42件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

帯広市議会 2018-01-08 01月15日-01号

虐待者の続柄については配偶者によるものが最も多く、虐待内容で最も多いのは身体的虐待、次いで心理虐待となっております。 一方、養介護施設従事者による通報相談件数は、平成28年度2件、平成29年度1件、平成30年度ゼロ件となっております。そのうち虐待認定の件数は、平成28年度1件、平成29年度ゼロ件、平成30年度ゼロ件と、件数は少ない状況となっております。

札幌市議会 2017-02-06 平成29年(常任)文教委員会−02月06日-記録

虐待認定件数が増加した理由として、警察からのDV通告に伴う心理虐待の認定が増加したとされています。この案を見ますと、虐待通知の経路では、近隣や知人、親戚、学校等からの通告がふえているとなっております。  そこで、ふえている要因をどのように分析しているのか、伺います。 ◎天田 児童相談所長  近隣、知人からの虐待通告が寄せられている要因ということでございます。  

札幌市議会 2016-10-26 平成28年第一部決算特別委員会−10月26日-08号

虐待相談の中でもとりわけ心理虐待が増加しておりまして、これが924件と全体の6割を占めております。この要因でございますが、児童家庭内で面前でのDVを目撃したことによる心理虐待事案として警察からの通告が増加していることが主な要因となっていると考えております。  一方、警察を含め、関係機関市民からの虐待通告件数全体も増加しております。

札幌市議会 2015-07-17 平成27年第 2回定例会−07月17日-04号

面前DVに伴う心理虐待について、親の暴力を目撃した場合、子どもの健やかな成長を妨げることを懸念するが、増加傾向の中、より効果的な対策に取り組むべきと考えるが、どうか。ひきこもり地域支援センターについて、従来の支援とは違い、年齢区分はなく、相談窓口が明確化されることによりどのような効果を期待しているのか等の質疑がありました。  最後に、教育委員会についてです。  

札幌市議会 2015-07-14 平成27年第一部議案審査特別委員会−07月14日-05号

児童虐待防止の取り組みについては、早期発見・早期対応に結びつくよう、地域住民や関係機関に向けた啓発活動とあわせて、増加が著しい面前DVなどの心理虐待へのきめ細やかな対応など、相談支援体制の充実についても推進し、札幌市全体で子どもの問題に真摯に取り組んでいくよう要望します。  

札幌市議会 2014-03-24 平成26年第一部予算特別委員会−03月24日-09号

そこで、質問ですが、警察から受けた児童虐待通告のうち、DVに関する件数及びこのうち心理虐待として認定したのは何件か、また、全ての性的虐待の通告件数及びこのうち認定件数は何件か、2013年度の一番新しい数字がございましたら、そちらをお伺いしたいと思います。 ◎藤田 児童相談所担当部長  心理虐待と性的虐待の通告件数、それから、認定状況についてのご質問でございます。  

札幌市議会 2013-10-01 平成25年(常任)文教委員会−10月01日-記録

母親が精神疾患を患っていたということでありますが、子育て家庭生活を送る上での困難性への状況把握が適切であったのか、また、子どもたちも、元気で明るく、身体的虐待もなかったというお話を伺いましたが、母親の自傷行為を見聞きしていたでしょうし、それ以外のさまざまな出来事も含めて、幼い子どもたちの心の負担を考えると、私は心理虐待の可能性を早い段階から疑うべきであったと思っています。

札幌市議会 2012-10-16 平成24年第二部決算特別委員会−10月16日-04号

それから、内訳についてでありますが、虐待の種別においては、札幌市では、身体的な虐待が96件、割合で72.2%、次いで心理虐待が53件、39.8%、介護放棄、いわゆるネグレクトが40件、30.1%、次いで経済的虐待が36件、27%となっておりまして、性的虐待はゼロ件でございます。これは重複がございますが、複数の種別の虐待を受けている人が多い状況となってございます。  

札幌市議会 2010-06-01 平成22年第 2回定例会−06月01日-02号

例えば、児童相談所の調査によると、身体的虐待は、平成16年度と平成21年度と比較して2.5倍、心理虐待を入れますと2.8倍になっております。さらには、ネグレクトは、平成16年度と平成21年度の比較において2.5倍と、これも増加の一途をたどっております。学校のいじめ認知件数も、平成18年度以降、調査で特に中学校においては増加をしている状況でもあります。  

札幌市議会 2010-03-25 平成22年第一部予算特別委員会−03月25日-09号

まず、一昨年、札幌市内において、精神疾患の母親により、約8年間、軟禁状態に置かれた女児が、結果的に心理虐待ネグレクトの影響を受けて、この女児も精神疾患に至って保護されたという事案がありました。この事案は、その後、すぐに札幌市社会福祉審議会児童福祉専門分科会において検証が行われ、検証報告については、札幌市のホームページに掲載されております。