運営者 Bitlet 姉妹サービス
1064件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 恵庭市議会 平成30年  第4回 定例会-12月17日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号 次に、市政におきましては、地方の柱である総合戦略事業が形になった年でもありました。   もっと読む
2018-12-07 恵庭市議会 平成30年  第4回 定例会-12月07日−一般質問−04号 内閣府では、SDGsアクションプラン2018を策定し、主要な取り組みの一つとして、地方に向けた自治体SDGs推進事業を位置づけ、すぐれた取り組みを提案する29都市をSDGs未来都市として選定し、支援することとしており、道内では北海道、札幌市、下川町、ニセコ町の四つの自治体が選ばれております。   もっと読む
2018-10-23 根室市議会 平成30年 10月定例月議会-10月23日−02号 地方の推進に関する基金造成について、第9期根室市総合計画(10カ年計画)は、平成27年度に施策展開開始以来、3年経過した。この先7年間、つまり平成36年度末までを見据えた施策展開について、ふるさと納税を原資とした財源対策の見通しを示し、市民と共有することが課題でありましたが、29年度末残高と30年度の見通しについてお聞きいたします。   もっと読む
2018-10-12 根室市議会 平成30年 10月定例月議会-10月12日−01号 国を挙げて推進する地方は4年目を経過いたしますが、人口の東京一極集中は依然として加速しており、道内においても札幌圏への集中に歯止めがかかっておりません。人口減少、それに伴う少子・高齢化の進行は、まちの衰退を招くばかりではなく、社会保障制度や医療、介護サービスのほか、教育環境にも大きく影響を及ぼしております。 もっと読む
2018-10-12 恵庭市議会 平成30年  第3回 定例会-10月12日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号 森林の整備を進め、木材を積極的に利用していくことは、山村地域を中心とする雇用・所得の拡大による地方にも大きく貢献するものである。  道では、森林の公益的機能の維持増進と森林資源の循環利用の実現に向け、森林整備事業及び治山事業や林業成長産業化総合対策事業等を活用し、植林・間伐や路網の整備、山地災害の防止、木造公共施設の整備、林業事業体の育成など、さまざまな取り組みを進めてきたところである。   もっと読む
2018-10-10 旭川市議会 平成30年 第3回定例会-10月10日−07号 森林の整備を進め、木材を積極的に利用していくことは、山村地域を中心とする雇用・所得の拡大による地方にも大きく貢献するものである。  本市においては、森林の公益的機能の維持増進と森林資源の循環利用の実現に向け、森林整備事業及び治山事業や林業成長産業化総合対策事業等を活用し、植林・間伐や路網の整備、山地災害の防止、木造公共施設の整備など、さまざまな取り組みを進めてきたところである。   もっと読む
2018-10-10 恵庭市議会 平成30年  決算審査特別委員会-10月10日−代表質問、採決−05号 1、昨年実施した恵庭地方政策形成ゼミナールにおいて、市職員より事業提案のあった学力の向上に向けての内容と、その提案に対しての教育委員会の取り組みについて。  2、体力の向上については、明らかに認められるところでありますが、5年前と比較しての変化について。  次に、JR島松駅のバリアフリー化と駅周辺の再整備事業について。   もっと読む
2018-10-03 音更町議会 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2018.10.03 森林の整備を進め、木材を積極的に利用していくことは、山村地域を中心に雇用、所得の拡大が図られ、地方にも大きく貢献するものである。   もっと読む
2018-10-01 音更町議会 平成29年度決算審査特別委員会(第6号) 本文 開催日:2018.10.01 それで、決算書歳入の中では、決算書の54ページに地方推進交付金、これは産業振興費国庫補助金として、そしてもう一つは建設費国庫補助金として、それぞれ交付税というか国庫補助金として入っているわけですけれども、実際、この交付金額、29年度でいけば地方推進交付金として974万円のうち、収入済みとしては887万円、そして建設費のほうでは185万円というふうに入っています。 もっと読む
2018-09-27 恵庭市議会 平成30年  決算審査特別委員会-09月27日−個別質疑−03号 131ページ、地方推進交付金費のところで、広域ネットワークによる商品ブランド化プロジェクト事業費の中の特に新商品開発補助金についてというところで、この事業が目的としているところの成果というものはどういったところで、それに対して、今年度の実績としてはどのような成果を出されたのかを確認をさせていただきたいと思います。  以上、2点です。 ○大野憲義委員長 江川商工労働課長。 もっと読む
