1261件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

帯広市議会 2019-02-13 平成31年 厚生委員会-02月13日−02号

◎戸田心こども課長補佐 今年度の4月1日時点では16名の待機児童が発生しております。7月1日時点で6名、10月1日時点で3名と減少してきておりまして、1月1日時点では変わらず3名が待機している状況でございます。  以上です。

音更町議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 2018-12-13

音更町においては、保育ニーズにあってはきちっと保育に、待機児童になることがないようにきちっとした保育を担保していくと、そういったことでやらせてもらっています。そして、当然小学校、中学校と行くわけですけれども、ここは教育委員会のほうの管轄になりますけれども、それで学校教育、そして地域においては社会教育、こういった形の中でそれぞれ対応させていただいていると。  

帯広市議会 2018-12-13 平成30年第5回12月定例会-12月13日−05号

次に、児童保育センターの基準の見直しについてですが、国におきましては、職員確保が困難になることにより、待機児童の解消が進まない自治体の現状を考慮し、職員配置や資格要件の基準を、従うべき基準から参酌するべき基準に変更する方向が示されました。本市におきましては、児童の安全や保育の質を確保するため、基本的にはこれまでと同様の基準で実施していく考えでございます。  

倶知安町議会 2018-12-12 倶知安町議会 会議録 平成30年 第4回 定例会(12月)-12月12日−05号

現在、本町で発生しております待機児童、そして保育士不足問題に対する私の認識や問題解決に向けた具体的な取り組み案については、町長も出席されました先日の保育所の特別委員会で述べたとおりです。特別委員会ではちょっと強い口調になりましたが、あれが今の現状に対する私の問題意識であります。  そこで、改めて以下の点についてお答えいただきたいと思います。  

倶知安町議会 2018-12-11 倶知安町議会 会議録 平成30年 第4回 定例会(12月)-12月11日−04号

4、「ぬくぬく」のゼロ歳児から2歳児の待機児童解消の見通し。  5、ファミリーサポート事業実施の見通し。  6、新システム移行による経費縮減を1,600万円見込んでいると当初の説明資料にありましたが、経費縮減額に変わりはないのでしょうか。  以上です。 ○議長(鈴木保昭君) 西江町長。 ◎町長(西江栄二君) それでは、木村議員の子育ての支援の行方について御答弁いたします。  

根室市議会 2018-10-31 平成30年10月 一般会計決算審査特別委員会-10月31日−02号

6%、勤務体系はいろいろあると思うんですけれども、フルタイムへの転換希望が25.3%となっており、母親の就労志向が高いことがうかがえると、こういうようなデータもありますし、また、ちょっと前後しますけれども、先ほど私も幼保小の連携という言葉を使わせていただいたのも、ここに書いておりまして、15ページですけれども、従来型の国の政策というのは、これからいろいろされると思うんですけれども、当市に関しては、待機児童

札幌市議会 2018-10-05 平成30年(常任)厚生委員会−10月05日-記録

この中で、保育園の待機児童対策、さらには、今回の子ども医療費助成等、若いお父さん、お母さんが子どもを産み育てやすい環境の充実を図ることが強く求められていることは言うまでもありません。  札幌市の少子化の現状について、私のほうで調査いたしました。  札幌市の平成27年の合計特殊出生率は1.18で、全国20の政令都市中、最下位であります。浜松市が1.61で全国ナンバーワンです。

札幌市議会 2018-10-05 平成30年(常任)文教委員会−10月05日-記録

待機児童の解消が喫緊の課題であることは共通の認識であります。だからこそ、ちあふる整備とともに、老朽化した木造の保育園を閉園するということでしたが、公立保育園を廃止するのではなくて、建て直すなど整備をして維持することが必要だと考えます。  よって、議案第13号は、反対いたします。 ○丸山秀樹 委員長  ほかに質疑はございませんか。  

帯広市議会 2018-09-25 平成30年第4回 9月定例会-09月25日−04号

待機児童を抱える保護者が発したと思われる2016年の新語、流行語にノミネートされ、世間をにぎわせた「保育園落ちた日本死ね」の言葉は、まだ記憶に新しい。あれから2年が過ぎ、待機児童数は厚生労働省によると、ことし4月1日時点で4年ぶりに減少し、10年ぶりに2万人を下回ったものの、待機児童の解消にはまだまだほど遠い状況だと思われます。  

旭川市議会 2018-09-21 平成30年 第3回定例会-09月21日−05号

この結果、平成18年度には264人と過去最多でありました保育所等の国定義の待機児童数が本年4月1日時点で解消したところであり、放課後児童クラブにつきましても、平成28年12月から待機児童ゼロを継続しているところでございます。  

倶知安町議会 2018-09-21 倶知安町議会 会議録 平成30年 第3回 定例会( 9月)-09月21日−06号

保護者からは、土曜保育の問題など不安の声が陳情や要望書などで何回となく寄せられましたが、解決する気がないのか、平成30年度の今も多くの待機児童が出ていると、特別委員会の審議で明らかになりました。土曜保育の早急な改善、待機児童の改善が求められます。  放課後児童クラブの実施はどうでしょうか。

旭川市議会 2018-09-20 平成30年 第3回定例会-09月20日−04号

特に、これまでも答弁で述べておりましたが、子育て支援の充実という部分について、待機児童の解消、あるいは、さまざま医療費の助成拡大などに力を注いできたり、あるいは、地域の経済の活性化という部分では、地場産業の振興から企業誘致、また、現在は産業団地の分譲に取りかかるなど、雇用の創出に向けても全力で取り組んできたり、空港の国際化に向けての取り組みですとか、あるいは、地域力の向上という部分で、まちづくり推進協議会

倶知安町議会 2018-09-20 倶知安町議会 会議録 平成30年 第3回 定例会( 9月)-09月20日−05号

(想定人数の変更、待機児童の有無など)  4、各施設における現場での保育士確保の課題と働き方改革関連法、いわゆる同一労働、同一賃金の影響について。  5、2019年10月から始まる就学前教育の無償化による予想される影響を伺います。 ○議長(鈴木保昭君) 西江町長。 ◎町長(西江栄二君) それでは田中議員の統合保育所と認定こども園についての御質問に御答弁いたします。  

帯広市議会 2018-09-19 平成30年第4回 9月定例会-09月19日−02号

初めに、議案第73号平成30年度帯広市一般会計補正予算(第3号)中、民生費では、待機児童対策事業に関し、本事業の対象者と求職活動者への対応の考え方、対象施設拡大や保育士確保など、さらなる保育環境の充実に努める考え、待機児童解消に向けた今後の考え方などについて質疑と意見がありました。