25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

倶知安町議会 2020-03-24 03月24日-05号

また、町村長に関しましては、未確認といいますか、直接町長から伺っているわけではありませんけれども、令和2年度後志町村といいますか、開発期成会要望事項の一項としてお酌み取りいただき、要望活動をしていただくやに伺っておりますが、直接聞いているわけではないので、この場をおかりして、ぜひ倶知安町並びに町村会開発期成会としても、そうした要望を上げていただけると幸いでございます。 以上です。

倶知安町議会 2020-03-19 03月19日-03号

そのほかに、8月には、後志町村主催基礎研修というものにも参加しているところでございます。 その町が主催する研修初任者研修というものは、過去にも民間企業へ派遣して研修をさせていただいたということの実績もございますけれども、現在というのは、公務員としてのその基礎的な知識を学ぶ研修というのが中心になってきているのかなというところでございます。

倶知安町議会 2020-03-18 03月18日-02号

2点目、応募数をふやすについてでありますが、一般事務正規職員については、原則、後志町村の行う1次試験合格者の中から、各町村における2次面接試験を経た上での採用となっており、後志町村や各町村ホームページなどの試験情報を見て応募してくるものと思われます。 また、同じく専門職職員に関しましては、町のホームページのほか、各学校の就職担当部署へ御案内をさせていただいているところであります。 

倶知安町議会 2019-09-18 09月18日-03号

後志町村で、設立に向けて。そのときに、当初、広域連合はどんな事務をやるのかということで規定していたのが、設立当初ですよ、広域事務ですよ。これを広域連合でやっていくのだと言ったのが13項目ありました。そのうちやってきて、これ不可能だな不可能だな不可能だなといって、どんどんと規約改正までして減らしていっているのですよね。取り組むべき事務。今は四つか五つくらいでしょう。13項目がね。

倶知安町議会 2019-06-18 06月18日-03号

◆7番(原田芳男君) そういう町長答弁の側面もあるとは思いますが、やはり倶知安高校を、やはり間口削減につながらないということも大事なことだというふうに思うので、ぜひ町としても考えるべきではないかなというのが一つと、それからやはり後志町村とか、それから山麓町村会とか、やはりそういうところの議題として、ぜひ提起していただいて、後志全体、山麓全体でやはり考えることも必要ではないかというふうにも思います

倶知安町議会 2018-09-19 09月19日-04号

最後は、これはそういった指標がないので、重々わかっていますけれども、そういった声を出していくことは必要なことだと思っていますし、間違ったことを言っているとは思いませんので、それは単独でないとしても後志町村なり、総合開発期成会等々通じた中でいいと思うのですが、ぜひ声を出すべきだと思いますが、もう一度、見解を聞かせてください。 ○議長鈴木保昭君) 西江町長

倶知安町議会 2017-06-19 06月19日-02号

当然、係長についても、必要な場合については一緒に同行して、先般も札幌管区気象台に、4月に突風が吹いて、もう少しその情報をきめ細かに出せないのかという形で、後志町村要望したときに、倶知安町としては防災担当係長一緒に同席して、その要望について聞いていただいたという形で、今後もそういう課長でなくて係長が出られるときには、そこは調整して、少し若い係長も、課長クラスはある程度流れとか、こんなことを聞いて

倶知安町議会 2016-12-13 12月13日-03号

三つ目として、職員基準人員を超えないようにするために補助職員を配置していませんかとの御質問ですが、職員採用において、一般事務職につきましては、後志町村で行われる1次試験に引き続き、町で実施する面接試験により、また、技術系職員については、町単独での論文及び面接試験により選考し、採用しております。 

倶知安町議会 2015-06-08 06月08日-02号

その後、後志町村主催研修として、採用6カ月経過職員対象とする新規採用職員研修に2名、採用後1年経過職員対象とする初級研修に9名の参加となっております。 そのほか、後志町村主催する研修として、採用後5年目の職員対象とする研修に6名、法務基礎研修に2名、法務応用研修に1名、北海道町村会主催する法務専門研修に4名、中級職員研修講師養成講座に1名参加しております。 

倶知安町議会 2014-09-12 09月12日-04号

この電気料金値上げ申請に関しましては、現在、経済産業省専門委員会の中で審査中となっておりますので、その推移を見ていきたいと思いますけれども、また、電気料金値上げが及ぼす影響は、私たちの町のみならず、全道全自治体の共通の課題であるというところから、まずは情報の把握に努めて、場合によりましては北海道町村会、それから後志町村を通じて、関係機関と連携した中で取り組んでいかなければならないのではないかなと

倶知安町議会 2014-09-10 09月10日-02号

それから、場合による、よらないにかかわらず、北海道町村会、それから後志町村を通じて、一団体だけで言っても、天下の北電独占企業ですから、1社ですから、やっぱりこれはそういった町村会を通じて、関係機関と連携した中で取り組んでいかなければならないのではないかなと、このように思っております。町村会のときには、私もお話をしたいと思っております。 

倶知安町議会 2012-12-11 12月11日-03号

まず、原子力防災協定立地町村と同様の内容と、こういうことについて、まず1番目の安全協定の一本化についてでありますけれども、後志管内16町村安全協定の締結の経過といたしましては、後志町村北海道に対しまして、泊発電所安全対策に関する情報の提供を求めたことから、道は北電と協議をすると、北電意見交換やモニタリングの実施、さらには、泊村などの4町村を除く後志管内16町村が参加するといった協定案を本年

倶知安町議会 2012-06-20 06月20日-04号

自治体の首長として、責任を持って脱原発社会を目指すのは当然のことでありまして、代替エネルギー政策を推進するため、後志町村として、北海道に対しまして原子力発電所安全対策後志が有する豊富な再生可能エネルギーを積極的に活用する趣旨の要望書をことしの3月27日付で提出いたしております。 しかしながら、短期目標では、原田議員一般質問答弁をいたしましたとおり、原発以外の主力発電火力発電であると。

倶知安町議会 2012-06-19 06月19日-03号

まず、泊原発に対する対応でありますが、後志町村として北海道北電に対しまして要望書平成23年の5月に提出をいたしておりまして、泊原発安全対策要望いたし、それからその平成23年の9月には、北海道北電に対しまして泊原発安全対策の強化と後志地方での再生エネルギー促進を求める要望書提出をいたしております。 

倶知安町議会 2012-06-18 06月18日-02号

次に、職員研修に関して、議員おっしゃる新人及び若手職員研修の一環に自衛隊の体験入隊を加えるべとの考えでありますが、これまで職員研修に当たっては、毎年度研修計画に沿い、特に新人職員にあっては職場内研修を初め後志町村実施をする基礎研修を初めとする、初級研修を受講させておりまして、また、北海道市町村職員研修センターなど実施する各種専門事務研修には、若年層中心に受講させている現状にもあります。 

倶知安町議会 2012-03-14 03月14日-04号

次は、第5期の介護保険事業計画広域連合介護事業についてでありますが、まず後志連合設立経過から、ちょっとくどいようですけれども、そこからちょっと申し上げたいと思いますけれども、笠原議員御承知のとおり、地方分権時代となりまして北海道では道州制特区の試みが始まりまして、事務権限の移譲がふえることが予想され、町村単独での対応することが困難な業務がふえることが推認される中で、後志町村基礎自治体としての

  • 1
  • 2