2018-09-25 音更町議会 平成29年度決算審査特別委員会(第3号) 本文 開催日:2018.09.25 音更町・池田町広域連携観光事業補助金につきましては、音更町・池田町両町の観光協会と商工会、音更町物産協会、十勝川温泉旅館協同組合で構成される協議会を事業主体としまして、地方推進交付金を活用した観光資源、食の高付加価値化による広域観光ルート統一ブランド事業を平成28年度から32年度までの5年間の事業期間として行うもので、平成29年度につきましては個人観光客動向調査、特産品開発におけるマーケティング もっと読む
2018-09-21 根室市議会 平成30年  9月臨時会-09月21日−01号 本年1月には、根室市ふるさと応援寄付条例の一部を改正し、これまでのふるさと応援基金に加えて、地方に関連する基金として、子供未来基金をはじめとする7つの基金を設置するとともに、防災対策基金など、4つの目的基金への積み立てに関して明確化を図ったところであり、本市に寄せられた給付金につきましては、条例に定めるこれら12の基金をもって管理しているところであります。 もっと読む
2018-09-21 釧路市議会 平成30年第3回 9月定例会 経済建設常任委員会-09月21日−03号 今、観光は国の成長戦略、そしてまた地方の切り札、こういうことで国もそれぞれビジョンを掲げて振興している。その中で、釧路市においてもそれぞれビジョンを掲げて今取り組んでいるわけでありますが、その中でいろいろな要素はあるんだろうと思いますが、2017年釧路市の観光入り込み数が523万人以上を突破したと。その中で、阿寒湖畔を含めた阿寒町の観光入り込み数が163万人くらい、それを突破したと。 もっと読む
2018-09-18 北見市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月18日−05号 石北本線の維持存続から食と観光を担う2030オホーツクビジョンを打ち立てて、道東、そしてオホーツク圏の地方につなげてまいりましょう。  そしてまた、もう一つ、手話言語条例の制定につきまして、先ほど来、再質問にご答弁をいただきました。この条例制定後の取り組みを調査するとともに、新たな検討組織を立ち上げ、条例の整備に向けて議論を深めるとのお答えをいただきました。 もっと読む
2018-09-13 留萌市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月13日−03号 また、地方推進交付金を活用した地域健康づくり関連人材の移住促進・養成プロジェクトにおいて、医療クラークの養成による定住に向けた新たな仕事の確立と地域における受け入れ態勢の整備、移住・定住ガイドブックの作成などの取り組みを進めているところでございます。   もっと読む
2018-08-01 札幌市議会 平成30年冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会-08月01日-記録 冬季オリンピック・パラリンピックの開催につきましては、かねてから、一過性のイベントとするのではなく、今後のまちづくりや交通インフラ整備とも連動させ、まち全体のリニューアルを加速させる契機と捉えるとともに、札幌、北海道の魅力を広く世界に向けて発信する、そういう機会であるとして、その後の集客を増大させていくことにより、北海道全体の地方へつなげていきたいと考えてきたところでございます。 もっと読む
2018-07-02 札幌市議会 平成30年大都市税財政制度・人口減少対策調査特別委員会−07月02日-記録 参考資料といたしまして、KPI一覧と主要事業の取組結果、地方関連交付金の対象事業についてをおつけしております。それから、2点目は、連携中枢都市圏の形成に向けた取組についてでございます。  それでは、まず、報告資料1をごらんください。   もっと読む
2018-06-27 北見市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月27日−02号 次に、地方総合戦略についてですが、本市では他の市町村と同様に少子高齢化が進行し、人口減少が急速に進むことが予想されていることから、人口減少を少しでも抑制するため、若者の雇用や子育てなどの施策を取りまとめた地方総合戦略を策定しました。 もっと読む
2018-06-25 恵庭市議会 平成30年  第2回 定例会-06月25日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号 内閣総理大臣、内閣官房長官、総務大臣、財務大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣(地方規制改革担当)、内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)宛て各通でございます。  以上です。 ○笹松京次郎議長 ただいまから質疑に入ります。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○笹松京次郎議長 質疑がなければ、これをもちまして質疑を終了します。  お諮りいたします。   もっと読む
2018-06-22 北広島市議会 平成30年  第2回 定例会-06月22日−05号 政府がIRは究極の地方だと言い切っていますけども、人の不幸を土台にしているとしか、私には思えないところでございます。そういう意味では、本末転倒ということを強く感じている1人でもございます。 もっと読む