275件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-05-28 令和 元年(常任)経済観光委員会−05月28日-記録

また、平成25年には、地域医療支援病院承認を受けるなど、地域医療機関との連携のもと、地域完結型医療の構築に努めております。  ただ、厳しい経営状況が続いていることから、昨年度には、専門家検討会議の議論を経まして、市立札幌病院中期経営計画を策定し、市民のための病院として、高度急性期の地域医療支援病院という役割に沿って、収益改善に向けた取り組みをまとめたところであります。

音更町議会 2019-03-18 平成31年度予算審査特別委員会(第5号) 本文 2019-03-18

65 ◯委員(久野由美さん)  1点、音更町の医療体制と地域医療について、お伺いをしたいと思います。  ことし2月18日付厚労省が、都道府県や各地域医師の人数の偏り度合いを示す医師偏在指数を示しました。全国平均238.3に対して、北海道は222.0で、平均を下回っており、十勝は171.5と、さらに下回る結果が出ております。  

札幌市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会−03月06日-06号

市立札幌病院は、地域医療支援病院として、地域のかかりつけ医を支援し、地域全体の医療の質の向上を図ることが重要であり、地域の声に耳を傾けながらさまざまな機会を通じて、より一層、地域医療機関と連携し、信頼関係を深めるよう求めます。  次に、水道局に関する課題です。  水道管地震対策については、市民の不安を払拭するため、速やかな漏水調査の実施を求めます。

札幌市議会 2019-03-05 平成31年第二部予算特別委員会−03月05日-06号

市立札幌病院は、地域医療支援病院として地域のかかりつけ医を支援し、地域全体の医療の質の向上を図ることが重要であり、地域の声に耳を傾けながら、さまざまな機会を通じて、より一層、地域医療機関と連携し、信頼関係を深めるよう求めます。  次に、水道局に関する課題です。  水道管地震対策については、市民の不安を払拭するため、速やかな漏水対策の実施を求めます。

札幌市議会 2019-03-04 平成31年第二部予算特別委員会−03月04日-05号

1点目は病床数削減の取り組みについて、2点目は地域医療支援病院としての役割について、2点お伺いいたします。  まず、1点目の病床数の削減についてお伺いいたします。  市立札幌病院における延べ入院患者数は、2006年の25万4,000人から2016年では19万2,000人に減少しており、10年間で約6万人近くが減少している状況です。

札幌市議会 2019-01-25 平成31年(常任)総務委員会−01月25日-記録

地域医療のような住民の日常生活に欠かせないサービスにつきましては、それぞれお住まいの地域において安心して受けられることが重要だと認識しております。  一方、圏域内の医療施設は札幌などの都市部に集中しておりまして、今後、高齢化や人口減が進むことなどを勘案しますと、地域医療を取り巻く状況についてはさらに厳しさを増すものと推定しております。

札幌市議会 2018-07-02 平成30年大都市税財政制度・人口減少対策調査特別委員会−07月02日-記録

産業クラスターの形成や戦略産業育成戦略的な観光施策などの圏域全体の経済成長の牽引、高度な医療サービスの提供や高度な中心拠点の整備などの高次都市機能の集積強化、さらには、地域医療介護福祉教育などの圏域全体の生活関連機能サービスの向上といった役割や機能が基本となってまいります。  

札幌市議会 2018-06-11 平成30年大都市税財政制度・人口減少対策調査特別委員会−06月11日-記録

我が国の高齢化がますます進んでいく中で、高齢者介護をめぐる環境は一層深刻化しておりまして、今後、介護保険制度の運営も厳しさを増すことは改めて言うまでもないと思いますが、今回の白本提案でも、介護保険制度の円滑実施を求め、その中で地域医療介護総合確保基金の活用の改善を要請しております。

札幌市議会 2018-05-07 平成30年(常任)経済観光委員会−05月07日-記録

また、平成25年には地域医療支援病院承認を受けるなど、地域医療機関との連携のもと、地域完結型医療の構築に努めております。  また、厳しい経営状況が続いているために、平成30年度に行う次期中期経営計画の策定に当たりましては、市立札幌病院が担うべき役割の明確化とその役割を適切に担うための経営の健全化、この2点につきまして専門家の皆様方の議論を踏まえて策定を行っていく予定であります。  

札幌市議会 2018-03-27 平成30年第二部予算特別委員会−03月27日-10号

一方、経営改善策として、市立札幌病院は、地域医療支援病院であることから、地域医療機関から紹介患者の受け入れをふやすことが重要です。そのための取り組みとして、院長を先頭に58施設を訪問し、また、桑園地区医療懇話会を立ち上げ、直接顔を合わせて意見交換を行い、信頼関係を構築する効果を発揮しているとのことでした。

札幌市議会 2018-03-23 平成30年第二部予算特別委員会-03月23日-09号

現在は逆紹介によって地域連携を深めていることと思いますが、地域医療支援病院として、原則、紹介制をとっている以上、紹介の数が稼働率にも大きく影響してくることと思われます。より選ばれる、頼られる病院として、今持っている病院の強みや力を知っていただく対策を講じる必要があるのではないでしょうか。  

札幌市議会 2018-03-02 平成30年(常任)経済観光委員会−03月02日-記録

公立病院は、民間病院と違い、救急医療周産期医療災害医療などの政策医療地域医療支援病院としての役割など、極めて重要な役割を担っているところであります。しかし、平成29年度の経常収支は11億円の収支不足の状況であり、4年連続の収支不足が続いていることから、今回、一般会計から運転資金として27億円の長期借り入れの補正予算が提出されているものであります。  

札幌市議会 2018-03-02 平成30年(常任)厚生委員会−03月02日-記録

まず、介護医療院そのものは、地域医療構想の中で、慢性期の病床について医療の必要性の低い人を在宅医療に移行していく、また、療養病床の入院受療率の地域差も解消していくといったことから、慢性期の病床は全国で約7万床少なくしていくという目標が掲げられました。そして、その受け皿といたしまして、介護施設だったり在宅医療、在宅介護、そして、今回出てきている介護医療院というのが考えられています。