5818件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倶知安町議会 2021-01-28 01月28日-01号

町長、2月の広報町長からの緊急メッセージとしてこれを出す、折り込みするつもりなのです。 町長緊急メッセージは分かるのです。だけれども、一般町民コロナで熱が出ただとか、せきが出たのでという場合、どこに相談すればいいのかということを明示したらどうですかという話をしたら、「ここに書いてありますので、これを読むと町民が分かります」と。

石狩市議会 2020-12-17 12月17日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

議会広報特別委員長及び議会改革推進特別委員長から閉会中の所管事務継続審査申し出があります。 お諮りいたします。 議会広報特別委員長及び議会改革推進特別委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査にすることに御異議ありませんか。     (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長加納洋明) 御異議なしと認めます。 そのように決定いたしました。

倶知安町議会 2020-12-17 12月17日-05号

広報町民皆さんに、町報に折り込んで出しているやつ3枚分をやったのです。 これを見ると、随分、これはこんなにお金かかっているのか。これはもうちょっと節約しなければ駄目だなというのを思うのです。これは行政財産だけですから、一般財産入っていませんから。一般財産を入れるともっともっと管理費も含めて膨らむと思うのです。

根室市議会 2020-12-16 12月16日-02号

また、それぞれの御家庭においては、日本学生支援機構その他の奨学金につきましても併用されるなど、その経済状況等に応じて各種の奨学金制度を有効に活用されているものと承知しているところであり、そうした中、本貸付制度につきましても、当市における厳しい経済状況の下、引き続き学校やホームページ広報、報道等を通じましてそれぞれの御家庭周知を図ってまいりたいと考えております。 

倶知安町議会 2020-12-16 12月16日-04号

これをネット中継で生で見ている方もいらっしゃるでしょうし、次に発行される広報を読まれる方もいるでしょうし、いろんな形で今回のやりとりが町民皆さん周知されると思います。 今回は自己評価ですけれども、今回のやり取りを聞いた町民皆さんが、今度は他者評価をする番になります。ですから、私も今回のやり取りを後ほどじっくり分析しまして、他者評価させていただきたいというふうに思います。 

音更町議会 2020-12-15 令和2年第4回定例会(第4号) 本文 2020-12-15

なお、心身の健康に関する相談といたしましては、自殺を考える以前に、一刻も早く心の不調に気付き誰かに助けを求められるよう、広報9月号においてストレスから生じる「こころのサイン」や専門の相談窓口をお知らせしたところであり、町でも、体や心などの不安や心配ごとに関する相談について、来所や電話などで応じております。  

苫小牧市議会 2020-12-15 12月15日-06号

また、所得が高いことで児童扶養手当の支給を受けていない方につきましては、家計急変状況を把握することが難しいため、今後とも、広報とまこまいやホームページ関係機関窓口へのチラシ設置など、あらゆる媒体を用いて広く周知に努めてまいります。 ○議長金澤俊) 大野正和議員。 ◆10番議員大野正和) ありがとうございます。 

音更町議会 2020-12-14 令和2年第4回定例会(第3号) 本文 2020-12-14

また、十勝川水系全体といたしましては、既存ダム調節機能強化に向けた基本指針に基づき、治水ダム及び利水ダム事前放流実施方針、緊急時の連絡体制情報共有のあり方について、国、ダム管理者及び関係利水者による治水協定が本年5月に締結されており、本町に影響のある音更川上流の元小屋ダム糠平ダムについても含まれていることから、広報8月号でその内容について周知したところであります。  

倶知安町議会 2020-12-14 12月14日-02号

福祉医療課主幹遠藤佳子君) 坂井議員の御質問にあります、何か不調のときなどに病院に行く前に気軽に相談できる体制ということでは、これはがんに限らずなのですけれども、何か健康の面で心配がある場合などについては御相談いただきたいということで、常に広報、ホームページなどでは周知しているのですけれども、まだまだ足りない部分があると思いますので、いろいろな機会を見つけながら、私たちに相談ができるという体制

釧路市議会 2020-12-11 12月11日-04号

議長松永征明) 次に、議会広報特別委員長報告を求めます。 11番河合初恵委員長。 ◆11番(河合初恵議員) (登壇) 当議会広報特別委員会付議事件であります「議会活動広報に関する件」について、審査の経過を報告いたします。 当委員会は、閉会中の10月19日及び今会期中の12月10日に開催し、審査を行いました。 10月19日の審査においては、市議会だより第67号の紙面内容を確認しました。 

厚真町議会 2020-12-10 12月10日-01号

公募については、9月号の広報町ホームページで募集を行い、9月25日に参加表明書提出、10月9日に企画書提出を締切りとしておりました。 公募では、2社からの企画提案があり、書面による1次審査を経て、10月23日にプレゼンテーションによる2次審査を行い、活用事業提案者飲食業宿泊業及び自然体験の提供を提案したOpenTown厚真を選定し、古民家利活用方法等、詳細について協議を進めております。 

函館市議会 2020-12-09 12月09日-03号

保健福祉部長大泉潤) 今後の取組についてのお尋ねですが、国のワーキンググループが11月に取りまとめた報告では、先ほど申し上げました感染症に関する正しい知識の普及や啓発の強化に加え、相談体制強化個人情報の保護と蔓延防止に資する情報公表のバランスを取ることについて検討することを提言しておりますことから、国の議論や地域の実情などを踏まえ、今後におきましても、市のホームページはもとより広報紙やSNS

北斗市議会 2020-12-09 12月09日-一般質問-02号

しかしながら、新型コロナウイルス感染症に関連して、不確かな情報に惑わされて、人権侵害につながることのないよう、市民の皆様に対する正しい情報周知と冷静な行動の呼びかけは必要と考えておりますので、広報紙や全戸チラシホームページなど、機会あるごとに発信するとともに、国や他の自治体の人権侵害に対する対応状況を注視しながら、条例の必要性の有無を検討してまいります。