90件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 2019-03-04

19ページに移りまして、2項高齢者福祉費、1目高齢者福祉総務費の8節報償から28節繰出金まで、合わせまして3,779万9千円の減額につきましては、まず8節の報償については100歳慶賀に係る記念品等の執行残、11節の需用費は高齢者顕彰式の賄い等の執行残、13節委託料は配食サービス委託料の執行残、16節原材料費は老人健康増進センター施設に係る原材料費の執行残、20節扶助費については、老人保護措置費において

音更町議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第1号) 本文 2018-09-12

次に、8款教育費、1項教育総務費、3目教育振興費の8節報償、9節旅費及び11節需用費にそれぞれ2万円、13万円、10万円の追加につきましては、道徳教育推進校事業として、昨年度に引き続き本町の下士幌小学校を推進校として教員指導力向上のための研修事業を行うものであります。なお、この財源につきましては、全額が北海道からの委託金として措置されるものであります。  

音更町議会 2017-06-29 平成29年第2回定例会(第5号) 本文 2017-06-29

8款教育費、1項教育総務費、3目教育振興費の8節報償、9節旅費及び11節需用費にそれぞれ3万円、14万5千円、7万5千円の追加でありますが、これは、道徳推進事業として、平成27年3月の学習指導要領の一部改正におきまして、従来の道徳の時間が特別の教科道徳と位置づけられたことに伴い、教員指導力向上のために研修事業を行うものであります。

音更町議会 2017-06-20 平成29年第2回定例会(第1号) 本文 2017-06-20

次に、3款1項1目企画費の8節報償から1,500万円の減額、25節積立金から1,808万5千円の減額でありますが、ふるさと寄附金に係る謝礼品及び地域振興基金への積み立てを減額するものでございます。  2目財産管理費の25節積立金に1億1,180万円の追加でありますが、これは地域振興基金への積み立てであり、このうち1,180万円は指定寄附5件分となっております。  

北見市議会 2016-10-05 10月18日-06号

民生費では、民生委員定員割れが続いており、職員OBの方を含め、十分な補充に努めるとともに、報償などの内容の見直しを求めておきます。 次に、ファミリー・サポート・センター事業では、利便性を向上したことにより、援助件数が大幅増となったことは大いに評価いたします。今後も継続した取組みを求めておきます。 

音更町議会 2016-03-03 平成28年第1回定例会(第1号) 本文 2016-03-03

3款1項1目企画費でありますが、8節報償の907万7千円の追加につきましては、ふるさと寄附金の増に伴う謝礼品の増額であります。2月末で3万2,200件、額で3億6,239万4,810円の申し込みがあり、年度末にかけてさらに寄附件数が見込まれることから増額しようとするものでございます。  

音更町議会 2015-06-16 平成27年第2回定例会(第5号) 本文 2015-06-16

2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費の8節報償に32万4千円、12節役務費に58万1千円を追加いたします。これにつきましては、先ほど議案第11号で御説明をし、議決をいただいた件でございます。訴訟の提起に係ります弁護士謝礼としまして32万4千円、裁判所手数料58万1千円、合わせまして90万5千円の追加補正をさせていただくものでございます。  

音更町議会 2015-03-04 平成27年第1回定例会(第1号) 本文 2015-03-04

次に、3項児童福祉費、1目児童福祉総務費、8節報償に1,390万円、15節工事請負費及び18節備品購入費に合わせて500万円の追加につきましては、国の26年度補正予算における地域住民生活等緊急支援のための交付金を活用し、繰越明許費により翌年度に繰り越して実施する子育て世代応援商品券事業及び公共施設内に授乳室を設置する費用等であります。  

音更町議会 2014-12-18 平成26年第4回定例会(第4号) 本文 2014-12-18

3款1項1目企画費の8節報償の寄附謝礼品、11節需用費のパンフレット印刷等、12節役務費のクレジットカード決済手数料まで、合わせて4,280万7千円、25節、地域振興基金への積立金7,690万円の計1億1,970万7千円につきましては、ふるさと寄附金関係分でありますが、これは、寄附金の総額を1億3,200万円と見込んでおりましたが、7,690万円を追加し、2億890万円と見込んだことによるものであります