6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

音更町議会 2018-09-18 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-18

このコンセッション方式、空港にも代表されますけれども、やっぱり大きなキャパがあったほうがコストダウンですとかそういったメリットが出やすいというふうに思いますけれども、仮に将来的に32年の道の公営企業会計が始まったときに、浜松よりもキャパが小さいから余りメリットないだろうというような先入観は持たずに、こういった民間資金等活用事業調査補助事業なんかがまた出てきた場合にはぜひ検討していただきたいなというふうに

北広島市議会 2017-02-17 02月17日-01号

下水道事業につきましては、平成31年度からの公営企業会計に向けた準備を引き続き行うとともに、長寿命化計画に基づいた施設更新を計画的に進めてまいります。 下水処理センターで発生する乾燥汚泥につきましては、肥料として有効利用を図るため、市内農業者町内会や小中学校などの公共施設へ提供するとともに一般市民への還元を行ってまいります。 

北広島市議会 2015-02-20 02月20日-01号

下水道事業につきましては、公営企業会計に向けた作業を開始するとともに、長寿命化計画に基づいた下水処理センター及び管きょの更新を計画的に進めてまいります。 し尿及び浄化槽汚泥処理につきましては、道央地区環境衛生組合が解散することから、長沼町、南幌町及び由仁町からの事務の委託により、し尿処理を行ってまいります。 

北広島市議会 2014-08-29 09月10日-02号

次に、下水道事業公営企業会計についてでありますが、総務省により本年8月29日に公営企業会計適用拡大に向けたロードマップが示され、人口3万人以上の下水道事業については、平成32年4月までに公営企業会計へ移行することとされております。 このことから本市におきましても、平成27年度から公営企業会計へ向けた準備を進めてまいります。 

函館市議会 1999-12-15 12月15日-05号

それと、下水道、前に公営企業会計するときに議会でもいろいろな議論がありましたよ。公営企業会計するときには、これまでの一般会計負担というのはきちっと維持していくと。もちろん、そのときの解釈の違いはありますね。雨水は100%負担ということだけだというふうに受けとめているのかもしれません。しかし、平成5年改正のときは、元利償還金の85%だったんじゃないですか、当時の議論としては。

  • 1