会の見解を伺いたいと思います。 ◎篠原祥一施設担当課長 国の平成30年度の第1次補正予算におきまして、これまでの学校施設環境整備交付金とは異なりますブロック塀・冷房設備対応臨時特例交付金として、今回補正予算に限りまして措置されたものでございます。

札幌市議会 2018-10-24 平成30年(常任)建設委員会−10月24日-記録

そして、テレビニュースでの自民党の二階幹事長の発言では、12月10日を会期としてということになっていますから、恐らく、国のほうも、できるだけ早く災害復興の関連予算の成立を図っていくということになるだろうし、内容について言えば、熊本を下回るということで、北海道選出の国会議員は、党派を問わず、誰もよしなんて言わないだろうし、道民だって、このことを知れば、これはちょっと違うのではないかということになるのは

根室市議会 2018-10-23 平成30年 10月定例月議会-10月23日−02号

市長の所信表明でも述べられておりましたが、根室地域の念願であった北方領土問題などの解決の促進のための特別措置に関する法律が全会一致で成立をいたしました。これは、根室地域が事あるごとに、国会議員の皆さんに対して長年要望をしてきたことでもあります。市長もこのことについて、所信表明の中で、予算配分の重点化や組織の人員体制を整え、成果に導いていくというふうに述べられておりました。  

根室市議会 2018-10-12 平成30年 10月定例月議会-10月12日−01号

去る7月18日、北方領土問題等の解決の促進のための特別措置に関する法律の改正が国会において全会一致で成立をいたしました。根室地域にとって念願の法律改正であり、その成果を継承し、発展へとつなげるため、ここを土台として根室市を再興してまいります。時代の潮流を見据えたビジョンと大胆な政策展開を構想しながら、予算配分の重点化や組織の人員体制を整え、政策を一つ一つ実行に移し、成果に導いてまいります。  

帯広市議会 2018-10-01 平成30年第4回 9月定例会 決算審査特別委員会-10月01日−05号

これからも安定したばんえい競馬を運営していくためには、先ほど6番委員さんからもありましたけども、そこに出走する馬の確保、そして馬主さん、そして調教師、騎手、そして今、不足というお話もございましたが、厩務員といったばんえい競馬にかかわる方々がいて成立するということを、これまで何度も申し上げてきました。

帯広市議会 2018-09-28 平成30年第4回 9月定例会 決算審査特別委員会-09月28日−04号

これがきちっと事業として成立をして、スムーズに次の入居者が入ってくる、そしてまたそこがきれいになって、また建てられる、そういうような制度というか仕組みというのを帯広市としてきちっとやっていただきたいなと、そういう先進的な自治体になっていただきたいなと思います。  以上で終わります。 ○村田光成委員長 ほかに。 ◆3番(菊地ルツ委員) 私は、土木費です。