3670件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2020-01-17 令和02年(常任)経済観光委員会−01月17日-記録

北海道においては、昨年11月に、仮称ではございますが、観光振興税の具体的なイメージを公表し、税を活用した取り組みや税制度基本的な考え方などを示すとともに、昨年12月から有識者の懇談会が開催されております。課税対象や税額といった税制度や税の使い道など、観光振興税の導入に向けた具体的な議論が今後本格化していくと伺っているところでもございます。

音更町議会 2019-12-19 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 2019-12-19

これは定例会初日の行政報告でも触れられておりましたけれども、この応募までには至らなかったけれども、問い合わせ等々についてどの程度の件数があるのか、問い合わせ等々についても1者だけなのかという点をお聞きをしたいのと、指定管理者制度導入、それから民営化、ほかの施設等々の民営委託等々の中で当初から懸念されていた、こういう地方においてはなかなか正常な競争が存在し得ない、こういう懸念をずっと持っていたわけですけれども

音更町議会 2019-12-17 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 2019-12-17

町の人口は、平成22年の4万5,085名をピークに減少傾向に転じておりますが、町民の行政ニーズの多様化や各種制度改正による業務内容の複雑化等により、業務量は減少していない状況にあります。このことは、本町の発展に伴う人口増による行政ニーズの拡大、さらに、国の権限移譲や社会保障制度の改正などによる業務量の増加に応えるべく対処してきたことによるものだと認識しております。  

音更町議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 2019-12-16

平成29年10月25日、改正住宅セーフティネット法が施行され、民間賃貸住宅などを活用した住宅困窮者への新たな制度が始まりましたが、2年を経てもこの制度による登録住宅は目標にほど遠い状況にあります。国土交通省は、制度スタート時に住宅セーフティネットの根幹である公営住宅との認識を示されましたが、実態は機能していない状況にあると言えます。  

音更町議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 2019-12-13

このような制度改革への対応と増加する高齢者に対する支援策について伺います。  2020年度介護の予防や自立支援に対する国の方針について町の考えは。  地域のニーズ把握と実態把握・分析・課題抽出をどのように行っていますか。  高齢者の要介護度の改善、身近な地域で体操や趣味を楽しむ通いの場の参加者数、リハビリ専門職の関与の現状と今後の取り組みは。  

音更町議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第1号) 本文 2019-12-11

まず、行政不服審査制度は、平成28年4月の法改正により見直しをされております。主な変更点といたしましては、不服申し立ての手続が、従前の異議申し立てと審査請求の2本立てであったものが審査請求に一本化されたこと、それから、審査請求ができる期間が60日以内から3カ月以内に延長されたこと、それから、行政不服審査会等の諮問機関の設置をすることなどが上げられております。  

札幌市議会 2019-12-11 令和 元年第 4回定例会−12月11日-05号

この補正予算は、ことし5月15日、医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正する法律成立に伴い、保険資格のオンライン確認制度を導入するための国保システムの改修業務について、債務負担行為を設定するためのものです。  この法改正は、マイナンバーカードの普及率が相変わらず13%と低いことから、国保における普及拡大を狙ったものです。  

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)建設委員会−12月09日-記録

続いて、質問でありますが、本市の各耐震制度につきまして、特に木造住宅耐震補助制度の実績、また、実績向上へのこれまでの取り組みを伺います。 ◎倉嶋 建築安全担当部長  支援制度の概要と実績についてお答えいたします。  本市におきましては、民間建築物耐震化を促進するため、さまざまな支援制度を実施しております。

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)厚生委員会−12月09日-記録

議案第2号 札幌市国民健康保険会計補正予算は、保険資格のオンライン資格確認制度の導入に伴うシステム改修業務について、債務負担行為5,400万円を設定するものです。  1点目の質問ですが、議案説明会のときにいただいた資料3の二つ目にありますように、令和2年7月予定の事前連携テストに間に合わせるため、債務負担行為を設定するということですが、この事前連携テストとはどのようなものか、伺います。

札幌市議会 2019-12-05 令和 元年第 4回定例会−12月05日-03号

平成31年3月に、厚生労働省補助事業として実施された有料老人ホーム等に対する指導監督等に関する実態調査研究事業の報告書によると、全国における有料老人ホームの届け出施設数は、平成12年の介護保険制度施行時には約200施設であったものが、毎年約1,000施設の新規設置があり、平成29年には約1万3,000施設にまで増加しています。

札幌市議会 2019-11-28 令和 元年第 4回定例会−11月28日-01号

議案第2号 令和元年度札幌市国民健康保険会計補正予算は、保険資格のオンライン確認制度の導入に伴うシステム改修業務について債務負担行為を設定するものであります。  議案第3号 令和元年度札幌市介護保険会計補正予算は、平成30年度に交付された国庫支出金及び道支出金のうち、超過受け入れ分について返還金を追加するものであります。  

札幌市議会 2019-11-28 令和 元年第 4回定例会−11月28日-目次

   2 北海道新幹線トンネル発生土の対応    3 児童虐待防止に向けた取り組み    4 障がい者施策の充実    5 介護施策の充実    6 水素エネルギーの利活用    7 成長や拡大が見込まれる産業分野    8 災害時における水道システムの機能強化    9 持続可能な建設産業の体制確保に向けた取り組み    10 子育て世代に優しい公園づくり    11 札幌市住宅エコリフォーム補助制度

札幌市議会 2019-11-28 令和 元年(常任)経済観光委員会−11月28日-記録

新たに条例に設ける規定として、1の卸売の業務の許可制度がございまして、卸売業者についてはこれまで国、農林水産省による許可制度でしたが、これを本市による許可制といたします。その横の囲みに目を転じていただいて、2−1の取引ルールに関しましては、改正市場法に列記されている取引参加者が最低限遵守すべき事項、すなわち全国共通のルールを改正法にのっとって規定しております。  

札幌市議会 2019-11-15 令和 元年(常任)財政市民委員会−11月15日-記録

1点目は、全庁的に取り組みを進めること、2点目は、最小の経費で最大の効果を上げる取り組みとして、行政サービス範囲の検討、国等の制度の積極的な活用、民間活力の積極的な活用の3点を掲げてございます。3点目の市民との情報共有は、公共施設に関するさまざまな情報をわかりやすく開示、提供するとともに、市民参加の機会を設けながら取り組みを進めてまいります。