1583件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回定例会−06月20日-03号

運転免許が不要になった方や運転に不安を感じるようになった高齢者が、自主的に免許証を返納することができる制度があります。政令市では堺市、道内では旭川市や北広島市など、他の自治体には、高齢ドライバーが免許証を返納した際にタクシーチケットなどを交付することで、その後押しをして効果を期待している地域もあります。  

札幌市議会 2019-06-04 令和 元年(常任)厚生委員会−06月04日-記録

平成31年2月21日の厚生委員会で、我が党が、自動車免許などを返納した後に高齢者地域で安心して暮らせるための外出支援が求められているので、敬老パスの充実やタクシー、JRへの利用拡大を図るべきと考えますがいかがかと伺った際に、高齢保健福祉部長は、敬老優待乗車証というのは、生活や身体の状況という個々の事情にかかわらず、全ての70歳以上の方を対象に外出を支援する制度となっておりますとお答えになっています

音更町議会 2019-03-19 平成31年度予算審査特別委員会(第6号) 本文 2019-03-19

63 ◯保健福祉部長(重松紀行君)  私のほうでございますけれども、保健福祉部関係では2点御質問でございますけれども、社会福祉士の状況についてでございますけれども、今職員の中で社会福祉士免許を持っている、資格を持っている職員については5人おります。その中で包括支援センターに1名、そして保健センターに2名ということで配置しております。  

音更町議会 2019-03-12 平成31年度予算審査特別委員会(第2号) 本文 2019-03-12

ただ、いろんな免許の問題だとか、それから、さっき申し上げた電波伝搬調査というのを今やるんですけれども、電波の届きぐあいだとかそういったことになってくると、基地局のほかに中継局を複数建てなければいけないとか、いろんな物理的な問題だとか制度的な問題、町が免許も取得していく上での制度的な問題とかさまざまな課題があったものですから、そこについては、一定程度検討はしたんですけれども断念をしたということの中で、

札幌市議会 2019-03-04 平成31年第一部予算特別委員会−03月04日-05号

こうした状況を解消するため、教員養成大学に対し、教員免許所有者の推薦を依頼したほか、採用検査受検者や教員経験者への声かけ、現役の教職員を通じた声かけなど、可能な限り代替教員の確保に努めているところでございます。  しかしながら、病気休職や育児休業等を取得する教員の増などにより、5月以降も代替の期限つき教員が十分確保できない状況が続き、現在においても欠員は解消できておりません。

札幌市議会 2019-03-04 平成31年第二部予算特別委員会−03月04日-05号

調達方法について利率9%以内とありますが、この関係について、二つ目は医師の確保について、三つ目は、二つ目の医師の確保の中で、市立札幌病院においては医師免許を取ってから現在まで平均で何年ぐらいの方がおられるのか、経験年数を含めてお尋ねしたい。それから、公立病院の経営についてです。

札幌市議会 2019-02-21 平成31年(常任)厚生委員会−02月21日-記録

市内における高齢者免許返納の状況はどのようになっているのか、伺います。 ◎川上 市民文化交通安全担当課長  市内における高齢者免許返納の状況についてですが、北海道警察によりますと、平成29年中の札幌市に居住する高齢者の自主返納数は約5,400件で、道内における返納数約1万4,000件の約4割となっております。

札幌市議会 2019-02-20 平成31年第 1回定例会−02月20日-04号

まず、議案第64号 札幌市児童福祉法施行条例の一部を改正する条例案は、児童福祉施設設備及び運営に関する基準を定める省令の一部改正に伴い、児童指導員の資格要件に幼稚園教諭免許状を有する者を追加する等のものであります。  次に、議案第65号は、平成30年度札幌市一般会計補正予算であります。  これは、不足を生じる見込みとなりました除雪費25億円を追加するものであります。  

札幌市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号

しかも、高齢者の運転免許証の早期返納、自動車を所有しない若者とカーシェアリングの急増など、今後、自動車の保有台数は確実に減少が見込まれ、自動車をめぐる状況は、過去に例がないほど急激に変化しています。  本市は、渋滞の解消、防災医療観光に役立ち、石狩湾新港、丘珠空港との連携強化など、アクセス道路の必要性を強調してきました。

根室市議会 2018-12-12 平成30年 12月定例月議会-12月12日−02号

昨日の久保田議員の一般質問にお答えをしたとおり、国は水産資源の減少等により、生産量や漁業者数は長期的に減少傾向にあり、適切な資源管理と水産業の成長産業化を両立させるため、資源管理措置や漁業許可免許制度等の漁業生産に関する基本制度を一体的に見直すとして、漁業法の法改正を今臨時国会に提出し、可決成立となったところであり、運用については、今後漁業者や漁協も充分に協議を行い、政省令に定められるものと認識

倶知安町議会 2018-12-12 倶知安町議会 会議録 平成30年 第4回 定例会(12月)-12月12日−05号

また、小学校中学校学習指導要領準用することとしているため、小学校中学校と同様の内容、同様の水準の教育を施す学校となり、教員については原則として小学校教員免許状及び中学校教員免許状を有するものでなければならないといったこともうたわれているところです。  

根室市議会 2018-12-11 平成30年 12月定例月議会-12月11日−01号

しかしながら、この改正で、漁協を通さず直接企業に知事許可免許を付与する方式に変えました。更には海区の漁業調査役の任命権を知事の任命権に変えることから、漁協などから推薦される委員は閉め出されることも懸念をされております。漁業者の民主的な雇用、繁栄できる場所を失うことにつながることなども懸念をされているものであります。  

札幌市議会 2018-12-11 平成30年(常任)総務委員会−12月11日-記録

そもそも、今、自動車の保有台数というのは高齢者免許返納や車離れなどで減少傾向にあります。また、企業においても、カーシェアリングなどで社用車を減らしております。その中で、例えば、今回、公共交通の利用促進策の中にマイカー通勤規制で緩和率5%と設けておりますが、もう既にやっている企業が多数だというふうに思いますので、本当に効果があるのかどうかもあわせて検討していくべきだと思います。  

帯広市議会 2018-12-03 平成30年第5回12月定例会-12月03日−01号

3点目として、除雪業務に従事するオペレーターの不足や高齢化の問題が深刻化しているため、大型特殊免許取得費用の補助請負業者が通年雇用できる委託方法など、人材の確保・育成に向けた対策を検討すべきであります。また、公共事業の減少などにより機材や人員の確保が困難となり、市の除雪業務を請け負いできない業者も見受けられるため、委託除雪共同企業体の維持に向けて検討すべきであります。  

帯広市議会 2018-11-20 平成30年 建設文教委員会-11月20日−07号

違いといたしましては、義務教育学校については、1つの学校で1人の校長のもと、1つの教職員組織が置かれるといった点、それから教員免許状につきましては、小学校中学校両方の免許状を併有することが原則としつつも、当面の間は免許状のどちらかを保有していれば、教育を行うことが可能となってございます。  

根室市議会 2018-11-01 平成30年10月 一般会計決算審査特別委員会-11月01日−03号

まず、狩猟免許の関係で決算の措置をされておりますけれども、何人の方々がこの狩猟免許に対して該当しているか教えていただければと思います。 ○委員長(小沼ゆみ君)  農林課長。 ◎農林課長(浦崎文敏君)  狩猟免許に関しましては4名の方が取得しております。 ○委員長(小沼ゆみ君)  滑川委員。