12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

札幌市議会 2001-03-27 平成13年第二部予算特別委員会−03月27日-10号

また,児童会館に設置している児童クラブ保護機能強化と,学校方式育成存続拡大を求めます。  深刻な消費不況大型店出店ラッシュで経営が圧迫されている中で,地域の宝である商店街を活性化するため,1商店街振興組合当たり平均500万円の商店街緊急活性化事業補助金制度を創設すべきです。  

札幌市議会 1995-02-24 平成 7年第一部予算特別委員会−02月24日-04号

本市学童保育の現状は,小学校205校中,児童会館での児童クラブが67館,民間方式育成会,いわゆる共同学童保育所が56ヵ所,学校方式育成が18ヵ所となっております。私どもは,いまこれら3形態学童保育留守家庭児童対策,それぞれに充実させる必要がある,それが父母の願いであるというふうにとらえております。  

札幌市議会 1994-03-22 平成 6年第一部予算特別委員会−03月22日-07号

先ほども申し上げましたように,現に,中央小学校学校方式育成,豊平小学校学校方式育成は,いまだに教育委員会と移行の問題をめぐって話合いを続けております。私も,地元の中央小学校父母の皆さんとの話合いの機会を持ちましたし,教育委員会父母会話合いにも同席させてもらいました。

札幌市議会 1993-10-25 平成 5年第 3回定例会−10月25日-07号

現在の本市における留守家庭児童対策についてでありますが,本市事業として行われている学校方式育成,民間方式育成会,そして,1989年からスタートした児童会館における児童クラブなどの格差の問題については委員会でも指摘しましたが,専用室確保を初めとする施設充実指導員適正配置待遇改善など,学童保育抜本的強化を求めておきます。  

札幌市議会 1993-10-22 平成 5年第一部決算特別委員会−10月22日-09号

現在の本市における留守家庭児童対策についてでありますが,本市事業として行われている学校方式育成,民間方式育成会,そして1989年からスタートした児童会館における児童クラブなどの格差の問題については委員会でも指摘しましたが,専用室確保を初めとする施設充実指導員適正配置待遇改善など,学童保育抜本的強化を求めておきます。  

札幌市議会 1988-03-25 昭和63年第 1回定例会−03月25日-06号

さらに,現行学校方式育成事業児童会館方式についても,その改善充実に積極的に取り組むことを強く要求するものであります。  次に,議案第12号 公債会計については,一般会計財団法人地域総合整備財団に5,000万円を出捐することに関連するものであり,賛成できません。  次に,議案第6号 国民健康保険会計予算及び同第42号 国保条例の一部を改正する条例案についてであります。  

  • 1