6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

根室市議会 2013-12-10 平成25年 12月定例月議会-12月10日−01号

隣国ロシアをテーマにした小説として、歴史作家司馬遼太郎の「」、「菜の花の沖」は私どもにとりましてもなじみの深い作品であります。その作者の作品の中で「ロシアについて」、副題として「北方の原形」という作品が昭和61年出版されました。その中で、ロシア国家としての原形はソ連時代におけるシベリア開発と日本国存在だったのではないかと書かれております。

函館市議会 2013-12-10 平成25年第4回12月定例会-12月10日−05号

例えは悪いかもしれませんけれども、日露戦争のときに旅順を攻略するために、203高地の戦いで日本は大変な犠牲を払ったということで、司馬 遼太郎の言う「」では、当時の総大将であった乃木 希典さんをくそみそに書いてる記事がありましたけれども、そういう意味では、非常に難攻不落の大間原発訴訟だなということですけれども。  

釧路市議会 2007-03-06 平成19年第1回 2月定例会-03月06日−03号

廃墟から立ち上がり、戦後1ドル360円の固定相場制のもとで「」、すなわち欧米の先進工業国に追いつくことを目指し、国民はひたすら働いてきた時代であります。これが戦後の「守」、基本の時代であります。  この「守」である基本に立って日本は、時代の変化によって、「破」、応用のチャンスを見出し、思い切った合理化、生産性の向上、近代化を実践し、高度経済成長に成功しております。

  • 1