2333件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

帯広市議会 2019-02-13 平成31年 厚生委員会-02月13日−02号

02月13日−02号 平成31年 厚生委員会 〇付議事件  1 環境保全及び清掃に関する調査について(所管事務調査)   ・帯広市環境モデル都市行動計画(2019年度〜2023年度)(案)について(理事者報告)   ・十勝圏複合事務組合における新中間処理施設の整備検討状況の報告について(理事者報告)   ・帯広市災害廃棄物処理計画(案)について(理事者報告)  2 高齢者・障害者福祉及び介護保険制度

帯広市議会 2019-01-21 平成31年 厚生委員会-01月21日−01号

DiscussNetPremium 平成31年 厚生委員会 − 01月21日−01号 平成31年 厚生委員会 − 01月21日−01号 平成31年 厚生委員会 〇付議事件  1 環境保全及び清掃に関する調査について(所管事務調査)  2 高齢者・障害者福祉及び介護保険制度に関する調査について(所管事務調査)  3 疾病の予防と対策に関する調査について

音更町議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-18

2番、変更の背景は、介護保険制度における審査判定業務を行うため、平成11年度に音更町、士幌町、上士幌町及び鹿追町の4町で構成する北十勝介護認定審査会(以下「審査会」という。)を共同設置しております。この審査会は4町から選出した保健、医療及び福祉に関し学識経験を有する36人の委員で構成されており、委員は審査会に設置される四つの判定委員会のいずれかに所属して2次判定業務を行っております。

音更町議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 2018-12-12

これは、従来の介護保険制度や障がい福祉制度といった枠組みを超えた地域共生社会の実現を目指すことで地域包括ケアシステムの構築を支援しようとするものです。  この共生型サービスは平成5年に始まった富山型デイサービスが原点となっており、29年3月末現在、富山県内で126カ所、全国で1,500カ所が開設されております。

根室市議会 2018-12-12 平成30年 12月定例月議会-12月12日−02号

当時は介護保険制度もなく、行政の支援が必要不可欠でした。そして、事業者や周りの要望によって、平成9年度から民間デイサービス施設に対し補助金が交付されることとなり、障がいの種別や年齢を超えて一つの事業所でサービスを提供するという方式、縦割り行政の壁を打ち破った日本で初めての柔軟な補助制度の出し方とあわせて、富山方式、富山型と呼ばれるようになりました。

根室市議会 2018-12-11 平成30年 12月定例月議会-12月11日−01号

しかし、介護保険制度の創立以来、その必要性を具体化するまでに至らない状況が続いております。具体的に言えば、よほどこの制度にマッチした事例でも発生しない限り受け皿がないのでやらなくても仕方ないという状況が継続していると言えます。  しかし、これでは本来的に必要とされる人に必要な制度が届いていない状況が続いていると言えるのではないでしょうか。

恵庭市議会 2018-12-06 平成30年  第4回 定例会-12月06日−一般質問−03号

次に、事業系ごみの軽減措置についてでありますが、介護事業者から発生する廃棄物のうち、排出抑制の努力をしても減量することが困難な紙おむつに関しては、今回の料金改定により事業者負担への影響は大きいと思われますが、介護事業の中で発生する減量困難物については、事業者と利用者との契約行為に基づき介護保険制度における事業活動の一環として排出されるものであり、本来介護保険制度の枠組みで解決されるべきものと考えております

帯広市議会 2018-11-16 平成30年 厚生委員会-11月16日−08号

年 厚生委員会 - 11月16日-08号 平成30年 厚生委員会 - 11月16日-08号 平成30年 厚生委員会 〇付議事件  1 環境保全及び清掃に関する調査について(所管事務調査)   ・第三期帯広市環境モデル都市行動計画(素案)について(理事者報告)   ・帯広市災害廃棄物処理計画(原案)について(理事者報告)  2 高齢者・障害者福祉及び介護保険制度

根室市議会 2018-11-05 平成30年 10月定例月議会-11月05日−資料

号林業・木材産業の成長産業化に向けた施策の充実・強化を求める意見書議 員〃原案可決全会一致意見書案第20号地方自治体の海岸保全事業への国の財政支援を求める意見書〃〃〃〃意見書案第21号市町村管理河川維持改修費への国庫補助を求める意見書〃〃〃〃意見書案第22号難病医療費助成制度の改善を求める意見書〃〃〃〃意見書案第23号日米地位協定の抜本改定を求める意見書〃〃〃賛創市共久 壷 否大遠意見書案第24号介護保険制度

