1202件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-11-29 令和 元年冬季オリンピック・パラリンピック招致調査特別委員会−11月29日-記録

これまで、札幌市は、北海道にゆかりのあるオリンピアン、パラリンピアンを会員とする北海道オール・オリンピアンズと連携協定締結し、さまざまな取組をして進めております。北海道オール・オリンピアンズは、その会員が480人を超え、全国一の人数であると伺っておりますが、冬季オリンピック・パラリンピックの招致を目指す北海道、札幌にとって、まさに大きなよりどころとも言える存在であると感じております。

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年(常任)総務委員会−10月25日-記録

これらの方針を実現していくため、地域課題解決ネットワークの充実など、市民企業などとのや総合的な窓口利便性向上などの市民サービスの高度化、さらには、業務の見える化に基づく既存事業の見直しなどの業務の効率化、生産性の向上などに取り組んでまいります。  5ページをごらんください。  ここでは、財政運営の取り組みについて記載しております。  

札幌市議会 2019-09-30 令和 元年(常任)財政市民委員会−09月30日-記録

中でも、文化財の保存、活用に関する行政市民専門家等の連携・を他の取り組みを推進する上でも重要なことと位置づけております。  次に、資料左側の中段あたりになりますが、それぞれに期待される役割といたしまして、行政、有識者、文化財所有者、活用者、市民の役割を記載しております。行政の役割は文化財の保存、活用の方針を示すなど、活用者の役割は文化財を活用した事業の展開などでございます。  

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年第一部議案審査特別委員会−07月03日-05号

理由の第3は、業務改革推進費として、ほかの自治体、民間企業とのによって業務の見える化を推進するとともに、見直し手法の検討及び見直しに向けた実証実験を行うというものです。その見直しの内容は、本市の各種業務の委託化などを想定しているから反対です。  委員会の質疑では、業務の流れ等を可視化することで必要な対策を考えるために、委託ありきではないが、将来的には選択肢となり得るとのことでした。

札幌市議会 2019-07-01 令和 元年第二部議案審査特別委員会−07月01日-04号

その中でも、福岡市は先進的な取り組みを行っているとのことですが、近年、その福岡市人口を伸ばしている要因の一つに、2012年にスタートアップ都市・ふくおか宣言をして、このようなスタートアップを早くから支援する体制を整え、人や企業をしっかりと生み育てる仕組みづくりに産学官で取り組んできたことが挙げられていると聞いております。  

札幌市議会 2019-06-27 令和 元年第一部議案審査特別委員会−06月27日-03号

これは、他の自治体や民間企業とのによっていわゆる業務の見える化を進めるとともに、各種業務の見直し手法の検討及び見直しに向けた実証実験を行うというものであります。  現時点では、各区窓口、各区保健福祉課、生活保護道路管理、工事の発注、監督、建築指導などの各業務の見直しを想定しているということです。

札幌市議会 2019-06-25 令和 元年第二部議案審査特別委員会−06月25日-02号

その他、いろいろご指摘をいただきましたが、母子保健等との関係につきましても、結局、アプローチは異なりますけれども、目的とするところは同じということでありますので、庁内外、外の機関も含めまして、子どもの福祉の向上についてどのようにしていくかということは、まさに、情報共有を図りつつ、の状況を深めて取り組んでいく必要があるというふうに考えております。

札幌市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回定例会−06月20日-03号

虐待に早期に気づき、速やかに子どもの安全確保を図るためには、子どもや保護者にかかわる機関との連携やが重要ですが、仮に虐待に至ったとしても、その後、子どもの安全を図りながら親子を支援していくには、児童相談所、区の家庭児童相談室はもとより、学校幼稚園保育所児童会館や病院など、児童にかかわるさまざまな機関が支援の全体像を共有し、強固にネットワークを構築して、重層的で細やかに対応していくことが不可欠

音更町議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-19

また、地域課題の整理や解決、さらには行政情報等の伝達や連絡など、行政と町民個々とをつなぐ重要な調整役としてのまちづくりに大きく貢献をしていただいており、町としても地域コミュニティの存続に向けて引き続き支援をしていく必要があると考えております。  町内会の課題につきましては、人口減少や少子高齢化の進展、加入率の低下により、担い手となる人材の不足が問題になっております。

札幌市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回定例会−06月19日-02号

この制度は、地域と市の双方が費用を支出し、冬期間の生活環境向上のため、地域で生活道路の排雪を行う制度として広く地域に浸透し、市内生活道路の約7割で実施されていますが、近年、施工費の大部分を占める労務費や機械経費が急激に高騰しており、地域支払い額が大きく上昇したため、制度を利用している町内会からは、今後も利用していくためには、経費捻出のため、地域のイベントなどの縮小や中止をせざるを得ないといった

札幌市議会 2019-05-27 令和 元年(常任)建設委員会−05月27日-記録

環境整備では、市民とのによる事業といたしまして、ワークショップ等による意見交換を行い、地域のニーズを踏まえた水辺の整備を行います。  また、委託費等につきましては、記載のとおりでございます。  次に、表(2)河川維持管理費ですが、河川につきましては、本市が管理いたします421河川、延長581キロメートルの草刈り、しゅんせつ、護岸補修などを行います。

音更町議会 2019-03-13 平成31年度予算審査特別委員会(第3号) 本文 2019-03-13

下から2番目の多面的機能支払事業費2億4,261万9千円につきましては、地域における活動を通じ、農地農業用用水等の資源環境の良好な保全を図る地域支援策であり、国及び道からの補助金を町が受け、町が活動支援組織へ交付するものでございます。32地区1万8,791ヘクタール地域で取り組む予定となってございます。  続きまして、2目耕地整備費であります。

音更町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 2019-03-07

二つ目、町民参加のまちづくりについて、これまでの行政運営の評価につきましてお伺いします。  3点目、同条例は、町民の参加を推進することを目的としておりますが、職員意識改革も期待されております。条例制定から職員意識改革は進んでいるのでしょうか、お伺いいたします。  

音更町議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 2019-03-04

誰もが住み続けたい、住んでみたいと思える音更町のまちづくりを目指し、タウンミーティングなどを通じて多くの町民の皆さんの声を聞き、いただいた御意見をまちづくりに反映させ、町民の皆さんと手を携えながら、町民みんなでのまちづくりを進めてまいります。  さて、我が国の経済は、政府財政金融対策によって緩やかな回復基調が続いております。

札幌市議会 2019-03-01 平成31年第二部予算特別委員会−03月01日-04号

札幌市では、ことしの1月15日に、市内のホテル旅館が加盟する3団体災害時における旅行者の受け入れ等に関する協定締結し、旅行者の一時滞在施設の指定や公共交通機関などの情報提供などについて連携・できる体制を構築していくということでありました。私は、このような取り組みは、ホテル旅館だけではなくて、民泊事業者も含めて検討すべきであると考えます。