395件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年(常任)総務委員会−10月25日-記録

こちらに見直し項目の一覧が示されており、行政サービスの効率化の推進、サービス水準の在り方の検討、公共施設マネジメントの推進、受益者負担の適正化、企業会計繰出金の見直し、収納率の向上、債権管理、社会情勢の変化に即した負担の在り方の検討、公的財産戦略的な活用と具体的な項目が挙げられております。

音更町議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 2019-09-10

起債の方法は証書借り入れで、利率は年4%以内とし、償還の方法は債権者との協定による。ただし、町財政の都合により据え置き期間及び償還期限を短縮し、もしくは繰り上げ償還し、または低利に借り換えることができるとするものであります。  以上を申し上げまして議案第1号令和元年度音更町一般会計補正予算(第3号)の説明とさせていただきます。  

音更町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-17

また、債権管理法上の債権債務の関係といたしましても、当時この条例を制定した際に、5千円という金額で全てのパークゴルフ場を使用することができるという条例を制定されたやにお伺いしてございますが、ここでまず1点目、御質問させていただきたいと思うんですけれども、この5千円の当時条例を制定された際の積算根拠についてお伺いしたいと思います。

音更町議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 2019-03-06

それから、前回の教育長の答弁で、債権を回収させたいだけの公会計化は避けたいというようなことも答弁をいただきまして、私も改めてその点については同様に考えております。結果として、この公会計化に踏み切ったとしましても、保護者の負担、そして教員の負担というのを軽減するということが非常に重視すべき点なのだろうというふうに思いますので、一本化含めて引き続き積極的に検討していただきたいというふうに思います。  

札幌市議会 2018-10-10 平成30年第一部決算特別委員会−10月10日-02号

この会議体において、コスト比較や施設更新の優先順位といった公共施設マネジメントへの活用の可能性に加え、債権回収リスクに応じた債権管理の効果的な運用を検討しているとのことで、今後の成果に注目しているところです。  最後に、我が札幌市地方会計の取り組みにおくれることなく先進的な活用を行い、そのための適切な準備をすることを強く求めて、質問を終わります。

音更町議会 2018-10-01 平成29年度決算審査特別委員会(第6号) 本文 2018-10-01

なお、これら未収金につきましては、債権の不納欠損に備えるため、その回収不能見込額を貸倒引当金として計上した26万1千円を控除した額となってございます。  流動資産合計につきましては、2)太字部分の9億5,302万5,095円となりまして、資産の合計につきましては、1)と2)の合計で87億7,252万7,034円となったところでございます。  続きまして、負債の部でございます。  

音更町議会 2018-09-27 平成29年度決算審査特別委員会(第5号) 本文 2018-09-27

もちろん担当は、今、部長からも申し上げましたように、いろいろな納税相談もやりながら、あるいは滞納処分もやりながら、債権の回収に努力しているわけですけれども、滞納分については、回収して徴収率を上げていくということはなかなか容易ではないというのが実態としてもあります。

音更町議会 2018-09-18 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-18

具体的には、高齢世帯、ひとり親世帯、障がい者世帯と、あと低所得世帯というんですか、基準を設けましてというのは設けておりますが、ただ、これ議員さん御承知かと思いますが、水道料金については一般的に電気料金やガス料金と同じ私法上の債権でございまして、こういったものとしたときに、私の知る範囲では、なかなかガス、電気はそういうのないのかなというふうに考えてございます。  

音更町議会 2018-06-18 平成30年第2回定例会(第4号) 本文 2018-06-18

ただ、その後不履行、例えば相談を守らない、約束を守らない、そういったことを繰り返していった中で、処分すべき債権等があれば収納課のほうで滞納処分というふうにはつながっていくとは思いますけれども、相談、繰り返しになりますけれども、応じていただいたということ、それをもちまして我々は、国保税に真摯に取り組んでいただいていると。納付に対して考えていただいているというふうに我々は理解しております。  

札幌市議会 2018-05-29 平成30年(常任)財政市民委員会−05月29日-記録

まず、1 事案の概要の債権の内容についてですが、債務者であります借り受け人Aと札幌市が、札幌市アイヌ住宅新築資金等貸付要綱により、住宅改修資金として平成10年3月に交わしました貸し付け契約に基づく元金、利息及び違約金であり、札幌市債権管理条例における非強制徴収債権に当たります。  

札幌市議会 2018-03-16 平成30年第一部予算特別委員会−03月16日-06号

早速でありますが、アイヌ住宅建築費等貸し付けにかかわる債権管理について、3点質問いたします。  まず、1点目は、アイヌ住宅建築費等貸付金において、現在も催告を行っているなど回収困難案件の金額の内訳、2点目は、回収不能と判断し、これまでに債権放棄した案件の状況、3点目は、アイヌ住宅建築費等貸付金の債権管理における今後の適切な対応、以上3点についてあわせて伺います。

音更町議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会(第3号) 本文 2018-03-06

そういった意味で、相続財産管理人、相続放棄をした物件なんかに関しましては、債権者ですか、その財産を、お持ちの物件を処分するなり何なりをした上で、最終的には相続財産管理人がその財産を処分して、例えばそこの固定資産税ですとかいろいろな債務があった場合にはそれを精算していただくというようなこと、そして最終的には国庫に帰属というようなことになりますので、町がそれを全て引き受けるということではございません。

札幌市議会 2018-03-02 平成30年(常任)財政市民委員会−03月02日-記録

最後に、アイヌ住宅建築費等貸付金に係る債権放棄予定案件についてを議題とし、資料に基づき、理事者から説明を受けます。 ◎高野 市民文化局長  このたびの報告案件についてでございますが、これは、札幌市債権管理条例に基づいて債権放棄を予定しているアイヌ住宅建築費等貸付金について、当該債権が高額でありますことから、事前にご報告するものでございます。