47件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2020-03-24 令和 2年第一部予算特別委員会−03月24日-04号

本市では、2月28日の第11次札幌環境審議の第4回会議に、仮称)札幌気候変動対策行動計画素案資料として出され、札幌エネルギービジョン札幌温暖化対策推進計画札幌市役所エネルギー削減計画を統合し、改定するものとし、2050年のCO2削減目標を引き上げ、実質ゼロにするゼロカーボン都市を掲げるとしています。  

石狩市議会 2019-09-10 09月10日-一般質問-03号

本市としましては、環境影響評価法にもとづく市町村意見として、石狩環境審議からの意見を踏まえるとともに、ゾーニング計画に適合する事業計画とするよう、今後、求めてまいります。 また、他事業計画においても事前に相談があった場合には、ゾーニング計画を示し、適合する事業計画とするよう申し入れてまいります。 最後に、海洋資源保護海洋域自然保護に関する規制やガイドラインについてお答えいたします。 

札幌市議会 2017-09-20 平成29年(常任)総務委員会−09月20日-記録

この改定に当たり、8月に札幌環境審議より最終答申をいただいておりますが、本日はこの計画素案につきましてご報告するものです。  それでは、詳細につきましては、お手元に配付いたしました資料に基づき、所管部長から説明させていただきます。 ◎大平 環境都市推進部長  第2次札幌環境基本計画素案についてご説明いたします。  A3判の資料をごらんください。  

札幌市議会 2017-03-27 平成29年第一部予算特別委員会−03月27日-09号

学識経験者市民団体などで構成されております札幌環境審議でのご意見や、市民ワークショップでの市民皆様意見を踏まえながら、現在検討を進めている第2次札幌環境基本計画は、計画骨子を作成したところでございます。この骨子では、健康で安全な環境の確保を基本としつつ、持続可能な都市の形成に向けまして、低炭素社会循環型社会自然共生社会実現施策の柱としてございます。  

石狩市議会 2015-12-02 12月02日-一般質問-02号

こういった市との違いにつきましては、低周波音に関しましては、環境省において参照値を用いているのですが、苦情対応への目安として示されておりますが、一方で、環境アセスメント環境保全目標値などとして策定したものではないという通達もございまして、また、さらに低周波音につきましては、石狩環境審議においても議論されておりますが、現時点で未解明な点も多く、明確な基準等が定められていないことなどから、市の意見

札幌市議会 2014-12-09 平成26年(常任)総務委員会−12月09日-記録

計画進行管理につきましては、図13のとおり、札幌環境審議環境保全協議会を通じた庁外議論も含めて、毎年度、確実に進めてまいります。また、下段の表5でありますが、より的確な進行管理を図るため、家庭、産業・業務、運輸の3部門の成果指標につきましては、まちづくり戦略ビジョン及びエネルギービジョンとの整合を図りまして、2022年を目標年とする短期的な目標水準を設定いたしました。  

旭川市議会 2014-07-02 07月02日-06号

森田裕子氏は、昭和46年3月、苫小牧駒澤短期大学英文科を卒業され、現在は、特定非営利活動法人旭川NPOサポートセンター理事をされる傍ら、旭川環境審議委員として活躍されている方であります。 森田氏は、人格、識見ともにすぐれ、また、人権擁護に深い理解と関心をお持ちで、人権擁護委員として適任であると考えますので、何とぞ御賛同を賜りますようお願い申し上げます。

石狩市議会 2014-06-26 06月26日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

初めに、平成23年3月の東日本大震災の津波による福島第一原発事故以来、国を挙げて自然エネルギーへの転換が進められており、その一つである風力発電施設建設にかかわる環境への影響については、実施事業者及び計画事業者環境影響評価法に定められた所定の手続きにのっとり、それぞれ個別の計画について環境影響評価を行い、石狩環境審議において審議され、石狩市としての意見を述べており、建設及び建設計画の是非について

札幌市議会 2014-05-27 平成26年(常任)総務委員会−05月27日-記録

その際にいただきましたご意見や、その後の札幌環境審議での審議庁内議論を踏まえまして札幌市案を策定いたしましたので、本日はその内容パブリックコメント実施につきましてご報告させていただきます。  今後、本日のご意見パブリックコメントなどによります市民意見を反映し、札幌エネルギービジョン策定してまいりたいと考えておりますので、ご審議のほどをよろしくお願い申し上げます。  

札幌市議会 2013-12-05 平成25年 第4回定例会−12月05日-04号

新たな温暖化対策実行計画策定に当たりましては、温室効果ガスの大幅な削減に寄与するエネルギー基本計画施策整合を図るとともに、有識者や市民事業者などで構成されます札幌環境審議などからも幅広くご意見をいただきながら新たな削減目標を定めてまいりたい、このように考えているところでございます。  

石狩市議会 2013-02-26 02月26日-議案説明、質疑-01号

なお、この改正案につきましては、環境審議に諮問し、妥当との答申を受けていることを申し添えさせていただきます。 次に、議案第25号地域社会における共生実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例案について申し上げます。 

札幌市議会 2012-12-25 平成24年(常任)総務委員会−12月25日-記録

検討経過ですが、平成23年度に、市民事業者意識調査自然環境等基礎調査を行い、市民活動団体などとのワークショップでご意見をいただくとともに、札幌環境審議生物多様性部会を設置して検討を進めてきたところでございます。  A3判の資料1をごらんください。  ビジョン(案)の概要についてご説明をいたします。  全体で5章の構成となっております。  

札幌市議会 2012-12-07 平成24年第 4回定例会−12月07日-05号

現在、生物多様性さっぽろビジョン札幌環境審議において議論されており、今年度中に策定される予定です。学識経験者の方が、重要な環境一つとして低地部の湿地を指摘しており、ビジョン策定後は、開発等により生活環境を奪われてきた希少種保全、復元など、札幌生物多様性保全に向け、みどりの基本計画水環境計画等と連動し、積極的な取り組みが期待されるところです。  

石狩市議会 2011-12-14 12月14日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

改正の主な内容としては、本条例対象範囲を「石狩川河口周辺」から「厚田区及び浜益区」までを含む本市全域海岸とするため、条例名を「石狩海浜植物等保護条例」とし、「河口地区」を「海浜植物等保護地区」に、また、保護地区指定に当たっては、石狩環境審議意見聴取条項を加えるなど、所要改正をするものです。 質疑の主なものは、次のとおりであります。 

札幌市議会 2011-12-07 平成23年第 4回定例会−12月07日-04号

環境基本計画施策を盛り込むということについては、現在、大気中の汚染放射線量のモニタリングなどを行っておりますし、汚染状況実態把握に努めているところでありますが、国において検討されております放射性物質に関する法律整備などの動向を見きわめて、今後、予定しております計画改定において、札幌環境審議による意見を踏まえまして検討していきたい、このように考えております。  

石狩市議会 2011-11-30 11月30日-議案説明、質疑-01号

改正の主な内容といたしましては、本条例対象範囲石狩川河口周辺から厚田区及び浜益区までを含む本市全域海岸とするため、条例名石狩海浜植物等保護条例とし、河口地区海浜植物等保護地区に、また、保護地区指定に当たっては、石狩環境審議意見聴取条項を加えるなど、所要改正を行おうとするものであります。 よろしく御審議を賜りたいと存じます。