3426件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

函館市議会 2030-09-17 09月17日-04号

文部科学省が公表しております廃校施設活用状況実態調査の結果によりますと、毎年、全国では約500校ほどの学校廃校に至り、全国自治体におきましても廃校施設有効活用課題となっております。 本市におかれましても、児童数の減少は著しく、統廃合は今後やむを得ない状況にあると思っております。その中で、廃校になってから、この本市においても活用が図られず遊休施設となっているところもあるかと思われます。

函館市議会 2030-09-13 09月13日-03号

本市においては、ひきこもりの実態調査等は実施しておりませんが、若者や中高年のひきこもりの課題広範多岐にわたるため、その相談支援に当たっては、生活や福祉、就労医療、司法、教育等の幅広い関係機関、部局が連携し、対応していかなければならない問題であると認識しております。 以上でございます。 ◆(浜野幸子議員) 御答弁ありがとうございます。 

石狩市議会 2026-12-13 12月13日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

15.新港地域における就労者実態調査実施について。16.交通施策推進事業費内訳について。17.自転車活用推進事業費内訳について。 企画経済部産業振興担当所管では、1.新規学卒者採用企業免許取得支援事業が実績0の理由について。2.石狩シルバー人材センター拠出金考え方について。3.職場定着支援セミナーの成果と若手社員定着状況について。

根室市議会 2024-12-11 12月11日-02号

いろいろと無償化について、私たち党として11月、まだやっているんですけども、無償化に関する実態調査をやっております。その中で、全国国会議員を含めて、地方議員を含めてやっております。やはり負担が減った、これが66.2%、それと負担がふえた、変わらない、いろいろあるんですけども、約9割以上の方が利用者については負担が軽減されたという実態調査があります。

函館市議会 2023-12-12 12月12日-05号

子ども未来部長佐藤ひろみ) 子ども生活実態調査に基づく政策立案の事例についてのお尋ねでございます。 平成29年に実施した子ども生活実態調査については、本市子供貧困実態について把握し、今後の施策展開基礎資料とするため実施したものであり、その結果については、家族形態別年収階層別集計も行ったところであります。 

北広島市議会 2020-12-15 02月26日-02号

帯広市などでは、市が商工団体と連携して、市内事業者実態調査実施しております。これは全国においても振興条例に基づいて実態調査を行い、その実態調査に基づいた計画を策定して商工業者振興を図っているという自治体が、非常に増えてきている現状です。北広島市においても、市内事業者営業実態課題要望把握のための聞き取り調査実施すべきと考えますが、市長見解をお伺いします。 

北広島市議会 2020-12-15 12月11日-03号

全体像を把握するため、企業等に対する実態調査を行うことについての考え方についてお伺いいたします。   6つ目になりますけれども、将来的には外国人の急増と多国籍化する教育問題が惹起するというふうに思われます。これらの対応についての考え方についてお伺いいたします。   以上、答弁よろしくお願いいたします。 ○副議長大迫彰) 上野市長

根室市議会 2020-12-10 12月10日-01号

根室市は、平成29年7月に子供生活実態調査を行い、この結果を踏まえながら庁内関係部署での対策協議が行われてきたものと認識をしております。そこで、これまでの取り組み状況について報告いただくとともに、根室市としての子供貧困対策についての基本的な方針や施策体系のあり方を示す時期に来ているのではないかと考えております。見解を伺います。 

函館市議会 2020-12-02 12月02日-01号

また、今後の調査の参考とするため、人口の約12%を外国人が占め、外国人が多く住み暮らすことを特性として積極的に捉え、実態調査実施各種連絡会議の開催などにより多文化共生に向けた取り組みを進めている東京都新宿区と、多文化共生に関する情報誌やリーフレットを発行し、在住外国人にも地域住民にも情報提供を積極的に行うほか、日本語を母語としない子供のための日本語教室相談会を開催している埼玉県川口市に対して行政調査

北広島市議会 2020-11-10 12月12日-04号

子ども生活実態調査ひとり親家庭の家計、生活が厳しい状況であることが明らかになりました。子ども医療費の18歳までの拡大や無料化、国保の子ども均等割減免ひとり親通院医療費助成の拡充など子どもの健全な成長の推進と、ひとり親家庭への支援のための施策を促進すべきと考えますが、市長見解を伺います。 ○議長野村幸宏) 上野市長。 ◎市長上野正三) 永井議員のご質問にお答え申し上げます。