24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

倶知安町議会 2019-06-17 06月17日-02号

今後におきましても10月の大臣会合開催に向け、倶知安高校生デザインによるポスター作成やじゃが祭り、ひらふ祭りなど、町内で行われるイベントでの積極的なPRを行い、町民の皆様へ開催機運を高めていく取り組みを行っているほか、ウエルカムボード作成G2給食倶知安農業高校による地元食材を使った食品提供など、子どもたちの記憶に残るような取り組みを行ってまいります。 

倶知安町議会 2019-06-10 06月10日-01号

会合参加者宿泊先から会場へ向かう際、車中から倶知安農業高校入口前のG2歓迎看板や花壇が紹介され、記念撮影時には参加者の足元に、倶知安農業高校生徒が作成したプランターの花が置かれました。また、倶知安高校生徒会合の様子を見学いたしました。休憩時には地元のお菓子を提供し、会合終了後には町民会議から参加者に対して記念品の地酒を渡すなど、倶知安町のPRを行いました。 

倶知安町議会 2019-03-14 03月14日-03号

推進町民会議の会員ということで、いろいろ有識者といいますか商工会議所観光協会、ニセコプロモーションボード、ひらふエリアマネジメント青年会議所など連ねる中に倶知安高校校長先生名前であるとか倶知安農業高校校長先生であるとか、教育委員会教育長さんの名前であるとか、そういうふうにして、私は充て職かなと思って考えていたのですけれども、どうやらそういうことではないような答弁をいただきましてけれども、

倶知安町議会 2018-06-18 06月18日-02号

議員がおっしゃるとおり、本町には倶知安高校倶知安農業高校の2校があり、平成30年度入学者数倶知安高校定員160人に対して138人、倶知安農業高校定員40人に対して34人と定員割れが続いている状況です。 また、倶知安中学校から町内高校への進学率は、平成26年度から平成30年度の5年間の平均で62.6%となっています。

倶知安町議会 2018-03-14 03月14日-02号

1点目の御質問の、英語以外での連携事業につきましては、倶知安小学校では3年生の総合的な学習でのジャガイモに関する学習を初め、北陽小学校では4年生のジャガイモの栽培や、5年生の米づくりの際に、倶知安農業高校に御協力をいただいているほか、東小学校では地域教育研究会として実施している地域との交流事業の際に、農業高校にはジャガイモ料理講師として、倶知安高校には理科の実験の講師として教員を派遣していただいております

倶知安町議会 2017-09-13 09月13日-04号

奨学金制度につきましては、より多くの方々に活用していただけるよう、今までは年1回、4月号の広報での周知となっておりましたが、昨年からは、3月号から5月号の連続3回に掲載回数をふやしたほか、ホームページでの周知高校生進路検討時期に合わせ、倶知安高校倶知安農業高校奨学生募集案内チラシを配布するなど、利用促進のための工夫を図ってまいりました。 

倶知安町議会 2017-06-20 06月20日-03号

それと、跨線橋の関係では、先ほど二、三年とめながら解体してというような格好なのですけれども、奥には倶知安農業高校がありますので、そこの学校に行くのに、南3条通を通らないで、旭ケ丘をぐるっと回っていくのかというような、さまざまな問題も発生しますので、生徒たち学習にも影響するかなと思いますので、その辺もきちんと手当をしていただきたいのですけれども、その辺も含めながら、これから計画をつくっていただきたいのですけれども

倶知安町議会 2017-03-13 03月13日-02号

現実的に、また今、ここは町立小学校中学校がありまして、次にあるのが道立高校町内としましては倶知安高校倶知安農業高校と二つございます。どうしても町立道立というのがなかなかある一つのハードルがいろいろあるようで、連携は非常に日々の学習の中でいろいろな形で各学校協力しながら小中高連携をされていることは、これはもう私も存じておりますし、感謝しているところでございます。 

倶知安町議会 2016-12-13 12月13日-03号

そのためにも、倶知安農業高校農業改良普及センターなどの持つノウハウを活用させていただき、実需者の求める野菜生産推進にチャレンジしていきたいと考えております。 以上、答弁とさせていただきます。 ○議長(鈴木保昭君) 木村聖子君。 ◆6番(木村聖子君) 調査結果に関しましては、年明けということですので、まだ出てこないかなとは思ったのですが、現状どうなっているかをお伺いしてみました。 

倶知安町議会 2016-06-13 06月13日-02号

倶知安農業高校では和牛肥育を行い、地域連携された取り組みに力を入れている。今回、期間限定ではあるが倶知安産が出荷され、具体的な話に進展する中で詳細な話がなく中断されているということで、私が一応和牛倶知安で2軒のうち、どうしても飼っているものですからたまたま当事者という形で話を農林課長から、この3月振られたものです。 

倶知安町議会 2015-06-09 06月09日-03号

本町には倶知安農業高校ということで、農業を専門にしている高校がありますけれども、倶知安農業高校の卒業生の就農率についても御説明願えればと思います。また、JAようてい農業協同組合なんですけれども、そちらにおける新規就農者の受け入れ、あるいはその育成事業など担い手対策現状についてもお示し願えればと思います。 

倶知安町議会 2015-03-09 03月09日-01号

なお、周知の方法としても、広報、それから、町内であれば倶知安高校、それから倶知安農業高校に、直接学校のほうに周知しておりますし、あと、当然、広報を見ていただいた御家庭については、申請していただき、各管内、それから道内の各学校からも問い合わせがありまして、申請のほうをいただいているところでございます。つきましては、影響のほうは出ていないと考えております。 以上です。

倶知安町議会 2014-09-12 09月12日-04号

また、その他の4名について、地元倶知安農業高校に進学し、自宅より通学しております。したがいまして、本町におきましては、中学校卒業後についても障がいの種別や程度によっては難しい部分もあるかとは思いますが、倶知安農業高校のように特別支援学級を卒業した生徒地元高校に通学することは可能なことであると認識していることでございます。 

倶知安町議会 2012-06-18 06月18日-02号

それから倶知安農業高校では、農畜産物加工品トマトジュースであるとか、みそだとかの販売など、地元農畜産物を使った地域ブランド商品をつくり上げて、商品販売サービス提供を行っている事例があります。 また、地産地消については学校給食における地元食材利用のほかに、倶知安アンテナショップ雪だるまマルシェでは、倶知安町内の農家さん20軒ほどの農産物が直売されております。

  • 1
  • 2