5385件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-12-19 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 2019-12-19

2の改廃の背景でございますが、国は、地方公共団体における公営企業の基盤強化及び財政管理体制の強化を図るため、平成26年8月より公営企業会計の適用を推進しております。これを受け、本町におきましても簡易水道事業に公営企業会計を適用させるため関係条例の改廃を行おうとするものでございます。  3の改廃の内容等でございます。  

音更町議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 2019-12-13

時間も迫ってまいりますのでなるべくスムーズにいきたいなと考えているんですが、平成28年度台風、そして平成30年度ブラックアウトの復興を踏まえてこちら宿泊プランが行われていたものでございますが、それをなぞらえて今回120年記念の、復興という形ではなくて120年記念の目玉商品としての事業という立場でできないかどうか、これについてお答えをお願いいたします。

札幌市議会 2019-12-12 令和 元年総合交通政策調査特別委員会−12月12日-記録

札幌市総合交通計画は、道央都市圏7市3町で平成22年3月に策定した都市交通マスタープランや本市の上位計画を踏まえ、平成24年1月に策定したものでございます。第1編の20年後を想定した将来交通に関する基本的な考え方と第2編の10年間の交通戦略から構成され、札幌市交通に関する個別計画を策定、実施する上での指針となるものでございます。  

音更町議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第1号) 本文 2019-12-11

まず、行政不服審査制度は、平成28年4月の法改正により見直しをされております。主な変更点といたしましては、不服申し立ての手続が、従前の異議申し立てと審査請求の2本立てであったものが審査請求に一本化されたこと、それから、審査請求ができる期間が60日以内から3カ月以内に延長されたこと、それから、行政不服審査会等の諮問機関の設置をすることなどが上げられております。  

札幌市議会 2019-12-11 令和 元年第 4回定例会−12月11日-05号

伊藤友章氏は、現在、北海学園大学経営学部教授をされているほか、日本経営診断学会北海道部会長をされている方で、平成28年12月から札幌市土地利用審査会委員に就任されております。  小川淳子氏は、札幌市緑の審議会委員等を歴任され、現在、北海道大学大学院農学研究院准教授をされている方で、平成28年12月から札幌市土地利用審査会委員に就任されております。  

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)経済観光委員会−12月09日-記録

◎渡邉 事業管理部長  無料とする幼児の人数を4人とした理由ということでございますが、平成27年の国勢調査によりますと、札幌市では、子どもがいる世帯のうち、子どもが4人以内の世帯の割合は約99%でありまして、無料とする同伴幼児の人数を4人とすることにより、子どものいる世帯の幼児がほぼ全て無料の対象になると考えられ、全国的に見ても子育て世帯への支援という観点では十分な水準のものである、このように考えてございます

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)厚生委員会−12月09日-記録

◎佐々木 高齢保健福祉部長  屯田西老人デイサービスセンターが公設施設としてどのような役割を果たしているかというお尋ねでございますけれども、まず、デイサービス事業というのは、創設当初、老人福祉法におきまして市町村が行うものとされておりまして、平成6年1月、屯田西老人デイサービスセンターが開設されたときには、札幌市内でデイサービス事業を行う施設は17施設でございました。  

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)文教委員会−12月09日-記録

昨年度、平成30年度における実績でございますが、1カ月ごとの平均につきましては合計で約7,700回、これを1カ月当たりの実人数にいたしますと、約1,600人に対して支給しているところでございます。 ◆長屋いずみ 委員  全市で平均すると1カ月7,700回ということでした。  では、次の質問に入ります。  

札幌市議会 2019-11-28 令和 元年第 4回定例会−11月28日-01号

これは、札幌駅前通地下歩行空間について、災害時における一時滞在施設としての機能を向上させるため、非常用自家発電設備の整備を行うとともに、北海道胆振東部地震により損壊した家屋を撤去するための経費や、難病治療に要する医療費への助成に係る経費に不足が見込まれますことから、これらに係る費用を追加するほか、後期高齢者療養給付費負担金について、平成30年度分の精算に伴う不足分を追加するものであります。  

札幌市議会 2019-11-28 令和 元年(常任)厚生委員会−11月28日-記録

この指標の現状値は、平成29年度に実施した健康づくりに関する市民意識調査の回答結果に基づくものであり、5年後の同様の調査で目標値に近づくよう、受動喫煙対策を推進してまいりたいと考えております。 ○太田秀子 委員長  それでは、質疑を行います。 ◆こじまゆみ 委員  私から、数点にわたって質問させていただきます。  

札幌市議会 2019-11-15 令和 元年(常任)財政市民委員会−11月15日-記録

人口1人当たりの建設債残高は、2041年にピークとなりまして、人口1人当たり約44万8,000円と、現在の約30万円と比較して1.5倍に膨らみますが、過去のピークが平成14年、2002年の約49万8,000円ですので、その範囲内にはおさまる見通しでございます。  次に、14ページの5 長期的な財政見通し(歳入、経常的経費や政策的経費を含む)をごらんください。