170件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 2019-03-25

米印になりますが、この専門職大学とは、学校教育昭和22年法律第26号)の改正によりまして本年4月1日から新たに開設される制度で、専門性が求められる職業における業務遂行能力育成目的とした教育を行うもので、終了課程は、大学により4年一貫制のものと、前期、2年または3年、後期、2年または1年の区分制のものに分かれております。  4、施行期日は、平成31年4月1日からでございます。  

石狩市議会 2019-02-22 02月22日-議案説明、質疑-01号

条例は、学校教育の一部を改正する法律が本年4月1日に施行されることに伴い、本条例で引用する条項に移動があったことから、所要の改正を行おうとするものであります。 次に、議案第18号について申し上げます。 本条例は、企業設備投資の多様化に対応するため固定資産税の課税免除の対象となる企業グループの範囲について所要の改正を行おうとするものであります。 

札幌市議会 2019-02-21 平成31年(常任)建設委員会−02月21日-記録

このたび、学校教育の一部を改正する法律技術士法施行規則の一部を改正する省令等の施行に伴い、水道法令で定められている布設工事監督者及び水道技術管理者についての資格要件が改正されます。具体的には、資格要件の一つである短期大学を卒業した者に、平成31年4月に開設される専門職大学の前期課程修了した者を含めるなどであります。

札幌市議会 2019-02-08 平成31年第 1回定例会−02月08日-01号

議案第53号 札幌市水道布設工事監督者の配置基準及び資格並びに水道技術管理者の資格に関する条例及び札幌市廃棄物の減量及び処理に関する条例の一部を改正する条例案は、学校教育等の一部改正に伴い、水道の布設工事監督者等及び一般廃棄物処理施設技術管理者の資格要件に、専門職大学の前期課程修了した者を含める等の改正を行うものであります。  

札幌市議会 2018-10-02 平成30年第 3回定例会−10月02日-03号

2016年4月に施行された学校教育等の一部を改正する法律は、小中一貫教育を実施することを目的とする義務教育学校制度を創設したものと書かれており、この法改正もまた、学校統廃合を進める後押しをしています。  2021年予定の南区常盤小学校と石山東小学校は、それぞれ廃校にし、新しい小学校常盤中学校に隣接して新設する計画です。

石狩市議会 2018-07-11 07月11日-議案説明、質疑-01号

条例は、学校教育の改正により、所要の改正を行おうとするものであり、その主な内容といたしましては、新たに専門職大学大学制度の中に位置づけられることに伴い、一般廃棄物処理施設における技術管理者の資格要件の改正を行おうとするものであります。 よろしく御審議を賜りたいと存じます。 ○議長(加納洋明) 提案理由の説明が終わりましたので、これより、議案第6号の質疑に入ります。 

札幌市議会 2018-02-28 平成30年第 1回定例会−02月28日-04号

学校教育に基づき、学校運営は学校長がつかさどること、教育委員会は、地教行法に基づき、地方教育行政をつかさどります。教育実践上の諸事情について、生徒及び保護者に直接対応することは、教育委員会権限を超える行為であることがこの中に明記されております。いじめの問題解決も学校運営の一端であります。学校には解決の潜在力が十分にあります。かえって、私は、今の教育委員会のほうに不安さえ感じています。

音更町議会 2017-12-14 平成29年第4回定例会(第2号) 本文 2017-12-14

初めに、安全・安心な学校給食を行うに当たって、教育委員会基本的な考え方についてでありますが、現在の学校給食につきましては、学校教育学校給食法において、学校教育活動の一環として実施されているものであり、児童生徒が身体的にも精神的にも大きく成長する大切な時期に栄養バランスのとれた学校給食を提供することを通じて、食育の充実を図ることが求められております。  

音更町議会 2017-06-22 平成29年第2回定例会(第2号) 本文 2017-06-22

近年、学校は、地域に開かれ、信頼される学校づくりを進めていくことが求められており、そのため平成12年に学校教育施行規則の改正により、学校評議員制度が導入され、その後、学校運営の改善の取り組みをさらに一歩進めるものとして、平成16年に、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正により、学校運営協議会制度が導入され、その後、本年4月の法改正により、学校運営協議会は任意設置とされていたものが、教育委員会

札幌市議会 2017-06-06 平成29年第 2回定例会−06月06日-03号

学習指導要領は、学校教育等に基づき、教育の内容及び方法についての基準を定めたものであり、各学校は、これに沿って教育課程を編成し、実施するものでございます。次期学習指導要領における小学校の総授業時数の増加については、今後、移行期間の対応も含め、文部科学省から通知される予定であり、その内容を踏まえ、適切に対応してまいりたいというふうに考えております。  

札幌市議会 2017-03-16 平成29年第一部予算特別委員会−03月16日-05号

名簿の取り扱いにつきましては、各学校に対し、学校教育施行規則第25条をもとに、出席簿の氏名の記載については、学籍業務が適正に行われるよう学校において適宜定めると通知しておりまして、名簿の並び順等については、男女別の授業健康診断など各種業務を遂行する上での必要性を踏まえ、学校の判断によるものと認識しております。  

音更町議会 2017-03-09 平成29年第1回定例会(第3号) 本文 2017-03-09

学校教育では、「経済的理由によって、就学困難と認められる学齢児童又は学齢生徒の保護者に対しては、市町村は、必要な援助を与えなければならない。」としており、自治体による就学援助制度が重要です。本町でも、これまで改善を図られてきましたが、音更の子供たちが誰一人、経済的な理由で、自由に伸び伸びと学ぶ権利が脅かされることのないよう、さらなる充実を求めます。  

石狩市議会 2016-07-31 07月31日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

議案第6号は、学校教育の改正により、新たに専門職大学大学制度の中に位置付けられたことに伴い、一般廃棄物処理施設における技術管理者の資格要件について、所要の改正を行おうとするものであります。 当委員会は、議案第6号については妥当と認め、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。 以上で、厚生常任委員長の報告を終わります。