1466件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倶知安町議会 2020-12-14 12月14日-02号

また、リフォームに対する補助等につきましては、介護保険法による介護認定に該当する方に対しては、手すり設置や段差の解消など、生活環境を整えるための住宅改修に対しての補助を行っております。 また、介護認定には至っていなくても、65歳以上の高齢者身体障害者手帳交付を受けている町民に対しまして、手すり設置高齢者対応の浴室への変更などの居宅のバリアフリー化に対する補助も行っております。

厚真町議会 2020-12-10 12月10日-01号

もちろんそれは、65歳以上の第1号保険者の人数と、それから、先ほど申し上げましたサービスを受けられる方々のバランスの問題でございますので、厚真町としては、最初は元気な方々が多くて介護認定率が低いと、そして実際に利用率も低い。ですから安い金額で保険料が設定できた。それが様々な時代背景、あるいは平均寿命が延びるにしたがって、当然利用される方々抵抗感もなくなり、様々な利用率が上がる。

函館市議会 2020-12-09 12月09日-03号

半数程度というのは479人のうち257人が利用しているということだそうですけども、今、今年8月の市内の要支援・要介護認定者数は1万9,507人います。このうち実際に利用できている人は257人、すごい少ないと、利用できない状況にあるんではないかなというふうに思います。 

千歳市議会 2020-12-09 12月09日-04号

そんな中で、例えば老人クラブとか、いろんな活動が制限されているというのが実態でございまして、それらを自粛したことが今後どのようなことに影響してくるのか、そこは、今言われたように、将来的に、介護認定の数とか、ほかのサービスの数などを確認していく必要があるのかなというふうに考えています。 

北斗市議会 2020-12-08 12月08日-議案説明・質疑・委員会付託・一般質問-01号

三つ目は、「生活管理指導員派遣事業」で、要介護認定が非該当の方で独り暮らしの高齢者等のうち、体力低下判断能力低下基本的生活習慣欠如等日常生活に支障がある方にヘルパーを派遣しております。 四つ目は、「高齢者食生活改善事業」で、食を通した健康づくりボランティア事業として、食の健康づくりに関する講習会及び研修会を行っております。 

倶知安町議会 2020-12-07 12月07日-01号

4目介護認定調査費補正額11万9,000円、補正後の額2,440万7,000円。 細目2、受託認定調査費といたしまして、8節旅費におきまして、費用弁償11万9,000円の計上でございます。会計年度任用職員通勤手当に係ります予算計上となってございます。 細目3、町認定調査費といたしまして、8節旅費におきまして、普通旅費6万円の減、12節委託料におきまして、認定調査委託料6万円の計上でございます。

千歳市議会 2020-12-07 12月07日-02号

千歳市内のケアラーの調査については、昨年の3月に宮原議員が一般質問された際の御答弁の中に、市内に在住する65歳以上の、要支援1、2を受けている高齢者及び介護認定を受けていない高齢者3,000人と、要支援、要介護認定を受けている高齢者960人を対象とした調査によると、主に誰からの介護、介助を受けているかという質問に対し、配偶者介護、介助しているという回答が29.5%と最も多く、次いで、娘が24.7

恵庭市議会 2020-12-03 12月03日-03号

初めに、介護予防事業内容についてでありますが、現在、本市で実施しております介護予防事業としましては、介護予防把握事業として、70歳健康チェック訪問のほかに、75歳になる、要支援・要介護認定を受けていない人を対象相談先などの情報提供、また77歳になり、これまで、医療機関健康診査受診者対象とした健康状態不明者への訪問支援等による高齢者健康状態把握に努めております。

北広島市議会 2020-10-23 12月10日-04号

次に、コロナ禍における相談介護認定申請状況について伺います。 今年の第2回定例会において、新型コロナウイルス感染拡大による高齢者体力の落ち込みや生活自立度低下などの影響や対策について質問しましたが、この間の高齢者支援センターなどへの相談や新たな問合せはどのようであったでしょうか。また、介護認定申請数対応状況についても伺います。 

音更町議会 2020-09-25 令和元年度決算審査特別委員会(第5号) 本文 2020-09-25

2項介護認定費、1目介護認定審査会費は、事務補助日額臨時職の賃金のほか、介護認定審査会費は北十勝4町で共同設置している審査会運営費で、96回開催し、4町全体では3,341件、うち本町分は2,440件です。  2目認定調査費は、介護認定調査に係る主治医意見書作成料2,426件分とその他事務費です。  182、183ページになります。  

音更町議会 2020-09-23 令和元年度決算審査特別委員会(第3号) 本文 2020-09-23

まず、高齢者の方ということで、要支援認定または要介護認定を受けている方、それから障がい者の方ということで、障害者手帳交付を受け、かつ障がいの程度が1級または2級の方、それから精神保健及び精神障害者福祉に関する法律で障がいの程度が1級の方、申し訳ございません、精神障害保健福祉手帳交付を受け、かつ障がいの程度が1級の方、それから療育手帳交付を受け、かつ障がいの程度重度の方、それから重度訪問介護

厚真町議会 2020-09-18 09月18日-02号

先ほど、少しご説明申し上げましたとおり、この事業対象者を要介護者等ではなく、ある程度自立してタブレットの操作等ができる事業対象者、これは要介護状態が要支援1から要介護5まで7段階ございまして、これらの方は、何かしら支援、もしくは介護がないと自立が難しいのでありますが、いきいきサポート等利用者は、将来要介護認定になる可能性はあったとしても、今現在自立している、そういったことで、町が認定している、これは