65件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

旭川市議会 2020-06-17 06月17日-02号

経常収支比率について、通常、地方公共団体では、人件費扶助費公債経費のうち、毎年度経常的に発生し、充当すべき財源が特定されていないものの比率経常収支比率と言い、この数値が高くなると、その地方公共団体弾力性を失いつつあると考えられております。一方、病院事業においては、経常収益経常費用で割ったものが経常収支比率となり、単年度収支を黒字にするためには、100%を超えなければなりません。

札幌市議会 2020-03-30 令和 2年第 1回定例会−03月30日-06号

扶助費公債の増により、義務的経費が前年度比3.0%増の5,850億円と、歳出総額の56.8%を占める中、建設事業費は1,007億円と、2014年度以来、1,000億円以上の規模が継続されております。  一方、市債残高は、2020年度見込みでは1兆1,383億円と、大変厳しい財政状況となっており、今後、過大な負担市民に押しつける結果になるのではないかと危惧をするところです。  

札幌市議会 2020-03-27 令和 2年第一部予算特別委員会−03月27日-06号

扶助費公債の増により、義務的経費が前年度比3.0%増の5,850億円と、歳出総額の56.8%を占める中、建設事業費は1,007億円と1,000億円以上の規模が継続されています。一方、市債残高は、2020年度末で1兆1,383億円と厳しい財政状況であり、今後、過大な負担市民に押しつける結果になるのではないかと危惧をするところです。  

北広島市議会 2018-10-14 12月12日-03号

それに伴って、公債増加が現実化してくるというふうに思われます。今日時点で予想される起債額、そして年次ごと償還シミュレーションについて、どのように推移をしていくのか。私は、財政健全化を維持していく観点から非常に重要だというふうに考えておりますので、この点についてお伺いをしたいと思います。よろしくお願いいたします。 ○副議長野村幸宏) 上野市長

石狩市議会 2017-12-06 12月06日-一般質問-02号

今後の見通しにおいては、地方交付税減少傾向に加え、増加し続ける社会保障費公債要因として、財政硬直化など、決して楽観できる状況に至っておりません。 こうした環境等を踏まえ、持続可能な石狩のまちづくりを推進するため、常に財政収支バランスを保つことを基本として新しい地方自治まちづくりのあり方を模索し、その実現に強い信念を持って市政のかじ取りを行ってまいりたいというふうに考えております。 

旭川市議会 2014-03-04 03月04日-04号

一方の歳出ですが、社会保障費関連で、生活保護費は減るものの、扶助費全体では4億円増の469億円、その他職員費公債を含む経常費は1.2ポイント上昇し、68.9%となっています。当然のことながら、臨時費は486億5千万円で、予算全体に占める割合は31.1%となり、依然、厳しい予算案となっています。 

石狩市議会 2012-03-05 03月05日-一般質問-02号

また、建物の構造は市全体の財政負担を勘案し、木造2階建てとしており、かつ事業複数年に分け、公債平準化を図ったところであります。 なお、この計画につきましては、現在、パブリックコメントを行っているところであり、本年度内に計画策定が完了する見込みとなっております。 その他の問題については、それぞれ所管部長から答弁をさせていただきます。 ○議長髙田静夫) 大塚財政部長

函館市議会 2012-03-02 03月02日-04号

経常収支比率義務的性格経常経費人件費扶助費公債経常一般財源収入地方税地方交付税地方譲与税等、使い道が特定されず自由に使える収入がどの程度使われてるかを見るものであり、比率が高いほど財政構造硬直が起こっているとされており、一概には言えないようですが、目安は80%程度以下とのことであります。

旭川市議会 2010-09-17 09月17日-05号

なお、市税扶助費以外にも人件費公債交付税の算定に影響を及ぼす要素はございますけれども、単純な比較が困難でありますので、その影響額は積算いたしておりません。 いずれにいたしましても、平成21年度決算額では復元した額になっておりませんし、22年度推計額にしても、さまざまな要素を踏まえますと復元したとは言えないのではないかというふうに考えております。 

苫小牧市議会 2010-09-03 09月03日-01号

次の実質公債費比率は、一般会計等負担する公債標準財政規模基本とした額に対する比率でありますが、11.2%となっております。 最後に、将来負担比率は、地方債残高のほか、一般会計等が将来負担するべき実質的な負債総額標準財政規模基本とした額に対する比率で、122.0%となっております。 続きまして、裏面の資金不足比率についてでございます。 

旭川市議会 2009-12-10 12月10日-03号

経常収支比率につきましては、人件費扶助費公債経常的経費市税普通交付税等を中心とする経常的一般財源がどの程度充当されているかをあらわす比率でございまして、個々の決算額が確定しておりませんので具体的な数値ではお示しできませんが、現時点において、市税決算見込みが当初予算より大幅に減収となることや、生活保護費などの扶助費の増なども見込まれているところでございまして、平成20年度の91.6%に対

札幌市議会 2008-11-07 平成20年第 3回定例会−11月07日-06号

中期財政見通しでは、地方交付税削減と、扶助費公債増加を主な要因として、2008年度から2011年度の各年度、198億円から306億円の収支不足が発生する見通しです。市長は、この収支不足解消財源確保目的として、行財政改革プランを2007年度から2010年度までの4年間、取り組むこととしています。

札幌市議会 2008-11-06 平成20年第一部決算特別委員会−11月06日-09号

中期財政見通しでは、地方交付税削減扶助費公債増加を主な要因として、2008年度から2011年度の各年度、198億円から306億円の収支不足が発生する見通しです。市長は、この収支不足解消財源確保目的として、行財政改革プランを2007年度から2010年度までの4年間、取り組むとしています。

北広島市議会 2007-12-27 06月21日-03号

一般会計においては、人件費公債義務的経費削減に向けた取り組みを行ってきたことから減少傾向になってきていることをはじめ、国の公共投資などの削減を受け歳出全体が減少している状況となっております。また生活保護費をはじめ、少子・高齢化に係る扶助費増加をしております。特別会計においては、国民健康保険介護保険に係る保険給付費増加傾向にあります。 

根室市議会 2007-12-19 12月19日-02号

そして、例えば計画を実施する中で、当然借金は返していかなきゃならないわけですから、またその部分で公債もふえていくという格好になります。ここでもうその辺の議論はできませんけども、財政再建計画をできるだけ早く出していただいて、そしてその中でまた新しい議論を深めていかないと、根室市本当に将来にわたって借金ばっかり残るような格好になるんではないかなと非常に実は危惧をしております。