1084件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年(常任)総務委員会−10月25日-記録

次の7ページにありますけれども、私立保育所などの整備によります保育定員の拡大や保育人材の確保にも引き続き取り組んでまいります。  7ページの中段をごらんください。  産業・活力の分野でありますが、現下の課題であります若者の道外への転出超過などに対応していくため、新社会人の経済的な負担となっております奨学金の返還を支援することにより、若者が地元に就職し、定着できる取り組みを推進してまいります。

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年(常任)厚生委員会−10月25日-記録

我が党は、第2回定例市議会代表質問で申し上げましたが、本市は、特養ホーム以外の高齢者施設を民間任せにしているため、有料老人ホームや再開発事業に合わせたサービスつき高齢者向け住宅を有する大型マンションなどの整備が進められ、一方、特別養護老人ホームは、年間80人定員を3カ所程度整備することにとどまっています。バリアフリー機能を備えた市営住宅などの整備は、差し迫った課題です。

札幌市議会 2019-09-30 令和 元年(常任)総務委員会−09月30日-記録

議会の我が党の代表質問でも述べましたけれども、昨年、参議院内閣委員会で、人事院が、職員の減少により、技能等が世代間で継承されないなど、業務遂行上の重大な支障が生じていると指摘して、その要因が、政府の総人件費抑制方針のもと、継続的な定員削減や新規採用抑制の取り組みが進められてきた影響と答弁しています。  

音更町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 2019-09-12

利用調整を行うことによって待機児童数をぐっと減らして新しい年度を迎えるというようなことかと思うんですけれども、例えば1歳児クラスの定員が20名の施設に対して、ことしは23名受け入れてほしい、つまり3名オーバーという状況で受け入れてもらえないだろうかというようなことで町のほうから施設側に了解を得て、そしてその状況で新年度をスタートする、こういったようなことで利用調整をされているというような理解でよろしいでしょうか

札幌市議会 2019-07-29 令和 元年冬季オリンピック・パラリンピック招致調査特別委員会−07月29日-記録

加えて、大会期間中に行いましたファンランには定員を上回る約200名が参加し、各国のパラアスリートと触れ合いながら、障がいの有無や国籍にかかわらず、皆が笑顔で一緒にスキーを楽しんでいただくなど、心のバリアフリーへつなげることができたものと考えております。  

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年第一部議案審査特別委員会−07月03日-05号

一方、2018年度、保育定員を1,473人分ふやしましたが、入所児童数の増加は820人にとどまっており、定員を満たしていない施設もあります。保育所等からは、必要な保育士が確保できていないという声が上がっています。こうしたことを受け、保育人材を確保し、現役保育士の就労を支援するための費用の一部補助や一時金の給付など、保育人材確保緊急対策として新規事業が計上されています。  

音更町議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 2019-06-21

については、保育の提供を終了した児童の受け入れのため保育所幼稚園または認定こども園との連携を結ぶことが義務づけられていましたが、連携先の確保が著しく困難な場合は、町長が適当と認める利用定員が20人以上である企業主導型保育施設または地方自治体が運営費支援等を行っている認可外保育施設も連携先とすることを可能とします。  

札幌市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回定例会−06月20日-03号

本市は、毎年、80名定員特別養護老人ホームを3カ所程度整備しています。介護保険法の改定で、2015年度からは、特養ホームへの入所は、原則、要介護3以上とされましたが、要介護1、2の方も含め、現在、入所のあき待ちをしている待機者は2,769名で、これまでと同じ整備を進めても解決にはほど遠い現状です。

札幌市議会 2019-06-13 令和 元年第 2回定例会−06月13日-01号

また、引き続き保育定員の拡大を図るなど、子育て世代が安心して子育てしながら働ける環境づくりを推進するとともに、保育士の就業継続と離職防止に向けた支援など、保育人材の確保に向けた取り組みを一層強化します。  さらには、産後ママの健康をサポートする取り組みを進めるなど、妊娠期から出産、育児まで切れ目なく支援を行い、産前・産後ケアを充実させます。  

札幌市議会 2019-06-13 令和 元年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−06月13日-記録

保育所等の新設や増改築につきましては、通常は国の補助割合が2分の1のところ、供給が不足している地域への定員増の対策をするという要件を満たせば3分の2にかさ上げされる仕組みになってございます。  本市の場合は、これまでのところ、この要件を満たしているため、補助率のかさ上げを受けられております。しかし、この地域の要件につきましては、札幌市の場合は区単位で判断されることとなります。

札幌市議会 2019-06-03 令和 元年(常任)総務委員会−06月03日-記録

資料の1点目から3点目につきましては、今後も行政需要に応じた定員管理に努めるとともに、適正な勤務条件の確保や職員のメンタルヘルス対策にも引き続き積極的に取り組んでまいります。  4点目の職員の研修につきましては、職員の職務遂行能力や管理職のマネジメント能力の向上を図るなど、引き続き人材育成に関する各種取り組みを実施してまいります。  次に、情報システム部でございます。  

北見市議会 2019-03-14 03月28日-08号

これに対し、改築などによる定員増や待機児童を解消する帯広市独自の取組みは一定の効果が認められ評価できます。今後も私的待機児童を減らし、保育の質を向上させるようさらなる努力を要請いたします。 小中一貫校については、メリット、デメリットを冷静に分析し、これを進めるための条件整備に努め、多くの関係者の合意を得ながら子供たちの健やかな教育に資するよう教育環境の整備を進めていく必要があります。

音更町議会 2019-03-13 平成31年度予算審査特別委員会(第3号) 本文 2019-03-13

それから、緑陽台の認定こども園が開園した暁には、定員がどれぐらい増えるのかというのも伺いたいと思いますのと、小学校でも児童の多いところ、少ないところというのがあると思うんですけれども、こういった保育園についても、農村部は定員が満員状態だというのはないと思うんですけれども、市街地で定員割れしているというところがあるのかどうかというのも伺いたいと思います。

札幌市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会−03月06日-06号

こうした中、新たな雇用を創出するための経済活性化や、子育て世代が安心して子どもを産み育てられる環境の整備を目指し、さまざまな業種への波及効果が高い観光業に特に力を入れたほか、積極的な企業誘致による雇用の場の確保を進めるとともに、保育定員の拡大による待機児童の解消に取り組んでまいりました。

札幌市議会 2019-03-04 平成31年第二部予算特別委員会−03月04日-05号

ポラリスに関しては、他の車両と比べて乗車定員が多いことから、今、課題となっている乗り残しへの対策に関しては有効なものだと思います。しかし、障がいのある方や高齢者に優しいのも低床車両の魅力の一つでもございます。高齢者などの乗車が多い時間帯の運行を期待する声も多数聞いております。