43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2018-03-27 平成30年第一部予算特別委員会−03月27日-10号

こうした中で、教育委員会では、学校用務員業務の効率化、学校業務員の見直し、学校給食調理業務の一部委託化で61人を削減するものです。また、10カ所ある水再生プラザのうち、3カ所の総括管理業務を下水道資源公社へ委託するため、技術職、現業職員13人を削減するものであり、容認できません。  

札幌市議会 2017-03-29 平成29年第一部予算特別委員会−03月29日-10号

東豊線のワンマン化に伴う運転手の46人の減、学校給食調理業務の一部委託化による20人の減、学校用務員業務の効率化による12人の減、ごみ収集の委託拡大による6人の減など定数削減が行われることから、容認できません。  議案第21号に反対する理由は、本市の学校規模適正化により、児童数の減少が進む南区石山地区の石山小学校と石山南小学校の2校を廃止し、新たにこれらを統合した小学校1校を設置するからです。

札幌市議会 2017-03-16 平成29年第一部予算特別委員会−03月16日-05号

◎本居 学校施設担当部長  学校敷地の除雪作業についてのご質問でございますが、各学校の除雪につきましては、基本的に学校用務員が対応しています。しかしながら、学校の敷地が広いことから、大半の学校では民間業者との委託契約による除雪も行っております。契約学校単位で行っておりますことから、委託方法や内容、単価、契約額などは学校ごとに異なっているところでございます。

札幌市議会 2016-03-08 平成28年第一部予算特別委員会−03月08日-04号

◆伊藤理智子 委員  定数がふえた部署もあるということでしたが、減としては、学校給食調理員、学校用務員、駒岡清掃工場の運転業務など、民間委託を進めていくということですけれども、駒岡の清掃工場の運転業務を委託することで機械運転や整備などの質が保たれるのかという懸念もあります。  来年度の45人の定数削減で職員の負担や市民サービスに影響はないとお考えなのか、伺います。

札幌市議会 2015-09-17 平成27年(常任)総務委員会−09月17日-記録

飼育員は、清掃作業員、学校用務員、給食調理員などと同じく業務職員の配属先の一つとなっております。  専門性と申しますと、当園で獣医療を担当する獣医師は3名おりますが、動物園での業務年数はこの4月現在で11年、6年、3年となっております。また、飼育員でございますが、20名のうち、勤続年数が長い者で30年、短くて3年、平均すると15年ほどとなっております。

札幌市議会 2015-03-10 平成27年第 1回定例会−03月10日-06号

なお、議案第16号 職員定数条例の一部を改正する条例案については、職員全体は24名の増員と、長く続いてきた人減らし路線からの転換となるものですが、特に学校用務員は28名減となっています。これまで学校用務員が行っていた業務のうち、除雪や清掃などを民間委託し、その費用を学校施設維持管理費に予算配分したとのことです。用務員が減員となっても、臨機応変な対応ができるよう求めておくものです。  

札幌市議会 2015-03-06 平成27年第一部予算特別委員会−03月06日-06号

なお、議案第16号 職員定数条例の一部を改正する条例案については、職員全体は24名の増員となるため、あえて反対はしませんが、特に学校用務員が28名減となっています。これまで学校用務員が行っていた業務のうち、除雪や清掃などを民間委託でできるよう、その費用を学校施設維持管理費に予算配分したとのことです。

札幌市議会 2014-11-06 平成26年 第3回定例会−11月06日-06号

市立幼稚園職員25名、学校用務員34名、学校給食調理員23名を減らすという職員定数削減を行いました。また、職員の退職手当を3年間にわたって削減する条例改定を行ったことにより、昨年度、退職者511名の平均で1人当たり約120万円の退職手当が削減されたことは問題です。  同様に、地下鉄南北線のワンマン化に伴い、定数50名を人員削減した議案第5号は、反対です。  

札幌市議会 2014-11-04 平成26年第一部決算特別委員会−11月04日-09号

市立幼稚園職員25名、学校用務員34名、学校給食調理員23名を減らすという職員定数削減を行いました。また、職員の退職手当を3年間にわたって削減する条例改定を行ったことにより、昨年度、退職者511名の平均で1人当たり約120万円の退職手当が削減されたことは問題です。  理由の第2は、弱い者いじめの値上げを行ったからです。  

札幌市議会 2013-10-31 平成25年 第3回定例会−10月31日-06号

公立保育園の廃園、学校用務員や調理員を削減するなど、本市職員を35人減らしたことは問題です。  理由の第3は、基金の活用が不十分だからです。  昨年度末の本市の基金残高は21種類で2,867億円でした。市は、財政難を理由に値上げなどの市民負担を求めますが、基金の生きた活用でこれを防ぐことができます。

札幌市議会 2013-10-29 平成25年第一部決算特別委員会−10月29日-09号

また、本市職員を272人増員する一方で、307人減らしたことから、公立保育所の廃園、学校用務員や調理員を削減するなど、市民サービスの低下を招いています。  本市の基金についてです。  昨年度末の札幌市基金残高は21種類で2,867億円でした。市は、二言目には財政難を理由に値上げなどの市民負担を求めてきますが、基金の生きた活用でこれを防ぐことができます。

札幌市議会 2013-03-28 平成25年第 1回定例会−03月28日-08号

特に、私立幼稚園での25名減は、各区1幼稚園とするために、西区ふくいの、手稲区いなづみ、北区たいへいみなみ幼稚園を廃園するものであり、学校用務員業務の効率化での36名は、10学級以上の学校では本来2名配置だったものが1名のみの配置になり、学校給食業務の一部委託化で28名の減員は、調理委託を7校拡大するもので、問題です。

札幌市議会 2013-03-26 平成25年第一部予算特別委員会−03月26日-10号

特に、市立幼稚園での25名減は、各区1幼稚園とするために、西区ふくいの、手稲区いなづみ、北区たいへいみなみ幼稚園を廃園するものであり、学校用務員業務での効率化での36名減は、10学級以上の学校では本来2名配置だったものが1名のみの配置になり、学校給食業務の一部委託化で28名の減員は、調理委託を7校拡大するもので、問題です。

札幌市議会 2011-10-05 平成23年大都市行財政制度調査特別委員会−10月05日-記録

具体的には、学校用務員業務や給食調理業務の効率化などを想定しているところであります。  次に、他会計繰出金の見直しでございますが、特別会計における事務費の縮減、節減や、各企業会計における経営効率化の推進によりまして、一般会計からの繰出金の縮減を図ってまいります。  

札幌市議会 2011-02-23 平成23年第一部予算特別委員会−02月23日-02号

あわせまして、定数というご質問もあったかと思いますが、現業職の定数見直しにつきましては、先ほどのお話にもございましたように、市営バス運転手や地下鉄駅務員、学校給食調理員、学校用務員のほかに、さらに地下鉄ワンマン化によります地下鉄の車掌やごみ収集の委託率拡大によります清掃関係職員の見直しなど、近年も、適宜、見直しを続けてきております。

札幌市議会 2010-10-08 平成22年第一部決算特別委員会−10月08日-03号

例えば、学校用務員、公用車の運転手、区土木センターの道路パトロール、清掃工場下水処理場の運転など、一部は民間委託で見直している部分もあるとは聞いていますけれども、まだまだ削減できる分野が残っておりますし、努力が足りないというふうに指摘したいと思います。  私はPTAとのかかわりが非常に長かったものですから、学校用務員を例に挙げさせてもらいます。