62件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-09-18 令和 元年総合交通政策調査特別委員会−09月18日-記録

また、事故後の対応ということで、所有者等によりまして、鉱山周辺の土壌汚染、それから水質汚濁など、いわゆる鉱害を防いで、将来にわたって適切に排水が管理されるよう、新たな管理施設建設するなどして対策が講じられていることも承知しているところでございます。札幌市といたしましても、この所有者と鉱害防止対策協定を結んでおりまして、水質など安全の確認をしているところでございます。  

札幌市議会 2019-03-01 平成31年第二部予算特別委員会−03月01日-04号

その後、敷地内で土壌汚染があることが確認され、地下水のモニタリングを継続するとともに、専門家による委員会を開催するなどして、アクションプラン2015において市民運動広場として整備する方針が平成27年度に公表されました。このアクションプランでは、平成32年度、すなわち2020年度の供用開始予定とされており、その実現を目指して整備を行うという計画でありました。

札幌市議会 2019-02-20 平成31年第 1回定例会−02月20日-04号

次に、放射性物質による環境汚染を防止するための法整備等の要望についてでありますが、いまだ土壌汚染対策法など改正されていない法律もあるなど、市民健康環境保護への法制度の対応は十分とは言えないものと認識をしております。  このため、これまでも他の自治体と連携をしながら、国に対して法整備等を要望してきておりますけれども、今後も引き続き要望をしてまいりたい、このように考えております。  

札幌市議会 2018-10-22 平成30年第一部決算特別委員会−10月22日-06号

それらトンネル工事による発生土の受け入れ地は、鉄道・運輸機構が自治体に依頼し、公募することとなっており、本市も新幹線工事に伴う発生土受け入れ地の公募を行っているとのことです  そこで、質問いたしますが、本市の公募には、土壌汚染対策法に規定されている基準を超えた重金属等を含む、いわゆる要対策土も含まれているのか、伺います。  

札幌市議会 2018-03-16 平成30年第二部予算特別委員会−03月16日-06号

例えば、瀋陽市とは、中国において顕在化する土壌汚染水質汚染などの課題解決に向けて、環境分野における経済交流を推進しております。これまでも、周年事業や冬の都市市長会議を活用して現地企業との商談の機会を設けてきたところであり、昨年度からは、北海道と連携し、札幌市内において、瀋陽市を含む中国東北地方企業との商談会を開催しており、市内企業が現地に進出する成果も出始めております。

札幌市議会 2017-07-19 平成29年総合交通調査特別委員会−07月19日-記録

◆ふじわら広昭 委員  私からは、トンネル安全対策土壌汚染対策について、現時点での札幌市の考え方等について質問したいと思います。  先ほどの説明の中でも、札幌駅までの開通は2030年度となっておりますが、やはり、試験運転などをすることも含めれば、JR北海道としては、設備全体の完成は最低でも1年あるいは2年前を求めているところだと思います。

札幌市議会 2017-03-03 平成29年(常任)経済観光委員会−03月03日-記録

しかし、先ほど申しましたように、ここは北ガスの工場跡地ということでありまして、今、東京都では豊洲への移転にかかわって土壌汚染が大変な問題になっておりますが、あそこも東京ガスの跡地ということでした。私の記憶ですと、北ガスの土地にも貯蔵タンク等々があったと思いますので、そういう意味で、土壌汚染について質問していきたいと思います。  

札幌市議会 2016-10-31 平成28年第 3回定例会−10月31日-06号

土壌汚染対策について、建設工事後の調査は困難であり、適切な措置が行えるよう、事業者に対し、法で規定された事前の届け出を徹底させることが重要と考えるが、どのように取り組んでいるのか。スプレー缶類の処理体制について、排出方法変更の全市拡大に当たり、受託業者の安定した業務確保や、近隣住民等に支障が出ないよう処理施設の設置場所にも配慮が必要だが、どのように検討しているのか。

札幌市議会 2016-10-24 平成28年第一部決算特別委員会−10月24日-07号

◆小口智久 委員  私からは、本市における土壌汚染対策について質問いたします。  東京では、豊洲新市場土壌汚染対策が計画どおりに行われていなかったことが問題になっております。私は、土壌汚染に関する有資格者として、本市の土壌汚染対策がどのように行われているのか、順次確認させていただきます。  

札幌市議会 2016-10-12 平成28年第一部決算特別委員会−10月12日-03号

国や県は、年間積算線量推定20ミリシーベルト以下になるとして、避難指示を解除し、避難者を帰還させようとしておりますが、そもそも原子炉等規制法などによる公衆の年間積算線量限度は1ミリシーベルトであり、放射線管理区域は年間5ミリシーベルト相当であること、また、土壌汚染ベルを考慮していないことなどから考えて、年間20ミリシーベルトを基準とする国の考え方は、私は人命軽視ではないかというふうに考えるところです

札幌市議会 2015-03-10 平成27年第 1回定例会−03月10日-06号

2015年度の骨格予算には290万円のモニタリング経費しか計上されていませんが、市民運動広場の整備に向けた具体的な予算措置を行い、基本計画、設計土壌汚染対策などを行い、まちづくり戦略ビジョンの実現に資する取り組みを十分に検討することを強く求めます。  次に、雪まつりの検証についてです。  ここ数年の雪まつりは、さまざまな工夫をしています。

札幌市議会 2015-03-06 平成27年第二部予算特別委員会−03月06日-06号

2015年度の骨格予算には290万円のモニタリング経費しか計上されていませんが、今後、肉づけ予算を初め、市民運動広場の整備に向けた具体的な予算措置を行い、市民安全あるいは環境保全を保ち、基本計画、設計土壌汚染対策などを行い、まちづくり戦略ビジョンの実現に資する取り組みを十分に検討することを強く求めます。  雪まつりの検証についてです。  

札幌市議会 2015-02-26 平成27年第二部予算特別委員会−02月26日-03号

その後、ラグビー場、人工芝の広場といった要望をいただくなど、スポーツに関する市民のニーズがさらに多様化している中で、私どもスポーツ部といたしましては、当該地がごみ・し尿処理場であったことにより、必要となる土壌汚染対策を講じながら、さらなるスポーツ振興の観点から市民運動広場として利用するという当初の目的に変わりはございません。