320件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-02-27 平成31年第二部予算特別委員会−02月27日-03号

最後に、要望で終わりますが、地球温暖化対策、また、原油価格の動向による電気料金の高騰など財政上の問題、さらには、震災後の社会情勢の大きな変化などによりまして省エネの必要性はますます高まっておりますので、今後、さらにスピード感を上げていただきながら街路灯のLED化を一層推進していただきたいと思います。

音更町議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-18

この点、福祉灯油助成開始は、今回は町長のほうから行政報告で、昨年末からの原油価格の高騰、また、灯油価格の高騰が懸念されるといった実施の考え方、そういったものはお示しいただきました。ですけれども、その基準について明確にされているのかどうなのか、その点をお伺いしたいと思います。  

釧路市議会 2018-03-06 平成30年第1回 2月定例会-03月06日−05号

2007年平成19年には、原油価格高騰の影響を受けて、三笠市や砂川市、鹿部町や雄武町で福祉灯油制度が復活をし、釧路市では4,200世帯に1世帯当たり3,000円の助成を行うぬくもり助成金を実施しました。対象世帯は、高齢者、障がい者、ひとり親世帯であります。しかし、釧路市は3年後の2010年平成22年にこの制度を廃止し、以来この制度はありません。

函館市議会 2016-12-15 平成28年第4回12月定例会-12月15日−06号

イカ釣り漁船が減少してきたのは、国際的な原油価格の高騰に伴う採算性の悪化による廃業や、乗組員を確保することができないことによる休業、廃業が要因として考えられることから、市といたしましては、イカ釣り漁船の減少を抑制するため、乗組員を確保するための方策を検討してまいりたいと考えているところでございます。  以上でございます。 ◆(工藤恵美議員) 減少の理由が、先ほど聞きました4つあると。

北見市議会 2016-03-03 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月03日−03号

次に、マイナス金利と原油価格について、1999年2月、日本銀行は低迷している日本の景気を回復するためにゼロ金利政策を導入しました。その後、2000年8月にゼロ金利政策は一旦解除されますが、2001年3月に再び導入され、2006年7月に解除、2010年10月に3度目のゼロ金利政策が導入され、ついに2016年1月29日に日本銀行金融政策決定会合でマイナス金利の導入を決定しました。

札幌市議会 2016-02-17 平成28年第 1回定例会−02月17日-01号

我が国の経済は、雇用所得環境が改善し、原油価格の低下等により交易条件が改善する中で、緩やかな回復基調が続いており、今後も堅調な民需に支えられた景気回復が見込まれております。しかし、個人消費の改善テンポはおくれ、地方によっては経済環境にいまだ厳しさがあるほか、企業収益に比して設備投資も弱い状況にあるなど、一部に弱さも見られるところであります。  

札幌市議会 2015-11-06 平成27年第 3回定例会−11月06日-06号

国が必要だと判断するほど、原油価格の高騰は市民生活に大きな影響を与えており、北海道内の市町村の9割が福祉灯油を実施したのに、本市が実施しなかったことは問題です。代表質問でも述べましたように、貧困対策として、暖房用燃料費への支援を直ちに行うべきことを強く求めます。  理由の第4は、無料だった東健康づくりセンターが2014年4月から有料化されたからです。  

札幌市議会 2015-11-04 平成27年第二部決算特別委員会−11月04日-09号

国が必要だと判断するほど、原油価格の高騰は市民の生活に大きな影響を与えており、北海道内の市町村の9割が福祉灯油を実施したのに、本市が実施しなかったことは問題です。代表質問でも求めたように、貧困対策として、暖房用燃料費への支援を直ちに行うべきことを強く求めます。  2014年4月から消費税が8%に増税になりました。

旭川市議会 2015-10-02 平成27年 決算審査特別委員会-10月02日−06号

外部要因は、主に原油価格ウクライナ問題といいますか、国際政治の関係についてお伺いします。  まず、原油価格です。  原油価格、一時期、1バレル100ドルぐらいありましたけど、今はもう、50ドルを割るぐらいまで下がってきていて、原油天然ガスを主な産品とするロシア経済、サハリン経済については大きな影響を与えているというふうに見られます。

倶知安町議会 2015-09-14 倶知安町議会 会議録 平成27年 第3回 定例会( 9月)-09月14日−02号

本年の灯油価格ですが、札幌市消費者センターの調査によると、8月25日現在で平均1リットル当たり76円15銭となっており、最近の原油価格の下落の影響もあり、昨年度の同時期の1リットル当たり105円2銭から、28円87銭下回っております。  本年度の冬季生活支援費助成事業に関しましては、灯油価格がこのままの価格帯で推移した場合には、実施しない方向で考えておりますので、御理解いただきたいと思います。

北見市議会 2015-07-01 平成27年  6月 定例会(第2回)-07月01日−02号

既にガソリン、小麦、バターなど次々と価格が上がり、原油価格は急騰して電気代やガス代などの公共料金も上がる一方。また、輸入飼料価格も急騰して肉や乳製品の価格がはね上がり、物の価格が上がります。特に年金生活者や非正規雇用などの人たちの生活に直撃し、これまでと同じものさえ購入できなくなるという弱い者いじめの最たるものです。

千歳市議会 2015-06-18 平成27年 第2回定例会補正予算特別委員会-06月18日−02号

それと、原油取引については、市場に委ねている関係もありまして、原油価格が非常に変動するし、投機的な部分も変動するというふうに思っています。  それで、今後、灯油価格が高騰したときに対しての市としての対応というか、見直しというか、そういうものも検討されるのか、お考えをお聞きしたいと思いますが、いかがでしょうか。

千歳市議会 2015-03-23 平成27年 予算特別委員会-03月23日−05号

それで、平成26年度は、一時期、原油価格が非常に下がったことにより、例えば、温水プールなどでは、多額な利益が発生するかもしれません。それはわかりませんけど、利益が発生した場合、返せとか返さないとかという、何年か前も議論がありましたけど、そんな議論に、またなるのじゃないかなという危惧を僕は抱いています。  

旭川市議会 2015-03-06 平成27年 第1回定例会-03月06日−06号

2008年の世界的規模での食料危機は記憶に新しく、また、今後も、穀物生産国における干ばつや原油価格の上昇は輸出規制につながり、幾らお金を出しても他国が穀物を渡さない状況となれば、食料自給率の低い日本国民は、基礎的な食料を失うことになってしまいます。近年の気候変動の影響は、農業に大きな影響を及ぼします。また、世界的規模での食料の奪い合いもそう遠い時期ではないように考えます。  

根室市議会 2014-12-19 平成26年 12月 予算審査特別委員会-12月19日−01号

◆委員(鈴木一彦君)  それで、灯油原油価格というふうに言ってもいいかと思うのですけれども、これは結構いろんな要件があると思うのですね。産油国の情勢ですとか、本当にさまざまな状況が複雑に絡み合って、決まっているのではないかなというふうに想像しております。  一方、やはりそれとともに市中経済の状況というのも非常に重要なファクターなのかなと。  

札幌市議会 2014-12-05 平成26年(常任)厚生委員会−12月05日-記録

◎木下 総務部長  まさしく原油価格の動向につきましては、もちろんきちんとお話しできるほどのプロではございませんが、確かに、原油価格そのものは、かなり落ちついているというより、5年ぶりぐらいの低価格と伺っております。今、1バレル当たり60ドル程度でしょうか、以前は100ドル程度で前後していたと思いますので、かなり下落している状況にあります。