21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

札幌市議会 2015-03-02 平成27年第一部予算特別委員会−03月02日-04号

大変数が多いので、安全運転を適切にやっていただくことを念頭に、拠点ごと安全運転管理を置いております。また、交通法規遵守など、公私における服務規律確保に対して総務局を中心に通知をしながら注意を喚起したり、さらには、各職場ごと研修やミーティングを行っていると伺っております。継続は力であります。  しかしながら、職員の公務中の交通事故は、調べて見ますと、毎年、平均約70件です。

苫小牧市議会 2014-09-05 09月05日-01号

それから、次に運転を中堅、係長等ベテラン職員にもさせるような取り組みをしてはということでございますけれども、各職場での交通安全の取り組みを調査したところ、若手が運転手というふうに決めず、その日の職員本人体調等も考慮して運転手を決定しているという部署もございまして、庁内で組織します安全運転管理連絡会議におきましても、こういう取り組み各部局で参考としてほしいということで紹介をしているところでもございます

恵庭市議会 2013-12-04 12月04日-03号

また、安全運転管理安全運転管理における日常管理体制はどのようになっているのかをお伺いいたします。 全車(公用車)の任意保険料年間いくらになっているのか、過去3年間の任意保険掛け金の推移はどのようになっているのか、お伺いいたします。 事故件数減少にどのような取り組みを考えているのかお伺いいたします。また、現状、どのような課題を抱えているのか、お伺いいたします。 

苫小牧市議会 2012-12-06 12月06日-01号

こうしたことも含めまして、来年度以降も徹底して緊張感を持った運転ということを日ごろから意識づけするということが大事であると思っておりまして、これまでの取り組みを含めまして、また、各部長職等から成ります安全運転管理連絡会議の中で、各部職員に対する意識改革というものをさらに徹底してまいりたいというふうに考えてございます。 以上でございます。 ○議長田村雄二) 池田謙次議員

苫小牧市議会 2012-06-21 06月21日-01号

それで、具体的な取り組みというのは、これ私ども安全運転管理連絡会議というものを毎年開いておる中で、各部長がそれぞれの安全運転管理になるわけですけれども、それぞれの部での取り組みというのは、実際に各部ごと交通事故ゼロ何日という標語を張って、掲示して、職員にも意識づけをするですとか、あるいは昨年事故を起こした部署においては、事故を起こした本人みずからが職場内で講師となって、その日の状況、運転していた

札幌市議会 2012-03-13 平成24年第二部予算特別委員会−03月13日-06号

二つ目として、関係法令遵守はもとより云々とあって、安全運転管理を配置し、そして、安全運転確保に努めなければならない。それから、再委託者に対して、これは、今回の件で言えばダンプ会社を指しますが、再委託者の雇用する運転者に対しても、その安全に対して浸透を図らなければならないというふうに書いてあります。

函館市議会 2010-12-13 12月13日-05号

公用車維持管理につきましては、函館市庁用車両管理要綱を定め、この中で安全運転管理の設置のほか、車両台帳整備記録簿整備を規定してございまして、公用車の適正かつ効率的な管理に努めているところでございます。 以上でございます。 ◆(金澤浩幸議員) 一通り御答弁いただきました。ありがとうございます。順次再質問させていただきます。 

苫小牧市議会 2009-12-08 12月08日-04号

センターは、交通安全の推進を図るため、関係団体等交通安全活動拠点として使用することを前提に建設された施設であり、運転免許更新講習の会場のほか、苫小牧交通安全指導員会苫小牧地区安全運転管理協会などの交通安全関係団体に限って各種会議使用しており、不特定多数への貸し館を想定しておりません。 

苫小牧市議会 2009-09-14 09月14日-03号

次に、同センター使用の際の申請書料金設定がされていないのはなぜかとのお尋ねでございますが、同センターは、休館日以外、毎日開催している運転免許更新講習のほか、苫小牧交通安全指導員会苫小牧地区安全運転管理協会などの交通安全団体に限って各種会議使用しており、不特定多数への貸し館を想定していないことから、使用料等設定自体がございませんので、御理解をお願いいたします。 以上でございます。

伊達市議会 2008-06-03 06月03日-01号

次に、成田昭平氏につきましては、昭和48年から今日まで35年の長きにわたり伊達地区安全運転管理協会役員として経済活動事業活動に伴う交通事故防止し、地域、職域の安全運転管理及び交通事故防止活動等に尽力されました。 以上の方々を功労表彰候補者とするものであり、功績及び履歴につきましては議案説明資料に記載のとおりであります。 

伊達市議会 2006-12-08 12月08日-04号

ご質問の環境負荷の軽減に配慮した自動車使用、いわゆるエコドライブについてでありますが、運転者としての交通安全意識と公務員としての法令遵守徹底を図ることを日常的に行っているほか、安全運転管理を置く事業所として国が提唱しているエコドライブ10に示されている中から、公用車日常点検による空気圧の確認、急発進、急加速の防止や無理のない運行計画、それに伴う一定速度での走行などについての徹底に取り組んでいるところであります

  • 1
  • 2