795件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-06-26 令和 元年(常任)文教委員会−06月26日-記録

まず、1の経緯ですが、児童虐待の防止等に関する法律において、児童虐待を受けた児童がその心身に著しく重大な被害を受けた事例について、国、地方公共団体双方の分析等が必要と規定されております。具体的な検証の進め方としては、検証に関する基本的な考え方や検証の進め方等については厚生労働省から通知が出ておりまして、札幌市では、それを踏まえ、今後、検証作業を進めてまいります。  

札幌市議会 2019-06-25 令和 元年第二部議案審査特別委員会−06月25日-02号

◆伴良隆 委員  このたび、児童虐待の話もございましたが、当然、産前産後のケアということは非常に重要でありまして、お母さんだけではなくて、不安を抱えるような家庭はやはりフォローしていかなければいけない、サポートしていかなければいけない、そういう家庭があるのだということが今のお話にありました。これは、健康だけではなく、犯罪予防であれ、交通安全もそうであります。

札幌市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回定例会−06月19日-02号

札幌市は、国の児童虐待防止対策体制総合強化プランを踏まえて、職員体制の強化を適切に進めるべきと強く思いますが、我が会派は、さきの第1回定例会における代表質問において、単に人数をふやすだけでは質が低下する懸念があるため、児童虐待対応に当たる職員の専門性の確保、向上を進めていくことを図る必要があることとあわせ、国が示した児童虐待防止対策体制総合強化プランに基づく体制の強化が急務であることを指摘したところであります

札幌市議会 2019-06-13 令和 元年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−06月13日-記録

もう一つの都市像であります互いに手を携え、心豊かにつながる共生のまちの実現に向けまして、児童虐待の根絶に向けた相談体制の強化を図るとともに、医療的ケアが必要な児童への支援を拡充してまいります。また、保育所定員の拡充や保育人材の確保に取り組みますとともに、子ども医療費助成の対象拡大を進めてまいります。  

札幌市議会 2019-05-29 令和 元年(常任)文教委員会−05月29日-記録

次に、事務分掌でございますが、地域連携課では、児童福祉施設などへの措置費の支弁及び保護者からの負担金徴収、発達に心配のある児童への療育支援事業、一時保護所の運営のほか、関係機関との連携による児童虐待防止対策事業などを担当しております。  その下の相談判定一課及び相談判定二課でございますが、こちらは、児童に関するさまざまな相談を受け、必要に応じて心理判定や医学的診断などの業務を担当しております。  

音更町議会 2019-03-19 平成31年度予算審査特別委員会(第6号) 本文 2019-03-19

定例会で松浦議員の一般質問でも、児童虐待の対応は保育士が対応すると答弁されておりました。保育士は未就学の子供に対しての専門知識基本としておりまして、ソーシャルワークの専門家ではありません。社会福祉士の必要性というものを今ここに来てさらに検討、協議していかなければならないような、音更町の知識としてその程度のレベルなんでしょうか。

音更町議会 2019-03-13 平成31年度予算審査特別委員会(第3号) 本文 2019-03-13

前に私もちょっとかかわっていたケースもあったんですけれども、今、10代の妊娠出産に対するサポート体制がどういうふうになっているのかということと、あとは、児童虐待の関係で、この中で具体的な児童権利擁護の関係に対する政策が出てきておりません。さっきから見ているんですが、どうも出てこないんです。

音更町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 2019-03-07

防止対策については、児童虐待が疑われる子供の早期発見が大切なことから、母子保健サービスの中で子供家族の様子を確認しております。  また、虐待に関する相談や通告については、子ども福祉課が帯広児童相談所との連携のもとに対応しており、必要に応じて要保護児童対策地域議会のケース会議を開催し、関係機関情報共有しながら個々のケースに対処しております。  

札幌市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会−03月06日-06号

続いて、児童虐待防止の緊急総合対策への対応と連携強化についてです。  関係機関との連携を実質的に確保することと、専門職員の増員が必須であり、児童相談所の複数設置などの抜本的な体制強化を要望します。  続いて、幼児教育保育の無償化については、10月の開始に向け、システム改修なども含め、しっかりと準備を行うことを要望します。

音更町議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 2019-03-06

通告に基づき、児童虐待防止について質問いたします。  全国的に児童虐待に関する相談などの数が増加する中、平成30年3月に東京都目黒区の5歳の女児、31年1月には千葉県の小学4年生の女子児童が虐待によって命を失いました。  平成29年度中に全国210カ所の児童相談所が児童虐待相談として対応した件数は13万3,778件で、過去最多。

札幌市議会 2019-03-05 平成31年第一部予算特別委員会−03月05日-06号

また、児童虐待防止の緊急総合対策への対応と連携強化については、近年増加している児童虐待への対応のためには、関係機関との連携を実質的に確保することと専門職員の増員が必要であります。増員とともに、児童相談所の複数設置など抜本的な体制強化を要望いたします。  また、幼児教育保育の無償化については、対象となる施設サービス、手続方法など十分な説明が必要であります。

札幌市議会 2019-02-20 平成31年第 1回定例会−02月20日-04号

2017年度に、全国210カ所の児童相談所での児童虐待の相談件数は13万3,778件と、9年前の約3倍になっています。千葉県野田市で、小学4年生の女の子が保護者からの虐待によって亡くなったことに多くの方が心を痛めていますが、残念なことに、こうした事件が頻発しており、国連子どもの権利委員会は、子どもの権利条約に基づき、日本政府に勧告を繰り返しています。

札幌市議会 2018-12-11 平成30年(常任)厚生委員会−12月11日-記録

委員からご指摘がありましたとおり、妊産婦のメンタルヘルス対策は、児童虐待防止の観点からも極めて重要なものと認識しており、これまでも、母子健康手帳の交付時に区保健センターの保健師が全ての妊婦と面談する妊婦支援相談事業や、出産後4カ月までに保健師、助産師が家庭に訪問する乳児家庭全戸訪問事業等におきまして、妊産婦の精神状態の把握を行っております。