906件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2020-01-17 令和02年(常任)経済観光委員会−01月17日-記録

空き家や空きビルをリノベーションしたゲストハウスは、地域商店や市内観光と観光客をつなぐ拠点といった役割も担っております。しっかりと、私は、そうした方々にも意見をきちんと聞いていただきたいと思います。  市内宿泊者は、必ずしも観光客とは限らず、仕事や合宿、介護や通院など多様な実態があると思います。さらには、高齢者、子ども、障がいのある方などあらゆる宿泊者が宿泊税の課税の対象となります。

札幌市議会 2019-12-11 令和 元年第 4回定例会−12月11日-05号

鈴木克典氏は、現在、北星学園大学経済学教授をされているほか、地域商店支援事業選考委員会委員等をされている方であります。  高橋 智氏は、平成3年に弁護士の登録をされ、現在、札幌簡易裁判所民事調停協会会長等をされている方で、平成28年12月から札幌市土地利用審査会委員に就任されております。  

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)建設委員会−12月09日-記録

歩道や車道の通行制限が長引くことにより、市民観光客など歩行者、また、バスなどの自動車交通や地元商店への影響が懸念されるところでありますが、今回の補正予算では債務負担行為の限度額が5億9,900万円から19億円に変更する内容となっております。  そこでまず、債務負担行為の限度額が約13億円も増額となった理由について伺いたいと思います。

札幌市議会 2019-12-05 令和 元年第 4回定例会−12月05日-03号

今後も、地域の自主性を尊重しながら、商店等の民間団体地域住民が取り組む自然や歴史を生かしたまちづくり活動を支援してまいりたいと考えているところでございます。  私からは、以上でございます。 ○議長(五十嵐徳美) 長谷川教育長。 ◎教育長(長谷川雅英) 私から、9項目めの教育の諸課題についてお答えをいたします。  

札幌市議会 2019-10-23 令和 元年第一部決算特別委員会−10月23日-08号

札幌市内でも、50カ所程度の活動が確認されており、町内会商店と連携して夏祭りなどを開催しているところもあります。こうした子ども食堂や支援施設は、安心して子どもが過ごせる居場所、そして、見守りの場所として地域でも存在感を増しています。  私も、白石区で精力的に活動している子ども食堂を数カ所訪問させていただきました。

札幌市議会 2019-10-16 令和 元年第二部決算特別委員会−10月16日-06号

地下鉄南北線さっぽろ駅と地下商店であるアピアとの間にある段差については、建設当時、国鉄札幌駅前広場下にありましたステーションデパート地下鉄駅とは深さの基準が異なっていたため、接続部に段差ができたということであります。この段差を解決するためには、アピア側の床となっている地下鉄隧道の天井を下げる必要がありますが、非常に難工事で莫大な費用が要るというお話でした。  

札幌市議会 2019-09-25 令和 元年第 3回定例会−09月25日-03号

この関係悪化と逆風は全国の観光地に及んでおり、小樽運河近くの商店では8月に入って韓国人客が前年に比べ3割以上も減少し、札幌市でも繁華街にあるカニ料理店では、7月以降、団体客の新規の予約がとまり、秋以降の団体予約で1,500席を超えるキャンセルが出ていると報じられ、定山渓温泉では予約が半分以下に減った宿泊施設もあります。  

音更町議会 2019-09-20 平成30年度決算審査特別委員会(第3号) 本文 2019-09-20

空き店舗活用事業補助金でございますが、市街地商店及び地域の活性化を図るため、町内全域を対象とし、空き店舗を買い取り、または借りて創業等をする者に対し、改修費及び家賃を補助するものでありますが、平成30年度は9事業者が対象となってございます。  続きまして、2目労働諸費でございますが、261万1,330円の支出済額で、前年度と比較し3万7,450円の減となってございます。  

音更町議会 2019-03-13 平成31年度予算審査特別委員会(第3号) 本文 2019-03-13

空き店舗活用事業補助金550万円につきましては、市街地商店の活性化を図るため、町内の空き店舗を買い取り、または借りて創業等をする者に対し、改修費及び家賃を補助するものでございます。30年度認定で、31年度から対象となる5件分と、新規分として2件を見込んだところでございます。  66ページをお開き願います。2目労働諸費でございます。前年度と比較しまして2万5千円の増となってございます。  

札幌市議会 2019-03-01 平成31年第二部予算特別委員会−03月01日-04号

また、実証実験事業として、狸小路商店振興組合と連携し、公道では全国初となる配送ロボットのデモ走行をしたり、アーケード街の通行部に滞留スペースを設けてイベントを開催しておりました。本格開催2年目を迎え、産業イベント実証実験の場としてますます多様な動きを見せてきたものと感じるところであります。  

札幌市議会 2019-03-01 平成31年第一部予算特別委員会−03月01日-04号

しかし、そもそも人口減少と地方が疲弊した原因は、国が進めてきた輸入自由化などによる農林畜産業の切り捨てと大店法廃止による商店衰退、三大都市圏への大型開発の集中、非正規雇用の拡大による雇用破壊、三位一体改革による地方交付税の大幅削減や、平成の大合併によって住民サービスを後退させ、地域経済に打撃を与えたことによるものです。

石狩市議会 2018-12-14 12月14日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

一、地域商店魅力化モデルプロジェクト事業の効果と今後の活用について。一、浜益大雨災害農業施設災害における復旧事業費の財源の相違理由について。 環境市民部所管では、一、防犯カメラの設置状況について。一、共同墓地建設の進捗状況について。一、風力発電ゾーニング検討事業における累積的環境影響評価の検討過程について。一、災害時における再生可能エネルギー施設の活用に対する考え方について。

札幌市議会 2018-12-11 平成30年(常任)経済観光委員会−12月11日-記録

こうした点から、商店の活性化あるいは観光振興など、まちづくりにも資する公共交通として世界の各都市でも改めて注目されていると言われております。そういう点で、議会としても、これらによく配慮された交通政策になるのかどうかということが非常に重要な視点だと思いますし、路面電車事業の上下分離をそうした角度から検証していくことが必要であると思います。  

札幌市議会 2018-10-31 平成30年第 3回定例会−10月31日-06号

商店について、災害時には生活に必要な物資供給することができる事業者であり、店舗の集合体という特性を生かした貢献方法があると考えるが、どのような役割を果たすと認識しているのか等の質疑がありました。  農政費では、今回の台風地震による農業被害について、被災した農家の生産機能を速やかに復旧させ、経営の安定化を図ることは重要と考えるが、どのように支援していくのか等の質疑がありました。  

札幌市議会 2018-10-30 平成30年(常任)総務委員会−10月30日-記録

かつて、大店立地法による規制緩和が行われたことによって、全国各地で大型資本郊外出店が活発化し、既存の商店がシャッター通り化するというケースが広がりました。これらの商店のシャッター通り化は、地元の経済の縮小をもたらすだけでなく、徒歩生活圏における消費生活が困難になります。