2667件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2021-03-10 令和3年度予算審査特別委員会(第2号) 本文 2021-03-10

潤いと思いやりの地域づくり事業補助金につきましては、町内会等が取り組む地域づくり事業に対する補助でありますが、予算については前年度と同額を計上しております。コロナ禍により、各町内会においては思うように事業が実施できない状況となっておりますが、昨年7月に、地域福祉安全事業のメニューにコロナ対策として非接触型温度計の購入に対する補助を加えたところであります。

釧路市議会 2021-03-10 03月10日-06号

新型コロナウイルスの影響により旅行形態なども変化しており、こうした状況の変化にも対応できる体制を整えることで、将来にわたって持続的に観光地域づくりを進められるものと考えており、幅広い分野に波及効果のある観光リーディング産業として推進してまいりたいと考えております。 私からは以上でございます。 ○議長松永征明) 市立病院事務部長

厚真町議会 2021-03-09 03月09日-02号

その予算原資は、北海道地域づくり交付金原資としているということをまず申し上げたいと思います。北海道の場合は、厚真町のようなケースについては、厚真町が支出したものに対して2分の1もしくは50万円を上限として原資を、財源を手当てしてくれるという仕組みでございます。 当然、全道一律この制度を活用しているのかと思いましたら、実は活用していないところが結構多いということになります。

帯広市議会 2021-03-09 03月11日-06号

個々に抱える悩みや問題が複雑化、多様化する中、身近な地域において住民同士が互いに認め合い、気づき、支え合うことのできる地域づくりを進めることにより、障害のある人もない人も、子供から高齢者まで全ての人が自分らしく安心して生活できる地域共生社会実現につなげていく必要があるものと考えております。 以上であります。 ○有城正憲議長 椎名議員

帯広市議会 2021-03-08 03月09日-04号

策定の趣旨として、人口減少に伴う地域経済の縮小やコミュニティ活力低下などの課題に対応し、持続可能な地域づくりを図るためと、その目的を示しています。 市は、これまで市長が掲げるフードバレー政策推進する中で、若者の夢をかなえ、新たな仕事を創発する、併せて地域外との交流により人材を育成することで、経済活性化若者の定着などを図ってきました。

釧路市議会 2021-03-08 03月08日-04号

道では、北海道らしい水素社会実現に向けて、製造から利用まで水素エネルギー地産地消を基本としたサプライチェーンを構築し、自立分散型で災害に強い安全・安心な地域づくり、関連産業創出などの取組を進め、ゼロカーボン北海道を目指すとされ、2015年度には苫小牧市で(仮称)苫小牧水素エネルギープロジェクト会議準備会を開催し、水素サプライチェーン構築を含めた水素エネルギー活用方策の検討や各企業、団体との

伊達市議会 2021-03-05 03月05日-04号

本年度の教育行政執行方針では、共に支えあう地域づくりを目指す社会教育推進として、高齢者の向学心に応えるとともに、健康で心豊かな生活を送ることや仲間づくりの場としてオトナだて学を強く推奨されております。そこで、以下の2点について伺います。 1、オトナだて学基本理念について。 2、市民啓発具体的手法について。 以上、1回目の質問といたします。 ○議長小久保重孝) 市長。          

伊達市議会 2021-03-04 03月04日-03号

これはすごく難しい課題なのですけれども、ぜひそういう取組をやりながら、老後は伊達で暮らして、ストレスフリーで所得も得れるというふうな地域づくりをやっぱりやるべきではないかというふうに考えております。 ○議長小久保重孝) 8番、田中議員。 ◆8番(田中秀幸) 分かりました。 先ほどやり取りの中で、農業の法人化という話がございました。

釧路市議会 2021-03-04 03月04日-02号

暮らし方が多様化する中にあって、生涯にわたる学びに対する意欲はさらに向上しており、いつでも、どこでも、誰でも学習ができ、その成果が適切に評価、活用され、市民満足感充実感を持って社会生活が送れるような生涯学習活動必要性が高まっており、多様な学習活動を通じて地域住民自立に向けた意識を高め、一人一人が当事者意識を持って、必要な知識、技術を習得できるようにするとともに、学習活動成果協働による地域