2013件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-11-29 令和 元年冬季オリンピック・パラリンピック招致調査特別委員会−11月29日-記録

小学校5年生、6年生を対象とした子どもワークショップのほか、全市レベルの大規模市民ワークショップ、さらには、各区での区民ミーティングを実施し、合計で約1,200名もの市民の皆様にご参加いただきました。また、10月11日に開催したシンポジウムでは、ワークショップで出された意見の振り返りやパネルディスカッションなどを行ったところです。  次に、資料2−2をごらんください。  

札幌市議会 2019-11-05 令和 元年(常任)建設委員会−11月05日-記録

このほか、小学校が指定する通学路のうち、児童数が多く、シーズンを通して歩行空間が確保できない路線269キロについて、通学路排雪を実施することとしております。そのほか、パートナーシップ排雪に伴う幅員10メートル以上の排雪延長として499キロ渋滞解消を目的とした主要な交差点排雪を255カ所予定しております。

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年(常任)総務委員会−10月25日-記録

また、子どもを健やかに育てるまちづくりを進めるために、小学校における少人数学級の拡大に取り組むとともに、児童虐待により的確に対応するために、第2児童相談所の整備や各区の相談体制強化に取り組んでまいります。さらに、介護保育などの人手不足に対応していくために、人材確保に関する啓発や事業者支援などを進めてまいります。

札幌市議会 2019-10-24 令和 元年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−10月24日-記録

札幌市小学校では4年生、来年からは3年生を対象に社会科の学習でこうした場所を訪れるところがふえているとのことですので、今後、リニューアルを機にこうした取り組みが拡大していくこと、また、ホリデーテーリングなどのイベントでもこうした防災教育を行っていくことも有効かと思われます。このような取り組みは、辛抱強く積み重ねていくことが必要ですが、今後もさまざまな工夫を図っていただきたいと思います。  

札幌市議会 2019-09-18 令和 元年総合交通政策調査特別委員会−09月18日-記録

自宅の真上を飛行機が飛んで不安だという住民の声や、小学校の近くを飛行機が低空で飛んでいて危険だし、すごく恐怖なのだという住民の声をしっかりと受けとめる札幌市であっていただきたいなと申し上げまして、私の質問を終わらせていただきます。 ◆石川さわ子 委員  丘珠空港の利活用検討について、何点か質問させていただきます。  

札幌市議会 2019-09-17 令和 元年(常任)財政市民委員会−09月17日-記録

次に、議案第26号 芸術の森小学校新築ほか工事の件でございます。  工事概要でございますが、主な建物の構造規模は、鉄筋コンクリートづくり、地上3階建て、延べ面積は8,969平方メートルでございます。  契約の相手方は伊藤組土建株式会社契約金額は22億6,600万円となっております。また、竣工期限は令和3年3月5日でございます。  次に、議案第27号 新陽小学校改築ほか工事の件でございます。  

音更町議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 2019-09-13

最後に、個別施設等として小中学校の統廃合及び木野支所についてでありますが、小中学校につきましては、この計画の策定時には閉校する予定の学校はありませんでしたが、その後、2校について、児童数の減少による地域からの要請があり、昭和小学校の音更小学校への統合が決定するとともに、南中音更小学校が駒場小学校へ統合することとして事務が進められております。

音更町議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 2019-09-10

次に、南中音更小学校の閉校及び統合について申し上げます。南中音更小学校は、昭和7年に中音更尋常高等小学校所属南中音更特別教授場として開校以来、90年の長い歴史と伝統を有し、学びやから巣立った数多くの卒業生は、それぞれ社会の有能な人材として活躍されております。  しかし、近年は児童数の減少傾向が続き、今後も回復が見込めない状況にあります。

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年第一部議案審査特別委員会−07月03日-05号

不登校の子どもや家庭への支援を行う相談支援パートナー事業の小学校への拡充は、児童の発達段階から考えて、柔軟で弾力的な対応が必要です。人材確保や相談支援パートナーへのサポート、相談支援パートナーと学校の連携など、今後想定される課題を改善するとともに、不登校の子どもたちの社会的自立に向けた取り組みを進めることが必要です。  

札幌市議会 2019-07-01 令和 元年第二部議案審査特別委員会−07月01日-04号

具体的には、初めて本格的にスキー場でのスキー学習が始まる小学3年生の児童を対象として、リフト料金が1,000円割引となる助成券を全員に1枚配付するとともに、札幌市小学校体育授業では体験する機会のないスケートについても、貸し出し靴の料金300円が無料となる助成券を小学3年生の全児童に1枚配付する事業です。  

札幌市議会 2019-06-25 令和 元年第二部議案審査特別委員会−06月25日-02号

山口 感染症担当部長  おたふく風邪ワクチンの助成制度の内容についてでございますが、おたふく風邪ワクチン接種の推奨年齢は、国の審議会日本小児科学会によりますと、1歳と小学校就学前の1年間の2回とされております。  札幌市といたしましては、遅くとも保育園などで集団生活を開始する前には接種することが望ましいと考えております。

音更町議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 2019-06-21

8款教育費、1項教育総務費、4目施設管理費の15節工事請負費に167万4千円の追加につきましては、鈴蘭小学校屋内運動場のパネルヒーターが1台経年劣化により破損し、修理が不可能な状況であることからこれを更新しようとするものであります。  2項小学校費、2目学校建設費の15節工事請負費に7,127万6千円の追加につきましては、柳町小学校大規模改修事業に係る増額補正であります。

音更町議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-19

あとは、保育園で、言ってみれば父母の皆さん方からお話を伺ったときは、小学校であったり中学校であったりという中での給食、それの食育という中での地産地消、こういった中で、むしろ幼児からやるのが姿勢じゃないのかということを教えられて、早速去年から保育園に対しても地産地消という部分での町の食材を使ってそれを取り組んだというのも、これも大きなことだったかなというふうにも思っております。