3170件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2020-01-17 令和02年(常任)経済観光委員会−01月17日-記録

いずれにいたしましても、宿泊税を導入する場合には、宿泊事業者の協力が不可欠でありますことから、その関係団体との連携を図りながら検討を進めてまいりたいと考えてございます。 ◆わたなべ泰行 委員  ただいまの答弁で、宿泊事業者の協力なしにはなかなか宿泊税は進んでいかないと、まさにそのとおりであると思います。  先日、定山渓観光協会の方たちのところへ、お話を伺いに行ってまいりました。

音更町議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 2019-12-13

ただし、3年前ですか、29年には実際に自衛隊の方が来ていただいて炊き出しをしていただいて、赤十字の方々の御協力でおにぎりをつくって訓練をしているということはございます。来年の6月の水防演習についても、ことしのむかわで行われていた内容を見ますと自衛隊による炊き出し訓練というのが行われておりました。

札幌市議会 2019-12-11 令和 元年第 4回定例会−12月11日-05号

コースの沿道には多くの一般住宅病院等が建ち並んでおり、交通規制や夜間工事が行われることも想定されるため、周辺住民の理解と協力が不可欠であると考えるが、どのような対応を考えているのか。交通への影響をできるだけ抑えるため、夜間や片側ずつの工事とすることで1車線は確保するとのことだが、特に交通量の多い片側3車線の道路については、通勤ラッシュ時などに規制を緩和する考えはないのか。

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)建設委員会−12月09日-記録

議会としても、大会の成功に向けて理解と協力を惜しむべきものではないというふうに考えます。そのためにも、状況の変化に応じて速やかな情報開示を心がけていただきたい、この辺だけ申し上げて、私の質問を終わりたいと思います。 ◆林清治 委員  私は、今、議題となっております議案第1号、そして議案第32号、この部分で幾つか質問していきたいと思っております。  

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)厚生委員会−12月09日-記録

また、多死社会の到来に伴う問題の解決に向けまして、行政火葬場の機能を最大限発揮するためには、取り組みへの理解と協力を得ることが必要であることからも、市民への意識醸成は重要と認識しております。  以上のことから、市民の葬送に関する意識醸成を基本構想における基本目標の一つとして位置づけているものであります。

札幌市議会 2019-12-05 令和 元年第 4回定例会−12月05日-03号

改めて、都心アクセス道路に対する市民のニーズは、一年を通じて、高速道路都心部を結ぶ定時性、速達性の高い道路を求めていることがわかると同時に、その一方で、沿線の市民工事中の影響への配慮を求める意見も確認でき、住民の協力を得て整備が進められるようしっかりと検討を進めていただきたいと思います。  先日の第三者委員会では、このアンケート結果を受けた対策案の詳細検討の結果が報告されたところです。

音更町議会 2019-11-05 令和元年第4回臨時会(第1号) 本文 2019-11-05

今回、委員になるに当たり、大きな不安がございますが、委員として、研鑽に励み、ほかの委員の皆さんと協力しながら、各種選挙が公平に執行管理されますよう、その任務を誠心誠意務めたいと考えております。  今後とも一層の御指導と御鞭撻を賜りまして、簡単粗辞ではございますが、御挨拶にかえさせていただきます。  

札幌市議会 2019-11-05 令和 元年(常任)建設委員会−11月05日-記録

たとえ1人乗りであっても、業界団体、事業者等の協力も含めて、今後も引き続き、安全確保の中で目視などの基本かつ細心の注意を徹底されることを強く指摘させていただきたいと思います。  それでは、次の質問でございますが、雪堆積場でございます。  雪堆積場は、いろいろな中で遠隔化しておりまして、なかなか土地も見つけづらく、不確定要素もございます。

札幌市議会 2019-10-28 令和 元年第 3回定例会−10月28日-07号

野外彫刻の保全について、経年劣化による倒壊の危険性が高い作品も多い中、調査や補修などを行ってきている市民団体等の協力を得ることが重要と考えるが、どのように取り組んでいくのか。札幌国際芸術祭2020について、海外からの来場者をふやすには、豊富な雪や寒冷な気候といった本市の冬の魅力を効果的に発信することが重要だが、どのような広報活動を展開していくのか等の質疑がありました。  

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年(常任)総務委員会−10月25日-記録

一方、サービス水準の在り方の検討や、受益者負担の適正化といった市民の皆さんにご協力、ご理解をいただかなければいけないものの見直しについては、今回のパブリックコメントで寄せられたご意見を踏まえるとともに、必要に応じて市民議論の場を設けるなど、丁寧に検討を進めてまいりたいというふうに考えてございます。