根室市議会 2018-11-05 平成30年 10月定例月議会-11月05日−05号

意見書案第23号日米地位協定の抜本改定を求める意見書、意見書案第24号介護保険制度の抜本的改革を求める意見書。  以上でございます。よろしく御審議をお願いいたします。 ○議長(本田俊治君)  本案について質疑を行います。  御発言ありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(本田俊治君)  別に御発言もなければ、これより採決を行います。  

根室市議会 2018-11-01 平成30年10月 各事業・特別会計決算審査特別委員会-11月01日−03号

これも何回もここの中で質疑をしている部分ですので繰り返しになってしまいますけれども、結局この介護保険制度そのものが、これから高齢者がふえていくということで、一方でそれに対応して施設のサービスを充実させていけば、それはだんだんと、今度は介護保険料に跳ね上がっていくというような状況になってしまいます。  

札幌市議会 2018-10-31 平成30年第 3回定例会−10月31日-06号

決算認定の件 追加日程 意見書案第6号 市町村の管理河川の治水事業に対する財政上の措置を求める意見書  意見書案第7号 水道事業の戦略的な老朽化対策等の推進と運営基盤の強化を求める意見書  意見書案第8号 日米地位協定の改定を求める意見書  意見書案第9号 オスプレイの訓練地域拡大及び国内飛行に関する意見書  意見書案第10号 核兵器禁止条約の日本政府の署名と批准を求める意見書  意見書案第11号 介護保険制度

札幌市議会 2018-10-29 平成30年第二部決算特別委員会−10月29日-09号

介護保険制度が始まって以降、見直しの都度、改悪されてきました。さらなる給付抑制と負担増は、市民を必要な介護サービスから一層遠ざけることとなり、保険あって介護なしという事態を拡大させます。そのためのシステム改修は行うべきではありませんでした。  議案第4号に反対する理由は、路面電車の運賃改定を行い、大人の普通運賃を現行170円から200円に値上げし、市民の負担がふえたからです。  

根室市議会 2018-10-24 平成30年 10月定例月議会-10月24日−03号

補正の主な内容につきましては、平成29年度の介護給付費等の確定に伴い、超過交付額の国、道及び支払基金に対する返還金並びに介護保険制度改正に伴うシステム改修費として追加補正するものであります。  なお、補正の詳細につきましては、別冊の事項別明細書に記載のとおりでございますので、説明は省略させていただきます。  以上で説明を終わります。よろしく御審議願います。

根室市議会 2018-10-23 平成30年 10月定例月議会-10月23日−02号

これらの抑制策の背景には、高齢化の進行による受給者の増加や疾病構造の変化、少子化の進行による支え手の減少、医療の高度化、高額化といった社会構造の変化に対応し、財政と医療、介護保険制度の持続可能性を確保するためとされており、保険者である市町村や被保険者に対する新たな経済的負担に直結するものと考えております。  

旭川市議会 2018-10-10 平成30年 第3回定例会-10月10日−07号

について 日程第17 意見書案第1号 2019年度予算編成における教育予算の確保・拡充と就学保障の充実を求める意見書について 日程第18 意見書案第2号 全ての子どもに豊かな学びを保障する高校教育を求める意見書について 日程第19 意見書案第3号 キャッシュレス社会の実現を求める意見書について 日程第20 意見書案第4号 水道施設の戦略的な老朽化対策等を求める意見書について 日程第21 意見書案第5号 介護保険制度

旭川市議会 2018-10-10 平成30年 第3回定例会-10月10日−資料

年度予算編成における教育予算の確保・拡充と就学保障の充実を求める意見書について山城えり子外14名〃原案可決38意見書案第2号全ての子どもに豊かな学びを保障する高校教育を求める意見書について山城えり子外14名〃〃39意見書案第3号キャッシュレス社会の実現を求める意見書について中野ひろゆき外4名〃〃40意見書案第4号水道施設の戦略的な老朽化対策等を求める意見書について中野ひろゆき外4名〃〃41意見書案第5号介護保険制度

札幌市議会 2018-10-01 平成30年第 3回定例会−10月01日-02号

また、ハラスメント被害により、およそ被害者の9割が精神的ダメージを受け、精神疾患になった介護従事者がいることも明らかになっており、このままでは、介護保険制度は働く側から崩壊し、介護人材の不足により、介護難民や、家族の介護のために介護離職せざるを得ない人が多発するおそれがあります。