183件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-12-11 令和 元年第 4回定例会−12月11日-05号

小川淳子氏は、札幌市緑の審議会委員等を歴任され、現在、北海道大学大学院農学研究院准教授をされている方で、平成28年12月から札幌市土地利用審査会委員に就任されております。  佐藤美香氏は、長く不動産鑑定業に携わり、北海道土地利用審査会委員をされていた方であります。  鈴木克典氏は、現在、北星学園大学経済学教授をされているほか、地域商店街支援事業選考委員会委員等をされている方であります。  

札幌市議会 2019-09-25 令和 元年第 3回定例会−09月25日-03号

その裏づけの一つに、東北大学大学院歯学研究科が行った調査で、全国24自治体要介護認定を受けていない高齢者データを分析したところ、自分の歯が多く保たれている人は、歯が0本の人に比べ、寿命が長いだけではなく、健康寿命が長く、要介護でいる期間が短いことがわかりました。また、日本歯科医師会が公開しているエビデンスでも、歯の喪失後の義歯の装着による生命予後の改善が確認されています。  

音更町議会 2019-09-24 平成30年度決算審査特別委員会(第4号) 本文 2019-09-24

社会教育事業活動費につきましては、高齢者大学大学院高齢者学級、女性ライフスクール、幼児家庭教育学級などを実施しております。  文化財保護費につきましては、主に史跡文化財マップの更新に係る費用であります。  芸術文化大会参加補助金につきましては、全道・全国大会への出場44名、2団体、7個人交通費等の補助を行ったところであります。  

音更町議会 2019-03-14 平成31年度予算審査特別委員会(第4号) 本文 2019-03-14

社会教育事業活動費につきましては、高齢者学級高齢者大学大学院、幼児家庭教育学級、女性ライフスクール講座開設等に要する費用であります。  79ページであります。芸術文化大会参加補助につきましては、芸術文化活動の普及、奨励を図るため、町内在住の小中高校生及び一般の方の活動において、個人及び団体での全道大会、全国大会、国際大会参加に対し、引き続き支援を行ってまいります。  

音更町議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 2019-03-08

二つ目は、社会教育事業として、高齢者大学及び大学院において、国際交流を学ぶ講義を開催しております。3年間の実績を申し上げますと、本年度は、先ほど申し上げた英語指導助手が「日本カナダ」について、また、国際協力機構北海道センター副代表が「国際協力の仕事」についての講義を実施しております。

音更町議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 2019-03-04

受講者が主体的に学習する幼児家庭教育学級、女性ライフスクール、高齢者学級大学大学院のほか、町と共催の帯広大谷短期大学オープンカレッジ、音更高校開放講座などの多様な学習機会の提供に努めるほか、家庭教育相談事業などを引き続き実施してまいります。  第2に、「青少年の健全育成」であります。  

札幌市議会 2018-10-25 平成30年第一部決算特別委員会-10月25日-08号

しかし、私の今までの社会人経験から申し上げると、私は技術系の会社でしたので、大学院を卒業した20代中盤ぐらいの男女が新しい社会人になり、部下として入ってきます。そして、たたき上げの時代が30歳ぐらいまで続き、それから、少しずつ仕事を任せられるようになっていくのが30歳前半からでございます。

石狩市議会 2018-07-18 07月18日-代表質問-02号

独自の奨学金のみを対象にしたもの、また、従業員の返済を支援するその企業を支援する制度のもの、また、大学大学院専門学校生など、その最終学歴により支援金額が違うものなどがあります。 先ほどの答弁で全てこれからというふうなお答えでありましたけれども、ここで何か伝えていただけることがありましたら伺いたいと思います。 また、次に、保育の質と量の確保について質問いたします。 

札幌市議会 2018-06-28 平成30年総合交通調査特別委員会−06月28日-記録

本日は、北海道大学大学院工学研究院副研究院長の五十嵐敏文氏を参考人としてお招きしております。  本日の委員会の進め方としては、最初に、五十嵐参考人にお話しいただいた後、各委員から質問を受けたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  委員会を開催するに当たり、一言、ご挨拶を申し上げます。  五十嵐参考人におかれましては、ご多忙な中、本委員会への出席をご快諾いただき、心より御礼申し上げます。  

音更町議会 2018-03-13 平成30年度予算審査特別委員会(第4号) 本文 2018-03-13

社会教育事業活動費につきましては、高齢者学級高齢者大学大学院、幼児家庭教育学級、女性ライフスクール講座開設等に要する費用であります。  芸術文化大会参加補助につきましては、芸術文化活動の普及、奨励を図るため、町内在住の小中高校生及び一般の方の活動において、個人及び団体での全道大会、全国大会、国際大会参加に対し、引き続き支援を行ってまいります。  

札幌市議会 2018-03-02 平成30年(常任)総務委員会−03月02日-記録

これを受けて、中期計画では、学生が地域に出て、その課題や解決手法を学ぶ地域志向科目の実施や、語学国際感覚を養う科目の実施といった両学部に共通した教育と、各学部大学院における専門的な教育の実施を取り組みに掲げておりまして、それぞれにおいて関連する能力の向上を認識した学生の割合などを指標に設定しております。  

音更町議会 2018-03-01 平成30年第1回定例会(第1号) 本文 2018-03-01

高度化する町民の皆さんの学習ニーズに対応し、受講者が主体的に学習する幼児家庭教育学級、女性ライフスクール、高齢者学級大学大学院のほか、町と共催の帯広大谷短期大学オープンカレッジ、音更高校開放講座など多様な学習機会の提供に努めるほか、家庭教育相談事業などを実施してまいります。  第2に、「青少年の健全育成」であります。  

札幌市議会 2017-12-13 平成29年大都市税財政制度・人口減少対策調査特別委員会−12月13日-記録

札幌にはIT企業の集積があり、こうした道内のIT企業は、道外の大学大学院等に進学した市内出身の若者や道外の優秀な若者を札幌に定着させるために、雇用の受け皿として大きな役割を有していると思います。札幌市としても、IT企業への若者の就職を促進させるべく、PRを強化していく必要があると考えます。  

音更町議会 2017-09-25 平成28年度決算審査特別委員会(第4号) 本文 2017-09-25

社会教育事業活動費につきましては、高齢者大学大学院高齢者学級、女性ライフスクール、幼児家庭教育学級などを実施しております。  文化財保護費につきましては、史跡標柱と案内板を新たに1カ所設置等を行ったものであります。  138、139ページであります。  芸術文化大会参加補助金につきましては、全道全国大会への出場81名に交通費等の補助を行ったところであります。  

札幌市議会 2017-09-20 平成29年(常任)総務委員会−09月20日-記録

第1期は、大学基盤の構築として、共通教育学部の専門教育の双方に取り組み、広い視野を持つ人材育成したほか、公開講座の開催、大学院などの設置を行いました。  続く第2期は、地域志向の大学づくりといたしまして、学生が地域に出て学ぶ地域志向の教育を充実させたほか、科研費の獲得など研究を活性化させるとともに、まこまる内のキャンパスを拠点として地域貢献活動などを行うCOC事業を展開いたしました。