1793件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-03-14 平成31年度予算審査特別委員会(第4号) 本文 2019-03-14

また、畳の表替え、ふすまの張り替えなどについても入居者の負担ということにはなってございますが、これにつきましては、国土交通省のほうで定めております民間賃貸住宅における修繕と同じでありまして、経過年数による劣化については貸し主側の負担、それから、入居者が原因による、例えば、たばこの火による焼けこげですとか落書き、あるいは破損などによるものについては入居者負担というふうな明確なものがございますので、退去時

札幌市議会 2019-03-01 平成31年第一部予算特別委員会−03月01日-04号

それで、私は、ずっといろいろなことを国土交通省に聞いたり、あるいはパソコンで調べたり、図書館に行って道路法律ができた歴史とか経過とか、いろんなことを調べました、そうしたら、要は、道路というのは、交通量に必要なだけの車線数、道幅であればいいということなので、それからしたら、ここのところは6車線にする必要はないのです、こういう話をされて、委員の皆さんにも言っておられるのですね。

札幌市議会 2019-02-21 平成31年(常任)建設委員会−02月21日-記録

下水道ですが、先般、もう2週間前ぐらいになりますか、国の平成30年度予算で、国土交通省の中で600億円ぐらい工事費を減にした、そのうち下水道予算が370億円減額になった、こういうことがNHKのニュースで報じられました。  平成30年度の当初予算で計上されているものについて、国からの事業決定がなくて金が来ないということで減額補正になっております。

札幌市議会 2019-02-21 平成31年(常任)厚生委員会−02月21日-記録

加えて、2016年、警察庁から国土交通省に対して、高齢者の移動手段の確保に向け、各地方公共団体と連携協力して、持続可能な地域公共交通網の形成を促進されたいという通達が出されており、本市に対しても、北海道運輸局を通してその内容について通知が届いているところであります。  そこで、伺いますが、免許を返納した高齢者地域で安心して暮らし続けるための外出支援が求められていると思います。

札幌市議会 2019-02-08 平成31年第 1回定例会−02月08日-01号

議案第52号 札幌市屋外広告条例の一部を改正する条例案は、国土交通省が作成した屋外広告条例に関するガイドラインの一部改正等を踏まえ、屋外広告物等の所有者及び占有者に対する管理義務を定めるとともに、その設置者、管理者等に対して一定以上の知識を有する者による点検を義務づけるなどの改正を行うものであります。  

倶知安町議会 2018-12-12 倶知安町議会 会議録 平成30年 第4回 定例会(12月)-12月12日−05号

この建設汚泥においては、国土交通省から通知されている建設汚泥の再生利用のガイドラインにおいて、発生する建設汚泥については、まず現場内での再生利用を第一に努め、現場内での再生利用が困難なものについては、当該現場外での再生利用が図られるよう努めることとされています。

札幌市議会 2018-12-11 平成30年(常任)経済観光委員会−12月11日-記録

そして、3月には交通局運送事業の担い手との連名で同計画の変更申請を行い、その後、国土交通省において審査が開始され、計画の認定は平成31年、2019年の秋ころを見込んでございます。また、来年の4定におきましては、関係する条例の改正案を提出し、平成32年、2020年4月から上下分離を導入する考えでございます。 ○佐々木みつこ 委員長  それでは、質疑を行います。

札幌市議会 2018-12-11 平成30年(常任)総務委員会−12月11日-記録

国土交通省は、駐車場の附置義務制度の見直しについて、荷さばき駐車施設の不足が顕著となり、整備が求められている、快適な歩行空間、円滑な道路交通の確保のために荷さばき駐車対策は重要としております。また、本市も、2016年10月から2017年2月にかけて、荷さばきエリアマネジメント実証実験を行いました。

根室市議会 2018-10-31 平成30年10月 一般会計決算審査特別委員会-10月31日−02号

そのような中でも、毎年度の予算事業要望の中で、国、開発局、国土交通省に向けて、今お話ししました2億ベース、事業費で6億ベース、これを非常に確保していただきたいと、厳しい国費の配分の中でも、どうかこういう根室港という、サンマの水揚げも含めて日本一の中ですので、そういう配分をいただきたいという要望は強く申しているところでございます。 ○委員長(小沼ゆみ君)  滑川委員。

札幌市議会 2018-10-25 平成30年第二部決算特別委員会−10月25日-08号

ことしの8月4日付北海道新聞に、「豊平川決壊、都心麻痺」と題して、豊平川を所管する国土交通省札幌開発建設部が豊平川が決壊した場合のシミュレーション動画を作成したとの報道がされました。今回の動画は、2015年の水防法の改正を受けて、想定される最大規模の豪雨、1,000年に1度豊平川流域に降る可能性がある雨として、72時間で406ミリの雨を想定して策定しているということです。  

札幌市議会 2018-10-24 平成30年第二部決算特別委員会−10月24日-07号

10月16日に、国土交通省において、KYB株式会社及び子会社のカヤバシステムマシナリー株式会社が製造した免震・制振用オイルダンパーの一部に不正があって、本来の性能基準を満たさない製品があることが判明したところであります。また、昨日は、新たに、光陽精機株式会社が製造し、株式会社川金コアテックが出荷したオイルダンパーについても同様の不正があったことが国土交通省から発表されたところであります。