230件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-09-30 令和 元年(常任)文教委員会−09月30日-記録

いよいよ10月1日から、これまで我が会派が強く主張してきた幼児教育保育の無償化が始まります。全国300万人以上が対象となる幼児教育保育の無償化は、日本の教育施策の歴史的転換点とも言うべき大改革です。子育て支援、力強い少子化対策になり、保護者経済的負担の軽減が図られると大いに期待をするところです。  

音更町議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 2019-09-13

これらを踏まえ、町立、民間を問わず、国が保育水準の維持を目的として定めた保育所保育指針に基づき、幼児教育を含む保育全般に係る基本原則を踏まえて、子供健康安全を確保しつつ、一日の生活や発達の過程を見通し、年齢に応じた保育の内容を組織的かつ計画的に実施することで保育内容の充実を図るとともに、各施設設備及び運営の基準感染症やアレルギー対策に関するガイドラインの遵守を徹底し、適切な保育環境の維持と保育

札幌市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回定例会−06月19日-02号

一方で、待機児童対策幼児教育保育の無償化といった制度改正などによる扶助費が伸びているなど、毎年度の一般会計予算規模は増加し続けており、3年後の2022年には市制施行100周年という大きな節目を迎えますが、人口減少・超高齢社会という時代の転換期に直面し、今後は、経済規模の縮小や市税収入の減少が懸念される反面、医療介護を初めとした社会保障や、老朽化した都市基盤の更新等の行政需要が増加していくことが

札幌市議会 2019-05-29 令和 元年(常任)文教委員会−05月29日-記録

また、今年度10月から予定されています幼児教育保育の無償化に向けて、準備を万全のものとするため、統括及び関係部署との調整等に当たる担当係長を新たに設置しております。  続きまして、令和元年度の予算の概要についてご説明いたします。  お手元の資料4ページの一番上の1 予算総括表の一般会計の3段目の子育て支援部の欄をごらんください。  

音更町議会 2019-03-18 平成31年度予算審査特別委員会(第5号) 本文 2019-03-18

2項1目子ども・子育て支援臨時交付金につきましては、本年10月1日の消費税率引上げに合わせて実施されます幼児教育の無償化に伴う地方負担分として交付されるものであり、4千万円を見込んでいるものであります。  11款地方交付税につきましては、4.6%増の51億8,100万円を計上しております。

音更町議会 2019-03-13 平成31年度予算審査特別委員会(第3号) 本文 2019-03-13

認可外保育施設等利用料補助金につきましては、平成31年10月から幼児教育の無償化が実施される予定でございますが、認可外保育施設などにおいては完全に無償化されないことから、国の無償化制度を補完するため、新たに町独自で利用料の一部を、月額1万円を上限に利用者に補助しようとするものでございます。なお、この制度の新設に伴い、これまで施設に対して行っていた運営費の補助を廃止いたします。  

札幌市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会−03月06日-06号

幼児期の家庭教育支援に当たっては、幼児教育センターや市立幼稚園における教育力向上につながる子育て支援が重要と考えるが、どのような取り組みを行っているのか。学校における性別によらない名簿について、性的マイノリティーの子どもたちの不安軽減に寄与するものであり、安心して過ごせる環境づくりにも資することから、全校で積極的に導入すべきと考えるが、どうか。

札幌市議会 2019-03-05 平成31年第二部予算特別委員会−03月05日-06号

この予算案は、公明党が強く求めていた低所得者、子育て世代向けのプレミアムつき商品券の発行など、消費税引き上げに伴う需要のばらつきを滑らかにする平準化対策が盛り込まれたほか、幼児教育保育の無償化を初めとした全世代型の社会保障制度の拡充、防災減災、国土強靱化対策に重点を置いております。  

札幌市議会 2019-03-05 平成31年第一部予算特別委員会−03月05日-06号

まず、幼児期の教育における子育て支援の取り組みについては、親が安心して子育てができる支援が大切であり、また、特別な支援を要する児童も増加傾向にあることから、早い時期からの丁寧な支援や教育相談が必要と考え、幼児教育センターと市立幼稚園家庭教育力を高める支援を充実するべきと考えます。

音更町議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 2019-03-04

本年10月から予定されている幼児教育の無償化につきましては、認可保育についても一定の支援を行うこととしております。  施設整備につきましては、学校法人帯広葵学園が運営する認定こども園緑陽台保育園の園舎改築に対して助成をいたします。  新たに民営化する柳町保育園及び民間事業者に委託するへき地保育所の運営について、引き続き適切な運営が行われるよう支援してまいります。  

札幌市議会 2019-02-21 平成31年(常任)文教委員会−02月21日-記録

私も幼児教育の現場におりましたので、卒園児がこうした家庭的な雰囲気なら入れると言ってお世話になったケースも見ておりますので、札幌市には、制度の見直しも含め、ぜひとも力強い後押しに積極的にかかわっていただき、支援していただくことを求めまして、質問を終わります。 ◆太田秀子 委員  私からも、4点質問させていただきます。  

札幌市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号

本年10月に予定されている消費税率引き上げに関しても、地域における消費を喚起するためのプレミアムつき商品券の発行を予定するとともに、新たに幼児教育保育の無償化に取り組むこととするなど、適切な対応を図っていると考えるところであります。こういった目配りをした新年度予算案については、誰もが安心して暮らせるまちを目指した安心生活予算として、我が会派としても評価できるものであります。  

札幌市議会 2019-02-18 平成31年第 1回定例会−02月18日-02号

閣議決定された平成31年度の政府予算案は、一般会計総額において、前年度比3.8%増の101.5兆円と初めて100兆円を超え、一般歳出では、社会保障関係費が前年度から1.1兆円増の34.1兆円となったものの、このうち、幼児教育の無償化や社会保障の充実を除いた実質的な伸びは0.4兆円余と、高齢化による増加分におさめるという目標を達成したところであります。