3380件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-12-19 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 2019-12-19

2の改廃の背景でございますが、国は、地方公共団体における公営企業の基盤強化及び財政管理体制の強化を図るため、平成26年8月より公営企業会計の適用を推進しております。これを受け、本町におきましても簡易水道事業に公営企業会計を適用させるため関係条例の改廃を行おうとするものでございます。  3の改廃の内容等でございます。  

音更町議会 2019-12-17 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 2019-12-17

プロスパ6の利用拡大と改修計画につきましては、プロスパ6には、音更町商工会をはじめ、帯広信用金庫、福祉事業者、公共では図書館分館、ことばの教室、第一子ども発達支援センターが入居しております。このほか、1階には大ホールと小ホール、2階には会議室がありますが、これらの会議室等は、卓球やダンス、各種会議などで一定の利用があり、平成30年度は、延べ249回、7,869人の利用実績となっております。

音更町議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 2019-12-16

事前防災に関して、防災減災公共事業、今まで公共事業というと矢面に上げられたりいろんなことしているけれども、やっぱり人間が手を加えて生き延びてきたということは、それを維持していくというためにはこの公共事業というのがまさに事前防災を含めて大切なことだということを今まさにおっしゃっていただいたので、我々もこういったことを地道にまた要請、要望の活動に取り入れてまいりますので、常に手を抜かないで、今言ったように

音更町議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第1号) 本文 2019-12-11

音更町公共下水道事業、音更町長、小野信次であります。  4、審査庁につきましては、音更町長、小野信次であります。  5、審査請求の内容につきましては、令和元年10月2日付で行われた下水道使用料に係る督促について、その取り消しを求めるものでございます。  6、却下年月日については、令和元年10月の23日でございます。  7の却下の理由でございます。

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)財政市民委員会−12月09日-記録

また、特典提供店を紹介する地図形式の冊子、創成おさんぽMAPを制作いたしまして公共施設や関係団体などに配付いたしますとともに、施設各所に配架しております。このほか、会員向けの特典を提供いただきました市内ホテルのランチ、ディナーなどの特典を紹介するチラシ、ホテルインフォメーションの作成、配付も行っているところでございます。  

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)厚生委員会−12月09日-記録

我が党の代表質問で、医療介護分野で市営住宅目的使用の活用を進めるべきと求めたところ、社会福祉法人の要請があれば、他の公共団体の事例も参考にし、対応してまいりたいとの答弁がありました。市営住宅が隣接している地域性も生かして、目的使用のモデルケースとしての可能性のある施設です。  

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)総務委員会−12月09日-記録

総務省が作成いたしましたガイドラインでは、地方公共団体における内部統制とは、長が、組織目的の達成、具体的には適正な行政サービスの提供を阻害する事務上の要因をリスクとして識別及び評価いたしまして、対応策を講じることで事務の適正な執行を確保することとされているところでございます。  次の内部統制制度の仕組みの図をごらんください。  

札幌市議会 2019-12-05 令和 元年第 4回定例会−12月05日-03号

次に、公共施設の更新への対応について伺います。  札幌市が保有する公共施設の築年別整備状況を見ますと、人口の増加に伴い、1960年代から学校を中心に公共施設が増加しており、冬季オリンピック開催や政令市へ移行した1970年代には、各種公共施設を急激に整備したことから、築30年以上を経過した施設が全体の約6割を超えてしまっており、計画的な保全等による老朽化対策が必要な状況です。  

札幌市議会 2019-11-28 令和 元年(常任)経済観光委員会−11月28日-記録

先ほど取引の公共性の維持ということで答弁されましたが、生産者や消費者の利益は当然のこと、地元企業である場内事業者の活性化にもつながるように十分配慮した業務規程となることを要望しまして、私の質問を終了いたします。 ○好井七海 委員長  ほかに質疑はございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○好井七海 委員長  なければ、質疑を終了いたします。  以上で、委員会閉会いたします。     

札幌市議会 2019-11-28 令和 元年(常任)総務委員会−11月28日-記録

当該地区におきましても、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図るとともに、オープンスペースや地下通路の整備など公共貢献を誘導することなど、札幌市のまちづくりに資する事業といたしまして、札幌市都市計画審議会での審議を経て、都市計画に位置づけているものでございます。  

札幌市議会 2019-11-15 令和 元年(常任)財政市民委員会−11月15日-記録

3点目は、将来の人口に見合った公共施設の総量規模適正化についてです。将来の人口推計を踏まえ、小・中学校は、良好な教育環境を確保し続けられるよう、老朽校舎の改築と学校統合を促進してまいります。市営住宅につきましては、民間賃貸住宅の活用を促進いたします。また、その他の公共施設は、人口に見合った規模へ適正化を進めてまいります。  

札幌市議会 2019-11-05 令和 元年(常任)建設委員会−11月05日-記録

一番上の公園や雨水貯留池などの既存公共用地の活用では、今年度も、公園学校グラウンド、そのほか河川敷地などの既存の公共用地を雪置き場として活用する予定で、特に公園は、市内の全公園数のうち約半数となる1,400カ所以上が地域に利用されております。  その下の除雪機械についてですが、令和元年度の購入予定台数の表をごらんください。  

札幌市議会 2019-10-28 令和 元年第 3回定例会−10月28日-07号

財政規律の維持について、公共施設の更新や北海道新幹線札幌延伸などの大型事業が見込まれる中、市債残高のさらなる増加が懸念されるが、どのように取り組んでいくのか。北海道胆振東部地震の罹災証明書発行に係る現地調査について、広報活動を強化した結果、申請件数が大幅に伸びたとのことだが、遅滞なく手続を進めるため、どのような体制を敷いて対応しているのか。

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年第二部決算特別委員会−10月25日-09号

実質公債費比率や将来負担比率は健全な水準にありますが、今後、老朽化した公共施設インフラの更新費用、さらに、招致を予定しているオリンピック・パラリンピックに係る将来負担を見据えながら、地方会計を活用した公共施設マネジメントの考え方に立ち、現在策定中のアクションプラン2019では、中長期的な財政状況を見通した中で、既存施設の更新と、将来、市民のために必要な投資バランスに留意しながら、積極的な取り組みを