1758件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-11-05 令和 元年(常任)建設委員会−11月05日-記録

生産年齢人口の減少が加速することを背景に、さまざまな業界で人手不足、人材不足が懸念されており、排雪作業に欠かせないダンプトラックの運送業界についても、当然、例外ではなく、作業を持続可能なものとしていくためには、ダンプトラックの運搬距離の低減や台数の縮減につながる取り組みは、確かに非常に重要であります。  

札幌市議会 2019-09-30 令和 元年(常任)総務委員会−09月30日-記録

この場合、空白期間とか年齢制限といったようなものを設けることはありませんが、同一職場に長期間在籍することによる弊害を避けるといった観点から、同じ部での勤務は3年を限度とするというものであります。  そこで、ご質問の現在在職している非常勤職員雇用ということでありますが、現行制度上の任用限度までは必要な能力実証を経た上で、引き続き再度の任用を可能といたします。

音更町議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 2019-09-13

これらを踏まえ、町立、民間を問わず、国が保育水準の維持を目的として定めた保育所保育指針に基づき、幼児教育を含む保育全般に係る基本原則を踏まえて、子供健康安全を確保しつつ、一日の生活や発達の過程を見通し、年齢に応じた保育の内容を組織的かつ計画的に実施することで保育内容の充実を図るとともに、各施設設備及び運営の基準感染症やアレルギー対策に関するガイドラインの遵守を徹底し、適切な保育環境の維持と保育

音更町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 2019-09-12

平成27年の国勢調査によりますと、町内における建設業従事者数は、就業者人口の約8.8%に当たる1,887人で、22年の調査時点から164人、率では0.9ポイント減少しており、その平均年齢は49.64歳で、前回調査よりも1.53歳上昇しています。年齢別では39歳以下の割合は25.1%で、前回から5.5ポイントの減少、また、60歳以上の割合は25.4%で、4.1ポイントの上昇となっております。

札幌市議会 2019-07-02 令和 元年(常任)総務委員会−07月02日-記録

内訳をごらんいただきますと、生産年齢人口が減少してきており、近年、老年人口が増加している状況でございます。その下に、札幌市人口増加数の推移という棒グラフを記載しておりますが、1970年近辺をピークに減少基調にあり、2010年から2015年の5年間では3.8万人の増にとどまっている状況でございます。  次に、2の札幌市人口動態についてです。  

札幌市議会 2019-07-01 令和 元年第二部議案審査特別委員会−07月01日-04号

また福岡市の例になりますが、福岡市は、生産年齢人口における15歳から39歳の割合が32.6%と大変高く、これにはもちろんさまざまな要因があるとしても、創業をふやすことで雇用を生み出し、そこにまち全体が新しいことにチャレンジしている気運をつくり出すことが、さらに相乗効果となって若者が引きつけられているのではないかと考えております。  

札幌市議会 2019-07-01 令和 元年第一部議案審査特別委員会−07月01日-04号

今回の一時金の対象とする年齢についても、何年目から何年目までを対象とすればよいのかなど、いろいろな考え方があるのではないでしょうか。  そこで、質問ですが、一時金について、支給対象年次を3年、6年、9年と設定したことについて、どのような考え方に基づいているのか、まず、お伺いいたします。 ◎押見 支援制度担当部長  一時金給付事業の支給対象年次の考え方についてのご質問でございます。  

札幌市議会 2019-06-27 令和 元年第一部議案審査特別委員会−06月27日-03号

しかし、インターネット情報端末の利用が高齢者には難しいということは多々あることでありますし、年齢や生活環境などさまざまな事情からICTを使うことが難しい市民は、今後ますますふえていくことは明らかと考えます。  こうしたことから、私は、ICTの導入が進むほど、市民情報格差がより広がる懸念もあると考えるところです。

札幌市議会 2019-06-26 令和 元年(常任)文教委員会−06月26日-記録

そこで、児童福祉司の平均年齢と経験年数がどのようになっているのか、お伺いいたします。 ◎高橋 児童相談所長  札幌市児童相談所の児童福祉司の平均年齢でございますが、この6月末現在においての平均年齢は30.8歳となります。また、今月末での平均の経験年数は1.59年という結果になります。 ◆村上ひとし 委員  平均年齢が30.8歳で、経験年数が1.59年、1年半ということだと思います。

札幌市議会 2019-06-25 令和 元年第二部議案審査特別委員会−06月25日-02号

◆太田秀子 委員  私からも、子どもの医療費助成の対象年齢拡大にかかわり、3点質問いたします。  先ほど救急搬送とか適正な受診などが質疑の中でありました。私も、この質問をつくるに当たり、いろいろ調査しましたけれども、時間外や夜間に受診したケースはどの年齢階級でも今は減っているのですね。数として、やはり多いのはゼロ歳から4歳です。

札幌市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回定例会−06月20日-03号

障がいの有無だけでなく、年齢国籍など、さまざまな違いを超えて、全ての市民安全に安心して暮らせるよう共生社会を実現することが重要であります。  そこで、質問ですが、オリンピック・パラリンピックの招致を機に、共生社会の実現に向け、どのように取り組んでいくつもりか、伺います。  次に、来年2月に開催されるスペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム北海道大会について伺います。  

音更町議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-19

多分議員もその状況の発言の中身を見られているかなというふうに思うんですけれども、女性だからといって、女性がどんな感性を持っているかというと、こっち側から勝手にくくってしまうんですけれども、最近のユークラブの皆さん方と、40人ほどの、年齢的には60歳から70歳、幅広い年齢ですけれども、一番関心を持っていたのは241号線の事故対策に対する無電柱化のこの場面でした。

音更町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-17

なぜこの支援するプランを厚生労働省が策定したかといいますと、2040年問題、これは、65歳の年齢がピークに達する、36%、ピークに達するということで、国の事業として就職氷河世代の就労を支援するプランということで策定していますけれども、このプランの中に、市町村ベルでもきめ細かい支援体制を構築するようにというふうに明記されております。  

札幌市議会 2019-06-13 令和 元年第 2回定例会−06月13日-01号

特に、歯どめのかからない少子化に加えて、20歳代の若年層について、就職などを契機とした首都圏を中心とする道外への転出超過が続いていることもあり、15歳以上65歳未満の生産年齢人口については既に減少に転じている状況であります。  また、平成の時代は、昨年の北海道胆振東部地震を初めとした大きな地震や、大雨などの自然災害に多く見舞われた時代でもありました。