84件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-09-30 令和 元年(常任)財政市民委員会−09月30日-記録

また、地域計画では、次年度以降、中庭を活用してセタエントやムンキリなど、アイヌ料理に用いられる植物等を間近に見ることができる館内スペースを整備するとともに、多言化に対応した新たな映像コンテンツの制作などを予定しておりまして、市民はもとより、海外からの来館者にもアイヌ文化への理解を深めていただけるよう取り組んでいきたいと考えております。

札幌市議会 2019-09-30 令和 元年(常任)経済観光委員会−09月30日-記録

まず、振興公社に対しまして、口頭及び文書による指導を行ったほか、ロープウエーの運休や運行再開に関する広報、周知として、札幌市観光情報サイトようこそさっぽろやツイッターでの発信、観光案内所、さっぽろオータムフェスト2019会場内での多言での掲示、案内などを通じて周知に努めたほか、市内の主な宿泊施設において告知文の掲示、配架や宿泊客への案内を行っていただいたところでございます。

札幌市議会 2019-09-02 令和 元年(常任)総務委員会−09月02日-記録

この待合空間は、多言対応の案内サインや情報発信機能を備え、商業施設やイベントスペース等との調和を図るものとし、にぎわい・交流機能と連携することで利便性や快適性の向上を図る考えです。  これにより、年末年始などの季節需要や雪まつりなどのイベント時、あるいは、将来的なバス利用の拡大などにも対応するとともに、災害時の帰宅困難者の受け入れ空間としての活用も期待できるものと考えているところでございます。

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年第一部議案審査特別委員会−07月03日-05号

多言対応可能な窓口の整備については、近年、東南アジアを中心に急増する在留外国人への対応や、技能実習生の受け入れ先からの複雑化した相談への対応が求められていることから、外国語対応のみならず、複雑多様化する相談に対応できる体制づくりと、想定される相談者にしっかりと認知される周知に向け、さまざまなコミュニティーや機会を活用することを強く求めます。  次に、危機管理対策室です。  

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−07月03日-記録

続いて、(6)旅行者を含む帰宅困難者対策ですが、イに記載のとおり、多言支援の充実に課題があり、これに対して、右側の二つ目の丸の多言語支援センターのあり方と地域防災計画への位置づけの検討を進めてまいります。  続いて、(7)停電による影響についてです。エに記載のとおり、人工呼吸器等の電源確保に課題がありました。

札幌市議会 2019-07-01 令和 元年第二部議案審査特別委員会−07月01日-04号

それから、ガイドの育成多言対応といったインバウンドに向けた取り組みなど、これから定山渓全体の魅力の向上を図っていくという答弁だったと思います。  最後に、要望ですが、定山渓の魅力を向上させることは、増加し続ける札幌への観光客を定山渓に呼び込むことにつながっていくと思います。札幌市全体の宿泊客数、観光消費の増加、また、本市のさらなるシティプロモーションにもつながることと考えております。

札幌市議会 2019-06-27 令和 元年第一部議案審査特別委員会−06月27日-03号

そうした中、本市では多言にどう対応するのか、お伺いいたします。 ◎前田 国際部長  多言の対応をどのように行っていくかというご質問でございます。  今回の窓口では、来庁による相談のほか、電話やメールでの相談にも対応していくことを想定しておりますが、札幌の在留外国人国籍割合に照らしまして、英語中国語及び韓国語につきましては、外国語スキルを持った職員を配置して対応していくことを考えております。

札幌市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回定例会−06月19日-02号

札幌市では、今後、多言で対応する総合相談窓口の整備や、地域における異文化理解の一層の推進に取り組んでまいりますが、こうした取り組みを通じて、全ての外国人孤立させることなく、ともに生活をしていく共生社会の実現を目指してまいります。  次に、6点目の郊外住宅地のまちづくりについてであります。  

札幌市議会 2019-06-13 令和 元年第 2回定例会−06月13日-01号

さらに、外国人生活者に対し、暮らしにかかわる情報提供や相談支援を多言で行う総合窓口を設置し、安心して暮らせる環境づくりを進めてまいります。  次に、都心のリニューアルに向けた取り組みといたしまして、北海道新幹線延伸に向けて、札幌駅交流拠点の主要街区である北5西1街区及び北5西2街区の市街地再開発に向けた準備組織を立ち上げるほか、大通・創世交流拠点のまちづくりに向けた検討を進めてまいります。  

札幌市議会 2019-03-04 平成31年第二部予算特別委員会−03月04日-05号

◆前川隆史 委員  日本の化粧品会社多言広告を出され、また、中国銀行が自国の観光客をターゲットにした広告の動きもあったということでございます。外国人観光客にPRしたい広告主も国際化に対応してきており、SAPPORO SNOW VISIONの今後については大いに期待したいと思います。  

札幌市議会 2018-10-12 平成30年第一部決算特別委員会−10月12日-03号

あわせて、この防災アプリは、多言でのSOS位置通知情報、平時から学べる防災減災知識も提供されておりますけれども、使い方がどれほど浸透されているかと思うところでもあります。もっと言えば、SOS機能は、日常の防犯機能を持っていて、ワンクリックのSOS送信で事前に登録している相手に自分の現在位置とメッセージを地図で表示してもらえるようになっています。

石狩市議会 2018-07-18 07月18日-代表質問-02号

本市といたしましては、外国人の方々への必要な行政サービスの把握や課題の洗い出しを進めるとともに、石狩国際交流協会などの関係団体との連携を図り、さらには多言に対応するさっぽろ連携中枢都市圏の広域的な枠組みの活用も視野に入れ、なるべく早期に相談窓口の設置に向け検討していきたいと考えております。 私からは、以上です。 ○議長(加納洋明) 伊藤一治議員。 ◆19番(伊藤一治) ご答弁をいただきました。 

札幌市議会 2018-05-24 平成30年第 2回定例会−05月24日-03号

例えば、市民に対する防災情報の提供であったり、インバウンドの観光客に対する多言での情報発信であったり、子どもを対象としたいじめ相談など、これらにSNSを活用することで、ホームページに掲載するだけでは実現しなかった情報の伝達や、電話やメールに抵抗のある世代を対象とした相談ニーズの掘り起こしなど、さまざまな課題を解決することができるのではないでしょうか。

札幌市議会 2018-03-29 平成30年第 1回定例会−03月29日-06号

新さっぽろ駅周辺地区のまちづくりにおいては、案内サインや掲示板を一目でわかるものとし、多言表記も行っていただくことを要望します。  創成東地区のまちづくりについては、東4丁目線の重要性を認識しながら、人々が立ち寄りたい魅力的な居場所となるプレースメーキングの取り組みを進め、地区の思いを実現させていただくことを求めます。  次に、財政局です。  

札幌市議会 2018-03-27 平成30年第一部予算特別委員会−03月27日-10号

ICTを活用した消防医療の連携強化については、市民安全・安心に大きく貢献していくものであり、タブレット端末を利用した多言翻訳機能や画像伝送機能、さらには、新年度から予定されている病院選定システムなどは、今後、ラグビーワールドカップ2019などの世界規模のイベントを控え、テロ災害などにも大変有効と考えております。